我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

ロードオブウォー/ lord of war

2005-12-27 00:40:27 | 劇場&試写★6以上
      
無数の弾丸の上を歩いてたニコちゃんが、突然振り向く。
「今、世界には5億5千丁の銃がある。 
ざっと12人に1丁の計算だ。残る課題は1人1丁の世界」


ジュードロウをこの世に知らしめ、(たぶん)ユマサーマンとイーサンホークを出逢わせてしまった(別れたケド)名作映画、「ガタカ」が初監督/脚本作品のアンドリューニコルの新作。
「シモーヌ」や「トゥルーマンショー」などの脚本もしていて、ツッコミどころは多少あっても面白いものを書く人。
今回は、徹底したリサーチで作り上げた、実在した"戦場の武器商人"の話。
アンドリューニコルの名がなかったら、多分この作品観なかったと思う。

カメラワークも相変わらず凝ってる★
監督、悪人だけどどこかチャーミングに演じられる俳優と言えば、とニコラスケイジを起用。
その期待どおり、まさにハマっていた~。
ニコちゃん以外ちょっと考えられない感じ。


悪いコトしてるけど、こんなカオされるとかわいそーになってくる。

ニコラスの同士であり相棒には,
キャメロンディアスの元カレ ジェレットレト。

なんとニコラスの弟役(!!)
青い目しか似てないっつーの。 (笑

いつもこんなカンジでちょっとイッちゃってる役が多いけど
今回も適役!見事に入り込んでます。

そして、ニコラスを追う国際刑事警察機構のバレンタインに,
インテリで浮気男、ユマサーマンの元ダンナのイーサンホーク。

「ガタカ」からのアンドリュー作品続投。

1980年、ユーリー(ニコラス)は崩壊寸前のソビエト連邦ウクライナから、
アメリカへ渡り武器の密売をすることに。
天性の才能を発揮して、世界中の政府を相手に戦場の武器商人になっていく。
それを嗅ぎ付けた刑事(イーサン)は、証拠を求めて追いつめて行く。


"夢の女”、そして妻として華を添えているのは
「Sex and the City」で捨てられる可愛そうな女ナターシャを演じた
ブリジットモナイハン。



ガタカ」でもそうだったけど、
男兄弟の絆もしっかり描いてることで
人間ドラマでもあるアクションエンターテイメントに仕上がってた★

クールなイーサンホークに対し、クールだけど脂っこいニコラス
あ、それは顔のせいか。
どっちもクールなんだけど、水と油、しょうゆとソースのような対比が面白い!
そして二人の会話のやりとりも。
後半の展開には特に目が離せない
妻にすら、秘密を持つウソつき武器商人の顛末とは、、、、。


6(10段階
ニコラスのハゲ、健在!(というより進化中~)
ストーリーよりも、話の見せ方、会話(台詞)が面白い。
さすがニコル監督!
悪人だけど憎めない男、
ニコラスファンにはたまらないねこりゃ。

あと、選曲もよかったなぁ~。




公式サイト

2005年 アメリカ 122min 日本公開 12/17
【staff】
監督: アンドリュー・ニコル 
製作: ニコラス・ケイジ /ノーマン・ゴライトリー/
アンディ・グロッシュ/アンドリュー・ニコル 
/クリス・ロバーツ/テリー=リン・ロバートソン/フィリップ・ルスレ 
脚本: アンドリュー・ニコル 
撮影: アミール・M・モクリ 
音楽: アントニオ・ピント 
【cast】
出演: ニコラス・ケイジ /イーサン・ホーク 
ブリジット・モイナハン/ジャレッド・レト 
イアン・ホルム /ドナルド・サザーランド 

ニコラス映画のススメ
ファンではないけど、数あるニコちゃん出演作の中、おススメは、、、、

トラボルタと顔が入れ替わる
「フェイスオフ」
(部位の位置違うし、(笑 ムリあるけどね、その時点で。 

ニコちゃん、超几帳面で神経質、潔癖性な詐欺師!
「マッチスティックメン」

ニコちゃん、天使に!!
「シティオブエンジェル」
「ベルリン天使の詩」のリメイク作品。
(ニコラス、天使似合わね~と思いつつ、泣けちゃった。)




人気blogランキング←please click
              
(1日1回有効)クリックよろしくね★
皆様の応援のおかげで現在8位あたりにランクイン~
読んでくれてそして、いつも応援ありがとう






『映画』 ジャンルのランキング
Comments (24)   この記事についてブログを書く
« 2006年 要チェック映画リスト... | TOP | ディック&ジェーン 復讐は最... »

24 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ニコラス・ケイジ (ALICE)
2005-12-27 02:40:34
こんばんわ~

ニコラス・ケイジは渋いですよね。

モト冬木に見えちゃうけどあたしは好きです。

彼の作品では『ザ・ロック』が一番好きです。

情けない顔なんだけど、情けない役柄は少ない

ですね。また遊びに来ますね。
こんにちは♪ (ミチ)
2005-12-27 10:01:29
>ニコラスのハゲ、健在!(というより進化中~)

いやん、ウソ~~~

私は増毛成功中~に見えましたよー(汗)

ニコラスとジュードが出てくるとどうしても映画内容よりも頭髪チェックに余念がなくなる自分がイヤです
はじめてのぶきしょうにん (たましょく)
2005-12-27 12:34:03
 TBありがとうございますm(_ _)m



 ニコラス・ケイジって、カッコイイ役

(ザ・ロック)や悪い役?(フェイス・

オフ)でも、あの悲壮感漂う顔がいい方

にも悪い方にも転びますよねw



 今回は、内容の重さがあっただけに、

ニコラスの表情に救われた感じしました。

全編痛烈で、目を背けたいケド、釘付け

でした。ホント、メッセージ性の強い映

画ですよね。
ヤバイ顔 (メビウス)
2005-12-27 15:25:01
こんにちは♪TB有難うございました♪



いや~ヤバイ!何がヤバイかと言うと↑の銃を手に持つケイジの顔!こんな画像よく見つけましたね・・・(^▽^;)



そう言えば弟のヴィタリー役を演じたジャレット・レトは『Chapter 27』でジョン・レノンを殺した犯人役も演じるそうですね。そっちの方も楽しみです☆
TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-12-27 16:46:10
初めまして。TBありがとうございます。

おもしろかったと思います。ニコラス・ケイジは、実に適役でしたね。音楽も良かったので、DVD購入する可能性大です。
TBどうもです。 (たいむ)
2005-12-27 19:32:44
はじめまして。



>選曲もよかったなぁ~。

会話もそうですが、音楽も良かったですね。

重くなりすぎない理由はニコラス・ケイジと共にここにある、そう思いました。
ニコニコ。 (starblogger)
2005-12-27 20:24:21
始めまして♪TB、コメントありがとうございます。



本題から外れますがスーパーマンのリメイクのニュース、こちらで初めて知りました。



以前にティムバートン監督、ニコラスケイジ主演でスーパーマンリメイクの話があったみたいです。観たいような観たくないような・・・
aliceさんーー★ (mig)
2005-12-27 22:38:44
ザ・ロックも面白いよね~。

確かに、情けない顔だけど情けない役は少ないかも。

あ、アル中男を演じた「リービングラスベガス」

は情けないよぉ。(あれはダメ男とも言うね★)

年明けもちょっとづつupするので来年も宜しくです

ミチさんーー★ (mig)
2005-12-27 22:42:30
増毛かなぁ(笑

ずいぶんおデコがうしろになってましたけど

ジュードもかなりキテますよね~。

心配。

モトがかっこいい人は、潔くスキンヘッドになることを望みます
たましょくさん★/メビウスさん★ (mig)
2005-12-27 22:46:01
こんにちはー、

ニコラスの演技で重くならずにすんだのですね★

この顔は武器です! (笑



ニコラスの表情だけでも

いろいろと楽しめますし、、、

映画は重いけど。。。

でもこのアンドリューニコル監督の映画、わたし好きです

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上

Similar Entries