我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

マザーズディ<未> / MOTHER'S DAY

2012-05-30 22:50:00 |  DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

 

 

   ランキングクリックしてね
←please click

 

 

観れるのは、ツタヤだけシリーズで、劇場未公開扱いで半年前にリリースされた、2010年作品

監督が「ソウ2~4や「Repoダーレン・リン・バウズマンなので気になってた。

 

1980年のチャールズ・カウフマン監督のホラー、「マザーズデー」のリメイク。

 

 

ジャンルはホラーっていうより、シチェーションスリラーかサスペンス。

「ソウ」っぽく痛い&グロいシーンもあるけど、話が怖いというより、

女(母親)の常軌を逸した行動が怖い系

 

とある病院で生まれたばかりの赤ちゃんが何者かに奪われる。

場面は替わり

ある夜、新居移転祝いで自宅に友人を招き、パーティをしている夫婦とカップル数組。

 そこへいきなり銀行強盗に失敗してドカドカと入って来た男たち。

一人は脇腹を刺されている。

 

そしてその後 しばらくして美しい母親が到着!!

彼らは一体何者なのか!?

実は3人の男たちは兄弟、ちょっと前までこの家に住んでいたという。

刺された末弟を助けろと、家の主の友人である医者だけが協力させられる。

見た事あるなと思ったら「フローズン」や「X-Men」のアイスマンで出てた、ショーン・アシュモア。

 

美しく、頭のイカレた母親にはなんと

レベッカ・デモーネイ

相変わらずの美しさに驚愕! 「ゆりかごを揺らす手」は昔何度も観た好きな映画。

あちらでも狂気に満ちた母親演じてたけど。

 

さすがそんな母親に育てられた凶悪でバカな息子たち

長男、次男ともケンカっ早くてキレやすいタチ。

三男は撃たれて終始痛がってるだけの哀れ。

 

しかし、「こんな童貞のまま死にたくなかった」のひとことでママ奮起。

「下にいる女の誰かにやらせるのよ!」

そして、「誰が息子の童貞を奪うお相手になるか、相談して決めなさい!!」

※コメディではありません。

 

友人のカップルの一人はカツラ剥がされちゃう!ひどぃ!

 ※笑うとこじゃありません

 

お約束! 監禁、そして 殺るか殺られるか!極限状態下での仲間割れ!

 

 

豪華な家を安く手に入れた夫婦は友人たちを招待して、新居祝いのパーティーを開いていた。しかし、そこへ家が売れていることを知らない前の住人たちが帰ってくる。それは銀行強盗に失敗した悪人一家だった。母親、娘一人、息子三人の一家は、新しく住んでいた夫婦とその友人を監禁する。次第にこの悪人一家たちの残酷な本性があらわになっていくのだが…

 

 

6/10(66点)

 

 

去年の「スペイン一家監禁事件」とか、密室型サスペンス(強盗モノ)とかが好きな人には

楽しめるんじゃないかな?

とりたてて別段傑作!っていうほどの話でもないと思うけど

オリジナルよりこちらの方が怖いって声も多いようで、

まぁ映画として怖いというより母親が怖いんだけど 演出がそこはダーレン・リン・バウズマン、

外にATM下ろしに行かせて出くわした女の子2人に、

どっちか先に殺せば残った方が生き残れる、なんて「ソウ」へのオマージュ的なシーンいれたり。

ほんとそーゆーの好きねぇ(笑)

 

誰が生き残るか、的な面白さはなくても レベッカ・デモーネイの美しさと

惨忍さに惹き付けられる!

 

売却したことを知らず、この家の母親宛に兄弟が 強盗で儲けた金を

封筒で送ってた。それを探し当てるため、母親はじりじりと追いつめていくー。

 しかしいつも思うのが、こういう 仲良しご夫婦やカップルで集まってると

必ず誰かと誰かが仲間内でこっそり不倫してる お決まりパターン?(笑)

あと、警察がやってきて 目配せで合図出来るだろうにやらない。とか

警察はそこらへんでパトロールしていますので、とか言うくせに必ずどっかいっちゃってるとか。

 

夫婦といっても騙していたのはお互い様。

「マザーズディ」ってより、「マザーVSマザー」っていう展開に急展開しラストへと流れ込む。

そして冒頭シーンへと繋がり、一筋縄じゃいかない鬼畜の母親は、、、、

観てるときなかなか楽しめるし、監禁もの好きな人にはオススメ。

 

 

MOTHER'SDAY           2010年     アメリカ   128min

2011年12月23日 DVDリリース TSUTAYA独占レンタル

 

 

ダーレン・リン・バウズマン監督作、

去年冬に全米でも1部の劇場公開のみで終ってしまった「11-11-11」

 評判よくないようだけど日本でもDVDスルーでいいから観たい!

2011 11-11-11

その後の

2012 The Barrens
 
 こちら評価高いので楽しみ♪
 
2013年 Ninety  
 
続々待機中
 
 

 

 

☟ボタンおしてね

クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
Comments (8)   この記事についてブログを書く
« ノルウェー発、本格カフェ&... | TOP | グレイヴ・エンカウンターズ ... »

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
母強い~ (ノルウェーまだ~む)
2012-05-31 00:28:36
migちゃん☆
笑ったー(笑う所じゃないって書いてあったけど)
しかし母は強いね。
息子の為となると、善悪の判断がつかなくなっちゃうのかな。
分からないでもないわ(汗)
怖い「母の日」になりそう・・・
こんにちは♪ (non)
2012-05-31 09:48:53
こんにちは♪
こちらにてお久しぶりです☆

この手の作品は自分では絶対見れないので、いつもmigさんのレビューで見た気分♪♪
有難いです(^^)

レベッカデモーネイ久々!
彼女は前から怖いキャラ似合いますよね~
美しいだけに怖いです(^^;)
まだーむ☆おはよ♪ (mig)
2012-05-31 09:49:16
そうなのー、強いというか
怖い。しかも息子達自分のコドモじゃないんだよ

不妊症でもある女なの。(観ないだろうからばらすけど 笑)
母の日の話しだと思っちゃうよね~タイトルへんだわ。
nonさん☆ (mig)
2012-05-31 09:57:54
nonさん、いつもツイではありがとう☆
うわー、そんな風にいって貰えるのすごく嬉しいナ。
ホラー嫌いな人多いけど自分が好きだから載せないわけにはいかないし(笑)
ほんとに彼女、いまでも美しくてびっくり、綺麗で冷たいと一層こわくみえるんですよね!
こんにちは♪ (yukarin)
2012-05-31 12:49:55
オリジナルは観てないけどこっちのほうが怖いとは!!
そうそう映画そのものよりも母親が怖いよねー。
いろんな意味で母は強し...(汗)

観たからカツラのシーンは笑えない....。
Unknown (ロッキン)
2012-06-01 03:01:02
この映画、ちょっとえぐい・・・怖いな。。。 苦手なんだ、スリラー。σ(^^)

でも、あはは、確かに母は強いよね!(^_-)-☆

おうえん
yukarin☆ (mig)
2012-06-01 12:54:17
やっとみれたわ~
ツタヤ独占最近多いよね、
フツウに面白かったね、
昨日試写でみたホラーよりこちらの方がまだ楽しめたよ。

カツラのシーン、ほんとなんかベリっ!
ておじさん、可哀想だった(涙)
 でも鬼母そのあとでないほうがいいわ、みたいなセリフ笑っちゃった。

ロッキンさん★ (mig)
2012-06-01 12:55:31
ホラーというよりスリラー、
ロッキンさんはスリラーもだめ?

なのにわざわざコメありがとね~応援

post a comment

Recent Entries | DVD,CS,Netfilix,機内鑑賞

Similar Entries