見出し画像

我想一個人映画美的女人blog

デッド・サイレンス/ DEAD SILENCE



SAW』の監督 ジェームズ・ワンと、脚本&主演したリー・ワネル コンビが放った第二弾

ということで、あちらで公開してた時から注目してたこの映画、
いよいよ日本にやってきた。

が、先に観てたyueが普通に面白いくらいでそうでもなかったというし、
もちろん、あの『ソウ』を超えるはずはないと分かってるので
期待半分、それでも楽しむつもりで試写観て来ました~

またまた人形(腹話術人形)が出てくるゾ。
とは知ってたけど、案の定というか ゲストに いっこく堂登場。
ホラー観る前に笑いのモチベーション(テンション)あげられてもー
という感じもしたけど、この映画に出てくるビリー人形でのトークと師匠とかいう
老人の人形(よく知らない。)との対話ちょっと笑えた。


さて 本題、、、
『ソウ』は日本でも大ヒットしてシュチュエーションスリラーという新たなジャンルを作ってしまった映画。
ファンも多いから、この『ソウ』のスタッフ、ではなく監督と脚本家のコンビの新作という意味で注目する人もきっと多いでしょう

今回は
痛くないし、スリラーでもない。密室劇でもない。
人形は沢山でてくるけどもちろん人形劇でもありません。



『ソウ』では(1作目)脚本のリー・ワネルが自ら主演もしてたけど
今作ではオーストラリアのTVドラマ俳優、ライアン・クワンテンを起用。なんかサエないの~。


もしや?と思ったけどやっぱりまた出て来たよ~
『ソウ2』から出てる、マーク・ウォールバーグの兄、ドニー・ウォールバーグ。
かなり薄くなってきてる。



モデル時代けっこう好きだったなー、アンバー・バレッタ。
昔からちょこちょこ女優としてB級系に出てたけどこんなとこにも出てました♪
(これも十分B級です)


ある雨の夜、ジェイミーとリサの夫妻の元に送り主不明の箱が届く。
中には「ビリー」という名の腹話術人形が入っていた。
その後ジェイミーが外出、帰宅するとリサが舌を切られ無惨に死んでいた。
警察に容疑者扱いを受けたジェイミーは自ら事件の謎を解くべく、ビリーを持って故郷のレイブンズ・フェアへと向かう。
そこでは昔から伝わる一編の詩があった。
「メアリー・ショウにご用心。子のいない彼女は人形が好き。夢で彼女に会っても、叫んじゃダメ」
詩の意味と腹話術人形の謎を解く時、ジェイミーが見たものは──。




                              

『ソウ』みたいなのを期待しちゃ、ぜったいダメ。


6/10


ちょっとだけネタバレあり感想

「ラストはぜったいに話さないで下さい。」なーんてシャマラン映画みたいなセリフ、司会者が言うので
またまたそんな事いっちゃって~。なんて思ってた。

結果から言うと 事実、やっぱり驚愕するほどのラストではなかった
でも、
クラシックなホラーの雰囲気は恐がりな人は十分怖がるだろうし(わたしはもちろん大丈夫 笑)
まして、人形(腹話術だけど)がニガテという人は人形の存在だけでも十分怖がれそう。


リー・ワネルの脚本、ラストで驚かすことばかり念頭に置いて(意識して)書いてるでしょ~。  といいたくなる。
薄暗い中で何が起こるか分からない不気味さとか、予兆とかの演出はすごくいい。
けど、脚本はありがちというか、アヤしい人も分かりやすすぎる。
ラストは分からなかったけど分かったからって、『ソウ』の時みたいに
「ええ~?!」とか「うそー?」とか「ヤラレた!」とは全く思えない(笑)
それより、同じ音楽の人使ってるし(めっちゃわかりやすい)
ラストでくる畳掛けるフラッシュバックでの過去の映像に、音楽、
そして、結末。

持っていき方『ソウ』に似すぎじゃ~!
オリジナルの彼らがやってるんだからパクリとも言えないけど
あまりに同じパターンで、思わず笑いそうになるのこらえちゃった。
セルフパロディみたい(笑)



映画としては☆5のフツウ、でいいけど
むりやり観客をビックリさせてるようなラストが面白かったので、いちおーオススメレベルの6ということで♪

それと、今回も『ソウ』の時のようにどこかに謎を解くキーワード(ヒント)が劇中出てます。
1時間半でさくっと観られるので、気になってる方は是非~。
(ホラー好きな人には物足りないけど、怖がりな人に観て欲しいかも☆)




公式サイト
DEAD SILENCE    2007年  アメリカ  89min
3月22日より、ロードショー
どうして日本のチラシはあんなもろB級チックでへんなのにしちゃったんだろう??
こっちの海外版と同じ方がインパクトあって良かったのになー。






このジェームズ・ワン&リー・ワネル コンビの第三弾!は
トロントで観て来た、『デス・センテンス』
オチ重視のこれまでのスリラーとは全く違って、 『狼よさらば』原作者の小説を映画化したもの。
主演のケヴィン・ベーコンが復讐の鬼と化すバイオレンススリラー(サスペンス風)


デス・センテンス

日本公開はまだ未定みたい。。。
まあまあだったけど、ケヴィンだから公開したらまた観たいな
ジェームズ・ワン、一発屋と言われないように今後も頑張って欲しいなー。
え?もう言われてる??


その他、『ジャンパー』『300』同様、『ソウ』のTVゲーム化
『SAW The Video Game』も2009年で決定なんだとか。


次回作は、プロデューサーとして参加の『SAW5』! 監督も変わっちゃうし
まだ続くのかい!って感じだけどまた観ちゃうんだな~。
全米で今年の10月31日公開予定





人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいな

コメント一覧

mig
とくさん☆
ああ、とくさんダメだったってわかりますよ~
評価分かれる映画だし。
チープかなぁ?
怖さの出し方は上手かったと思います★
あのCGで腹話術人形達が一斉に人間の顔みたいのになるとこはうゎ、やっちゃったって思ったけど
ラストなんかもわざわざ捻ったオチ考えたんだ~って思うと憎めないというか、頑張ったね
って感じで笑っちゃいました。(なぜか上から目線・ 笑)
パリスもみてくれてるんですねー
アリガトです
フィクサーもうすぐですね、もちろん観ますよ
mig
尼崎OSよ永遠なれブログ管理人さん☆
こんにちは♪

あそびに来て下さってありがとうございますー
わたしのblogが記事下にリンク貼られてたので思わずコメントさせて頂きました。
今後も宜しくです
mig
くまんちゅうさん☆
あちらではやっぱりソウと比較されちゃってて、
キビしい評価とあとは動員数がそれほどでもなかったみたいですねー
わたしは妹が先に観てて
「そこそこ楽しめた」って言ってたのでなるべく期待しないで観ました
ラストはむりやり何か脅かそうと考えたんだなー
って感じがして、一度ヒット作生み出すと次が大変だよな~ってつくづく思って同情しちちゃいました
とく
みてきたあるよ。
ゴシップニュースも読んでるとくです。ちなみに、ヒルトンものぞいております。コスメは読んでおりません。男子なんで。
はい、この映画、「ソウ」の人なんで、すこーしだけ期待していきました。過剰に期待すると、ずっこけるので。
でも、やっぱり?ずっこけました。映画全体がチープすぎる、悪い意味で。冒頭の音楽なんか「エクソシスト」「サスペリア」風でもって、80年代の名画座落ちの映画臭がプンプンしてました。今更、腹話術人形って。昔の映画の焼き直しかい?てか、「ソウ」みたく、エグイ、グロイ描写少なすぎるよ。もっと、はちゃめちゃにやって欲しかったなー。全然、怖くない。土曜深夜の12チャンでやって下さい。とくは、migさんよりは評価低くなっております。すいません。最近DVDスルーしといた「ガタコンペ」も、酷かったです。「フィクサー」のレビュー待ってます。とくの辛口批評?は、続きます。
尼崎OSよ永遠なれブログ管理人
お礼
http://loveamagasaki.blog112.fc2.com/
コメントまでいただきありがとうございます。
デス・サイレンス楽しみですね。では。
くまんちゅう
見ましたよ~
http://wiiderlandhunter.cocolog-nifty.com/
海外の酷評を見ちゃったてたので、期待し過ぎないようにして行ったら結構楽しめました。
普通のホラーなんだなぁ、と思ってみてたので最後は「そう来たか!」とちょっとやられました。
SAW程の衝撃じゃ無かったけど、面白かったです。
mig
ともやさん☆
おはよーです♪
ありゃりゃ、ともやさんもいたのね
皆で集まってお話できたのに(笑)
そうそう、正統派なつくり。
怖い映画好きな人には物足りないけど
恐がりな人には十分怖がれるはず☆
めちゃ怖がりな人と一緒に観たいなー(笑)
ポスター、これはぜったい失敗です
mig
りおさん☆
同じ試写~??
まさかりおさんもいたなんて☆
ちょっと広かったからわかんないよね~さすがに、、、、
あ優しすぎたかな(笑)
このコンビだからかもしれない
ともや
正統派ホラー
http://blog.goo.ne.jp/tomoyaharada/
こんばんは、migさん♪
久し振りにニアミスしてましたね~!
いや~、かなり正統派な作りで、序盤かなりビビらせていただきました。
最近ホラー映画を観てもこの感覚が味わえなかったんで、良かったです~!
(その分、後半は全然怖くなかったですけどね・笑)

ポスターも海外版の方が怖くて好きですね~。
りお
http://lioca03.blog111.fc2.com/
わたしも同じ会場にいたよー
もしかしたらmigさんいるかなーなんて思っていたんだけど、あの中を探すのはちょっと無理でした(笑)

migさん、★6なんて優しい…
わたしはなんかダメでしたわ。怖くなかったし。
mig
yue☆
migは普通だった~(笑)ケド、もうちょっとドキドキしたかったよ~
全然ドキドキしなかった

たぶんyueラスト忘れてると思う★
会った時話そー。
もろソウっぽい音楽とフラッシュバック
「ゲームオーバー!」って聞こえてきそうだったよ

SatCのチラシちょうだいね
mig
NANA☆さん
ホラーでも、ソウみたいな風ではないので
そっちを期待しなかったらそこそこに楽しめると思いますー
是非観てね~♪
mig
akkyちゃん☆
オススメ情報、ありがとう!
パンズの人のプロデュース知ってたけどakkyちゃんはもう観たのね♪
楽しみに待ってます

ソウソウ。これ、オチはあの人アヤしいからわかるけど
まさかあれを~?っていうちょっと納得いかない部分も大きいかも?ね。
つまらなくはなかったし、ソウであたったから頑張ってる感じ、、、良しとします(笑)
mig
マイマイちゃん☆
あはは、この手の、といってもソウ作った本人たちの新作だからね~(笑)
そうなのね、2以降観てないのか~
是非観てほしいなー☆

この映画は痛さとかはなくてぜんぜんソウとは違うの
純粋なB級ホラーです
mig
ゆかりんちゃん☆
ま、ラストだけ作り似てただけでパロディじゃないんだケドね。
ゆかりんちゃんはすきソウだから是非観て意見ききたいゾウ(あれ?)

yue
やっぱり。。。
migは普通だったでしょ~。
まあ、でもドキドキ感もあったしいいよね~
ってだいぶ内容もう忘れた。。。

sex and the city 秋まで待ちきれないなー!!
チラシも黒xピンクでかわいい☆
NANA☆
ソウ、好きなのでこれも観たいです
でも違う感じ?ホラーなんですよね。
期待しすぎないように観ますね
akky
http://missmisery.blog51.fc2.com/
あっmigさん!もうご存じかも知れませんがThe Orphanageっていうホラー映画、パンズラビリンスの監督がプロデュースしているんですがかなりおすすめです!!今年見た映画でいまのところ上位に入っています。ぜひぜひ日本公開してほしいです。
akky
sawがすごかっただけに(続編作りすぎだけど・・・)やっぱりそっち系を期待しちゃいますよねー私は騙されましたがオチ結構わかっちゃう人もいそうですし。
あの人形のアップになるたびになんか起きるんじゃないかってびびりながら見てましたけどね笑
マイマイ
http://ameblo.jp/my-mai-room/
「SAW」以降、この手の映画多いですよね。
「SAW1」はとりあえず見ることができたんだけど、それ以降はあまりに痛々しすぎて見れません><
この映画はそういう描写は少ないのかなあ?
見たいと思っても、近くの映画館では上映しないようなので、見に行けなさそうなのですが、
怖いくせに見たいという性格で。。。この映画も見てみたいです^^;
でも一人では無理><
ゆかりん
こんにちは☆
http://yukarin.livedoor.biz/
うーん、SAW以上のものはなかなか難しいですね。
でもこういうのは結構好きなので観たいです。たとえパロディでも(笑)
しかしこちらでは無理ソウなのでDVDになりソウです^^;
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「劇場&試写★6以上」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事