我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog14周年迎えました✨

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド/ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD

2019-08-30 22:51:37 | 2019年 劇場公開☆6以上

 

待ってました、タランティーノ監督、第9作目

ロマン・ポランスキー監督の妻が、マンソンファミリーに惨殺された事件を絡めた話が

タラの次回監督作と聞いた時から、ずーーーーっと待ってた本作

1969年のハリウッドが舞台。

復活したい落ち目のTV俳優と、長年彼のスタントマンを務めてきた二人の男の友情と

シャロン・テート殺人事件という史実と当時の時代背景をベースに、マンソンファミリーとして共同生活をしていたヒッピーたち。

実在の人物を含めて描く。

 

※このシーンのブラピ、お酒にスパイスかけすぎで笑う

 

キャスト紹介だけでも時間がかかりそうなので、メインの方と数名のみ写真付きで。

まずは、こちら二人ともオリジナルのキャラ。

落ち目俳優リック・ダルトンには 近年ますます貫禄出てきたレオナルド・ディカプリオ。

タラ作品への出演は「ジャンゴ 繋がれざる者」以来二度目。

いや〜今回もいい仕事(演技)してるわ さすが。 

 

その相棒でスタントマンを務める、クリフ・ブースにブラッド・ピット。

タラ作品に出演は「イングロリアス・バスターズ」(←ジャパンプレミアの模様も)に続き二度目。

若い頃からブラピ見てきたけど、作品ごとに素敵になっていくな〜。

今のブラピが一番かっこいい。というか、今までブラピをカッコいいとまで思わなかったんだけど

(アンジーの影がいつもあるからか?)本作で初めてカッコイイと思っちゃった。

作り込んだ役のレオに対し、このブラピは随分おトクな感じもするけど

出演シーンは同じくらいにしてもレオを主役というメインにしてるのでそこは均等になったのかな?

 

 

シャロン・テートにはマーゴット・ロビー。

 このシーン、もファッションも好き

自分の出演している映画を観に行って「この映画に出てるんです」と言ってタダで入場、ポスターの前で写真のサービス、可愛すぎる。

女優役だけあって毎回、衣装が可愛くて。60年代〜70年代のファッション大好き。

スコセッシ監督作「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でレオの妻役やドラマ「パンナム」でほぼデビュー以来

一気にその美貌で人気女優の仲間入り。観た時からかわいいなーと思ってたけど

まさかタラ作品に起用とは。ユマといい、ダイアン・クルーガー、ダコタちゃんといい、タラとは女性の好みが合うなぁ 

金髪美女好きなタラ。笑 と思ったら、マーゴットが実はタラ映画の大ファンでいつか出演させてくださいとの熱烈な手紙を送って

本当にそれがすぐ実現したらしい。すごいな。

 

1969年8月、妊娠8か月だったのにもかかわらず、ハリウッドの自宅でマンソン・ファミリーに惨殺される。(※映画ではそこやらない)

 

オースティン・パワーズのマイク・マイヤーズに見えるが (まさにあれはこの時代のオマージュ)

ロマンポランスキー監督と、結婚したてのシャロン・テート。

ちなみにポランスキー監督「ローズマリーの赤ちゃん」を撮った翌年にこの事件が。

 

超そっくりなブルース・リー演じるのは、マイク・モー。

実際に、シャロン・テートの主演作品「サイレンサー破壊部隊」(1968年)(オースティン・パワーズの元ネタとも言われる)

でアクション指導を担当したのがブルース・リーで、二人は親しい友人関係だったそう。

ブラピ演じるスタントマンと口論してやり合うシーンでは、ブルース・リーの実の娘からクレームが来たようだけど

タラはそれに反論してる。(詳細は別のところで)当時の人種差別がある時代背景や完全に作った人物像というわけではない

というところもあり、ブラピとブルースリーの夢の共演シーンが見られただけでも楽しい。

 

チャールズ・マンソンにはデイモン・へリマン。

 

 そのほか、タラファミリーとしておなじみメンバー、マイケル・マドセン、ゾーイ・ベル、カート・ラッセル、

ティム・ロス(劇中映画の中?見逃した

ブルース・ダーン、アル・パチーノ、エミール・ハーシュ、ジェームズ・マースデン、ダコタ・ファニング、

友人の娘(二世組)ユマとイーサンの娘、マヤレイちゃん、ブルース・ウィリスの娘など。

友人イーライ・ロス(監督兼俳優)の妻ロレンツォ・イッツォも出演。(レオの妻役)

 

 ユマそっくりなんだけどやっぱりイーサンにも似てる。

人気ドラマ「ストレンジャーシングス」シーズン3に出てるんだよねー(見てない)

出演シーンがほんの一瞬切り取ったその表情が若い頃のユマそっくり、さすがタラ。

しかも「パルプフィクション」でユマがナイフ使いの話をしてるのとリンク。

 

サミュエルL とか、クリストフ・ヴァルツさんとかのタラファミリーが今回出てなかったのはちょっと残念

 

そしてタラの素足フェチが今回も炸裂みーんな素足になりまくり、それをアップで撮りまくり

 

マンソンファミリーがアジトとして使っていた、元は西部劇の撮影所でもあったのを完全再現。

 

色々と書けばきりがないほど小ネタや書きたい事でてくるのでこの辺で。

 

今さら声を大にして言うことでもないが、、、、

タラ映画にやっぱりハズレなし

 

こんだけ映画オタクで数多くの映画見てる人はそういないでしょうという人だから

あらゆる映画に影響されてきて、そのシーンを再現したり独自の解釈で現代に蘇らせたりしてきたタランティーノならではの。

タラが育った時代、そして今現在いる映画業界ハリウッドの変遷、当時の文化との融合

 

9/10

 

 

今2時間超えで退屈しない監督作って限られると思う。

期待したほどの「うわこれめっちゃ面白い!!」的なのとかはないけど、楽しかった〜

でもこれ、タラ映画見るたび割といつもそうで、毎回見る度好きになる。

いや本作はブラピのカッコイイこと!!!こんなイイ男がワンちゃんだけで生きてるなんて(笑)

レオへの熱い友情がもうね、、、、、

昔っからタラ映画は無駄な会話と映画ウンチクシーンが特徴とも言えるのだけど今回無駄なウンチク少ないと思う(笑)

タラ映画のこれまでの作品からの繋がりでファンならにやけてしまうシーンなどちょいちょい登場。

エンドロールでレオがCMするレッドアップルのタバコとかそのほかにも、、、

 

1969年のハリウッドっていうことで60年代〜70年代のファッションが可愛い

160分は、普通にデートなどで見るにはちょっと長いとなりそうだし、

タラ映画を知らない&往年のハリウッド映画を観ない世代にはどーでも良いと思われそうなシーンが多いかもだけど

この現代の2大スターと言っていいほどのレオとブラピという二人が同じ画面で見られるという貴重さ。

熱い友情。くる人にはグッときちゃうことは間違いなし。

さーて、あと何回観に行こうかなぁ

 

あ、今回もサントラ最高です

 

落ち目のTV俳優リックダルトンは、なかなか復活の道が拓けず焦りと不安を募らせる。情緒不安定ぎみな彼を慰めるのは、リックのスタントマンとして公私にわたって長年支えてきた相棒のクリフブース。固い絆でショウビジネスの世界を生き抜いてきた2人だったが、このままでは高級住宅地にあるリックの豪邸も手放さなければならなくなる。そんな彼の家の隣には、時代の寵児となった映画監督のロマンポランスキーとその妻で新進女優のシャロンテートが越してきて、彼らとの勢いの違いを痛感するリック。一方クリフはヒッチハイクをしていたヒッピーの少女を拾い、彼女をヒッピーのコミューンとなっていた牧場まで送り届けてあげるのだったが…。

 

公式サイト

 

 

この雑誌用のショットかっこよくて大好き。

 

 

 

 


Comments (10)   この記事についてブログを書く
« ゴーストランドの惨劇/INCIDE... | TOP | アス/US »

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2019-08-31 23:59:59
誰もが自分が子供だった時代に、憧れていたものの悲しき結果に終わった世界に対する願望ってものがある。
それを映画で描いてしまうところがステキですわ。
しかもただ単に自分の願望を描くだけではなく、いつも通りの溢れんばかりの映画愛で描いてくれるんですからね。

それにしても何で今回サミュエル・L・ジャクソンは出演しなかったのかな~。毎回彼を探すのもQT作品の楽しみだったのに。
にゃむばななさん★ (mig)
2019-09-02 15:10:30
こんにちは〜
そうなんです、さすがタラならではの作品でしたよね。いろんな好きが盛り込んであって当時と今をリンクさせる手法も。
サミュエル、いま暇そうなのに〜! 笑
あとはタラ本人もいつも出てるけど今回もわかんなかったなー
ティムロスも逃したので次で探します。
こんにちは☆ (yukarin)
2019-09-09 16:11:56
タラちゃん作品は好きなのに途中寝ちゃうワタシですが今回は最後まで頑張れた 笑
うん、私もめっちゃ面白い...てまではいかないんだけど楽しかった。
2大スターが同じスクリーンで観られるのは贅沢だわー
ブラピほんとカッコよかったよねー!!
こんばんわです (メビウス)
2019-09-09 20:19:47
migさんこんばんわ♪

シャロン・テートの事件すら全然知らなかったりでしたし、60年代ハリウッドの情勢や作品諸々も殆ど無知だったので相当映画の見所を見落としていた気がしないでもないのですが(汗)、ただそういった往年を知らなかった分はタバコのブランドのレッド・アップルや素足など、タランティーノ監督の世界観の繋がりやお馴染みの俳優さんなどの共演を発見したりして自分なりに楽しんでいましたね^^

ディカプリオとブラピの共演もとても良かったですし、ブラピの肩で泣くディカプリオなんかも可笑しかったですねw
Unknown (風子)
2019-09-12 13:37:02
これだけのキャストが集まったのは、やっぱりタランティーノ監督だからですね。
yukarin★ (mig)
2019-09-23 22:15:45
遅くなってごめんねー
旅行以降初めてブログ開いた〜^^;
めちゃ話しが面白いってよりも男の熱い友情がポイントだよね、今回は。
てっきり殺人事件のとこやると思ってたから 笑
でもやっぱりタラ映画は音楽と映像含めた世界が全部好きだから、今回のも好きだなー二回目観ちゃった。
メビウスさん (mig)
2019-09-23 22:18:45
こんばんはー
お久しぶりですね、いやブログも全然やらなくなってしまってみなさんのところも全然いけてません、ごめんなさい。
二人の友情が泣けましたよねー
正反対だけど強い絆がある二人。
素敵でしたねー
シャロンテートの事件は知ってたので、
あのシーンはなかったのが驚いたけど、まぁそこまでやらなくてもという気にもなってきたのでやっぱり、
イングロの時のヒトラーをやっつけたように、史実を変えて描く世界もタラらしいなーと。
風子さん⭐︎ (mig)
2019-09-23 22:20:25
お久しぶりですね、ありがとうございます♩
いやー本当に。タラの映画は誰でも俳優は出たいと思います。
パチーノ先生を演出するのにはさすがのタラも緊張したみたいですよ 笑
お久しぶりです (NAO)
2019-10-05 17:37:02
migさん、お久しぶりですぅ~♪

事前に、時代背景をお勉強していったので
楽しんで鑑賞することができました。
事前予習必要な映画かもしれませんね。

レオ様もブラピも年々いい男になってきているなぁ~。
映画愛を感じる作品でした。

シャロンテートが無邪気に自分の映画を観ている
シーンは、ちょっと切なかったあ~。
Unknown (Kanako)
2019-10-20 07:05:45
やっと観ました〜!
migさんのいう通り、今の時代に2時間越えでこんなに退屈しないのは本当にタラちゃんだからこそです♫

実はレオ様の良さはいまいーちずっと???だったんだけど、今作でやっと『これか!!!』と!彼の作品遡って観てみようかなと思います。

最後のブラピの「カチっ」(犬に合図)から、えええ、ありゃりゃ、と笑っている間に終わりました笑。でも、周りは笑っていなかったのでちょっと堪えながら・・・。
これから何回も隅々まで観たい❤️
映画ヲタクが映画を愛して止まなくて、映画が大好きな人たちのための映画ですね♫

ちなみに。マーゴット・ロビーはアバウトタイムで可愛いな〜と思っていたけど今作は一段と可愛い!

post a comment