something-jpのブログ

something-jpのブログ

クンニされたい

2020-10-27 11:16:50 | 出会い
おすすめサイトBEST5
 クンニされたいって、女の子だったら誰だって考えることだと思うんです。
私は22歳の女子大生。
最近、ずっとクンニされたいって思い続けちゃってて・・・。
彼氏いるんです。
一応、ラブラブなんです。
だけど、クンニされたいんです。
クンニされたい願望が半端じゃないんです。
今の彼氏、いい人なんだけれど、クンニだけはしてくれない。
ちゃんとシャワーで洗っているのに、嫌がるんです。
だから、ちょっと物足りない。
できれば、クンニだけしてくれないかな?
舐め犬とか欲しいな。
そういう希望は強めてしまっていた私なんです。

 それは女子会の時の話です。
舐め犬の話で盛り上がっちゃって。
仲間内の何人か、舐め犬作ったって言うんです。
純粋に舐めるだけの人もいる。
エッチする人もいる。
人によって違うようですが、クンニを謳歌していたようでした。
「どうやって、そんな出会いを?」
「人気の出会い系アプリ。舐めるだけでOKな人だって探せる」
このセリフに、心が動いてしまいました。

 クンニされたい願望が、人一倍強かった私。
いつの間にかアプリに登録。
舐めるだけの関係を求めてしまっていました。
実際肉体を重ね合わさなくて大丈夫か?不安はありました。
でも、募集だけは、やってみたんです。

 理解者がいました。
20代後半の会社員の人。
「クンニのみでも大丈夫。トイレか、車の中で舐め犬になってもいいよ」
言ってもらった時、心底期待が盛り上がっていくのを感じてしまったのです。

 10日ほどのやりとりの後、クンニのみの約束で会ってしまいました。
男性の車の後部座席で、足を広げて舐めてもらってしまったのです。
それは、本当に素晴らしい時間になりました。
男性にいっぱい舐めてもらう。
オマンコの臭いを嗅いでもらう。
気持ちを過ぎて、体が痙攣してしまいました。
肉便器を調教する
家出掲示板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家出掲示板

2020-10-27 11:15:36 | 出会い
おすすめサイトBEST5
家出少女のナノハちゃんはアニオタだった。
「火曜の夜だけ家出します。火曜泊めてくれる人プリーズ」なんて家出掲示板に書き込んでいた。
火曜の深夜に好きなアニメを放送していて、実家の都合でその時間にテレビは見られず、しかも録画機能もないテレビで、さらには貧乏なのでネカフェやホテルに泊まるお金もない末に、テレビを見せてくれる相手を求めて家出掲示板に頼ったのだそうだ。
スマホで見られないものなのかな?と思いつつ、僕もやりたい盛りの万年独身男性なので、ナノハちゃんに声をかけた。自慢じゃないが、テレビだけはワイドサイズの結構いいものを揃えている。
こうして、話がまとまってナノハちゃんは火曜日の夜に家出をしてきた。家出と言っても、家の人には「今日は友達の家に泊まるねー」くらいの気楽なものらしいが。
「何だかんだで、アニメを口実にして家を出たかっただけかもしれないね」
と、ナノハちゃんは自己分析していた。学校を卒業して不定期のアルバイトで生計を立てつつも未だに親に生活を束縛されている。その息苦しさに対する気晴らしがアニメであり、アニメ視聴が制限される火曜日が逆に実家から出られる自分への口実ができる自由な日でもあるのだ。
だが、アニオタとは言えアニメを見ているとき以外は、日々の生活のことを考える普通の女の子だ。泊まりに来てくれたからエロいこともOKなのかもしれないが、家で束縛されて、更に家出してきた先でも僕に束縛されるのは、どうにも心苦しい。嬉々としてアニメ鑑賞の準備を始めているナノハちゃんに僕はどうしてもエロい心が沸かなかった。
やがて、ナノハちゃんの好きなアニメが始まった。僕も初めて見たのだが、結構濃厚なエロい内容だった。そして、アニメが終わると、まるでアニメの内容に触発されたようにナノハちゃんの方から僕を誘ってきた。
「このアニメ見ると、体が火照ってきちゃうんだよね。親がいるからオナもしにくいしさ」
なるほど。火曜日の家出にはそんな理由もあるのかと感心しつつ、僕はナノハちゃんをムチャクチャ抱いた。
出会いアプリでタダマン
出会い系でタダマン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加