something-jpのブログ

something-jpのブログ

処女のセフレ

2021-01-11 10:28:01 | 出会い
おすすめサイトBEST5
僕にはブスゴンと言う女友達がいた。小中高と同じで、ほぼクラスも一緒だったのだから顔見知り以上の存在だった。
それにしてもブスゴンとは女の子にとっては虐めに近いような呼び名だと思われるだろう。実は、ただ単に彼女の苗字が「毒島(ぶすじま)」と言うだけなのだ。子供にとってはインパクトのある苗字であり、それ故にクソガキどもにからかわれてブスゴンと呼ばれるようになった経緯がある。
ちなみにブスゴンはブスではなくて可愛い部類に入る女の子だった。しかし、子供の頃は可愛い子の気を引きたくてその気持ちの裏返しで虐めたりもするものだ。
なお、当然ではあるが、ブスゴンも子供の頃はそう呼ばれることを嫌がっていた。しかし、中学高校と進むにつれて周りの人間も入れ替わっていって誰もブスゴンとは呼ばなくなった・・・僕を除いては。
そんなブスゴンだが、高校生にもなるとすっかり大人びてブスゴンどころかベッピンゴンと化していた。そんな彼女に子供の頃からの誼で「おいブスゴン」と呼べるのは僕だけだった。それが何か僕だけに与えられた特権のように思っていたのだ。
僕が知る限り、ブスゴンが男と付き合っていた形跡はなかった。つまり処女だ。そして、ブスゴンが最も気を許している男は顔なじみの僕だ。これは処女のセフレにできるのではないか?ますます美人度が増すブスゴンに接しながら、多感な童貞脳はそんなことばかり考えるようになっていた。
しかし、高校を卒業して進路が分かれると、ブスゴンと接する機会はなくなった。私生活まで付き合いがあったわけではないので当然の流れではあった。高校の頃にブスゴンを口説いて処女のセフレにしておくべきだったな、と女日照りの大学生活を送りながら後悔したものだ。
そんなブスゴンの名前を見かけたのは、それから5年後だった。社会人になった僕は出会い系サイトで処女のセフレを探すような人間になっていた。
そのサイトに「ブスゴン」と名乗る女性がいたのである。僕はその名前だけで彼女とコンタクトを取って会うことになった。ブスゴンは本当は美人なんだと思い込んで。
そして、待ち合わせ場所に現れたのはブスゴンとは程遠い本物のブス女だった。そのまんまやんけ!と言う言葉を押し殺して、今ではそのブス女が処女のセフレだったりする。ああ、本物のブスゴンに会いたいよう。
神待ちアプリ
宿泊先募集
コメント

泊め男

2021-01-11 10:27:30 | 出会い
おすすめサイトBEST5
 気楽な学生の頃は、泊め男をやっていたことがあります。
独り身だし、彼女もいなかったから、気楽に泊め男ができていました。
ネットの世界には、彷徨える子羊ちゃんたちがたくさんいるんです。
なんらかの理由で、帰宅できない女の子。
そういう女の子は、差し出す手を待ち望んでいる。
出会いやすいんですね。
女が男の部屋に来ると言うことは、すなわちナニがある。
期待出来るわけです。
だから、気軽な学生時代には、泊め男として活躍していました。

 相手探しの場所として、最高だったのが優良出会い系です。
メチャクチャ安心感。
信頼が高いところだから女の子たちの数が違う。
気軽に泊め男探しをしている女の子と出会える場所でした。
自分は、最大手と言われている出会い系に登録していました。
人の数が多ければ出会いの数も多い、これは理屈です。

 印象的だった相手と言えば、26歳の美人人妻。
こんな美しい人が、家を飛び出して帰ることができないなんて驚くばかり。
「誰にも連絡が取れなくて、今日困っています」
即座に連絡をしてみたところ、素早い返事が返ってきました。
「宿泊場所、何とかしてもらえますか?」
「それはOKだよ」
すぐにでも助けて欲しいと言うような雰囲気が出ていたため、無料通話アプリを交換しました。

 喋った感じが、艶やかでおしとやか。
気になったので顔を見せてもらったのですが、上品なんてものじゃない。
どこぞのセレブじゃないのかと思ってしまいました。
美人で、品がある。
これは、泊め男として最大のチャンスが巡ってきたと感じてしまったのでした。

 当時購入したばかりの中古車で、人妻を迎えに行きました。
目の前で見ても、実に美しい存在感。
途中スーパーに寄り食材を購入して、そして自宅に連れ込んだのでした。

 相手が人妻だったと言うこともあるのでしょうが、料理を作ってもらえたのは最高でした。
普段料理をしない自分だから、やたらと美味しく感じてしまったのは今でも印象的です。
また相手が美人ですから下心が半端じゃなく疼いてしまいました。
自分から言い寄らなくても相手も理解できていたのか、凄く自然な感じで男女の繋がりを持てたのです。

 5日ほど一緒の生活を楽しめました。
この5日間は、泊め男として最強の5日間でした。
思い出すだけで、何だかニヤニヤしてしまうんです。
援デリ
援交アプリ
コメント