我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

路上のソリスト/ The Soloist

2009-04-25 14:42:00 | 劇場&試写★6以上
ランキングクリックしてね
←please click



つぐない』のジョー・ライト監督最新作。
ロバート・ダウニーJr×ジェイミー・フォックス、演技派二人の共演が見どころ!


5月公開。先日試写で観てきました~。


L.A.タイムズの有名コラムニスト、スティーヴ・ロペスが書いた実話の映画化。
そのコラムニストを、近年もっともノってる俳優の一人、ロバート・ダウニーJrが演じる。




病気を患いながらも、好きな音楽を諦めずにまっとうするチェリスト、ナサニエルにジェイミー・フォックス。



キャサリン・キーナーがロバート・ダウニーJrの元妻。
今年「マルコヴィッチの穴」観直したばかりだから老けたように感じたけどやっぱりいいな。
出演シーンはそんなにないながら、安心できる役目果たしてました




脚本は『エリン・ブロコヴィッチ』でアカデミー賞ノミネートのスザンナ・グラント。



先に書いた通り、二人のやりとりが終始軸になっていて
出てくる人物も少なめ、 二人のコミュニケーションに全てかかってる。
天才チェリストだった男が路上で演奏するようになり、出会うべくして
有名コラムニストと出会う。
はじめ打ち解けなかった彼が、次第に友情を築いていき、理解していくようになる、、、。
というよなお決まりな?お決まりな話ではあるかナ。



もともとこの監督の前作「つぐない」が気に入ったので今回も良さそうだなって
ちょっと期待しちゃったロバートさんも出てたし♪


2004年、「Ray/レイ」でオスカー受賞したジェイミー・フォックスがまたも楽器に傾倒している役柄。
今回、はじめ勝手に目が見えない役なのかと勘違い。精神的なところで障害のある役がらでした。
名門ジュリアード音楽院の学生という設定も、事実ジェイミー・フォックスはここの卒業生らしく、
チェロを弾く姿もリアリティがある。

毎度おかしな格好をしてるのが笑うに笑えないのだけど。

ナサニエルがパニックし一方的に激怒、二人の友情に亀裂が入るシーンは、かなりの迫力でさすが!
それに対してロバートさんもダテじゃない、世界が違う二人のハーモニ―、
コンビネーションが素晴らしかった

記事を書くためという目的だけではなく、心から彼を救ってあげたいと
見返りなしに全力を注ごうとする姿が素晴らしい。
才能を埋もれさせないべくして、全く知らない他人をこんなに支援するなんて
なかなか簡単にできることじゃないと思う。


コラムニストであるスティーヴは、彼に協力して一緒にいることでまた
自分にとってなにか充実したものを得ていたように感じた。

映画としての面白さというより、強く印象に残ったのはそういう部分かな、
あとはあまり言いたいことない(笑)

あ。、それと特筆すべきはやっぱり音楽!
ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」、9番などが効果的に劇中流れるほか、
前半はボブ・ディランかな?かかったりと全体的にいい感じ。
音楽は名門、ロサンゼルス・フィルハーモニーが演奏



映画の最後でもちょっとだけ触れてるけど、
実際、LAでは路上で暮らす人がかなり増えていて、近年話題になっている。

路上生活者の声に耳を傾ける事から出発したロサンゼルスの支援団体は、
移動式テントを無料で配るプロジェクトを進めている。
「市民としての誇りを取り戻し、ホームレスの状態から抜け出す第一歩にしてほしい」との願いを込めて既に60台を出したと言う。

この団体は「エブリワン・ディザーブズ・ア・ルーフ(EDAR=誰にでも屋根の下で暮らす資格はある、の意味)」で、
設立したのはコメディ映画「ナーズの復讐」シリーズなどで知られる映画監督のピーター・サミュエルソン氏。

「恵まれない人々をいかに手助けできるか、文明社会の価値はそこにある」と語る同氏は、もともと貧しい子どもたちへの支援活動に熱心に取り組んでいたが、
数年前、ロサンゼルス市内から近郊のサンタモニカまでサイクリングに出かけた際に、路上生活者の多さに驚き
出会った60人余りに声をかけ、話を聞いてみると
彼らの望む事のうち「屋根がほしい」との声が特に目立つことが分かったことから
実現させたそう。

こういった問題にも目を向けた興味深い実話作品でした、、、、

6/10





.A.タイムズのコラムニスト、スティーヴは仕事に追われ結婚生活は破綻、半自暴自棄になりかけていた。
ある日、路上で澄んだヴァイオリンの音色を耳にする。
それが、無心に2弦のヴァイオリンを奏でるナサニエルとの出会いだった。
こんなにも美しい音楽を奏でる音楽家がなぜ路上で暮らしているのか…? 
そんな彼についての記事を書くために、スティーヴは取材を重ねていく。
そして、ナサニエルの人生を知っていく―。



 公式サイト
The Soloist    2009年   イギリス=アメリカ=フランス   117min
5月30日より、ロードショー   


ロバート・ダウニーJr.  現在単館シアターにて公開中の「チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室」が公開中!
結構ロバートさん出てるみたいなので、ファンの方はお見逃しなく!
(とかいってわたし観てないケド、、、)




早い人はもうGW突入 皆さま、楽しい週末を~




いつも応援クリックしてくれてる方、ありがとう
ランキングクリックしてね
←please click

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリス・ヒルトン観察日記☆久... | TOP | バンコック・デンジャラス /B... »

30 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
うわ~ (KLY)
2009-04-26 02:00:37
こんばんはmigさん♪

この作品ロバートの出演作ということで観ようって
今から決めてるんです。だからまだ実はレビューは
読んでなかったり。^^;

★だけ見たので6つってことはまあまあなのかな?
公開されて観たらまた改めて読ませてもらいますねん。^^
きゃ~~きゃ~~(笑) (ひろちゃん)
2009-04-26 11:44:36
migさん、こんにちは^^
もう、ご覧になったんですね(^^ゞいいなあ・・・
私は、やっと予告編が観れて、きゃ~~と思ったの
ですが(笑)
鑑賞前ですので、感想はさら~~っと読ませて
頂きました。絶賛ではないようですが、★が
6つなので、まずまずと思ってます♪
予告編から、ロバートに萌え~な私です(笑)
映画を鑑賞しましたら、またお邪魔させて
頂きますね(^_-)-☆
★KLYさん★ (mig)
2009-04-26 13:38:47
こんにちは♪

深夜の訪問いつもありがとうです

あれ?KLYさんもロバートお好きでしたか!
ハイ、ねたばらしはほとんどしてませんが
是非、観られたら感想待ってまーす♪
★ひろちゃん★ (mig)
2009-04-26 13:40:53
こんにちは♪

今や、ロバートみるときは=ひろちゃん思い出します
ロバート、いい人でカッコよかったですよ!
それだけでもう観る価値ありです♪

わたしはそれほど感動とかはなかったけど、
ひろちゃんならきっともっと高得点になりそうな予感
感想待ってますー♪
見たい!! (きゃんでぃー)
2009-04-27 11:54:14
migた~ん
めちゃお久しぶりでございます。
先週、お引っ越しをしまして、ちょっとバタバタと
しておりました。
映画のレビューも、ぜんぜん進まず、、です。

この映画は コチラでもテレビコマーシャルで
よく宣伝されているよ
ダウニーさんとジェイミーフォックスっていう
組み合わせがオモシロそうだし、ベタなストーリーも良いかも
出来れば映画館で見たいと思っています。
音楽が良い映画って、いいよね~~

見たらまた、感想を書きにくるね~
★きゃんでぃーさん★ (mig)
2009-04-28 21:59:39
お久しぶり~!
お元気だった?!引っ越ししたのね!
あとで蕎麦を持ってお伺いするわ

きゃんでぃーさんがコレ観たいってちょっと意外な気もしたけど
そうか~、そちらでも今やってるのね!
今回は日本と同時公開か★
そういえば「ウォッチメン」の感想きゃんでぃーさんの待ってたけど
書いてないのねー(笑)

はーい、レビューお待ちしています♪
Unknown (アヤ)
2009-05-04 09:28:23
こんばんは。早いですねー!結局今週もチャンスを逃しちゃいました。中々良かったようですねー。ロバート・ダウニーJRが大好きなので凄く観たいです!演技派2人のやり取りがミドコロのようですね。
★アヤさん★ (mig)
2009-05-05 21:24:25
こんばんは♪

あ、そちらでは今上映してるんですよね?!
アヤさんはアメリカだったかな?
ロバートお好きだったらきっと楽しめるハズなので、感想待ってますね♪
コメントありがとう
あたしも (miyu)
2009-05-30 18:24:12
ちょっとあんまり書くことがなくって困っちゃった~(;・∀・)
でも、映画としては良かった。良質な作品ですよね。
主演の2人の演技はもちろん心配してなかったけど、
やっぱり2人の掛け合いというか、ぶつかり合いはサスガ!
見応えありましたね~!
上映館数が少なめだけど、この2人の実話なら間違いないだろう!
とちょっぴり期待しすぎちゃったかも。
しかも、すごく感動的なお話なのかと勝手に思ってたので、
まぁまぁって感じになっちゃったけど、
映画としてはすごく良かったですよね!
特にロバート演じるコラムニストの心境は
かなり胸にぐっと来るものがあったなぁ~。
「神様」だとか「愛してる」なんてジェイミーに言われたら
そらヒクよね~(´▽`*)アハハ
☆miyuさん★ (mig)
2009-05-31 14:03:41



そうそう、感動系みたいに宣伝してるから
きばって観ちゃうとそうでもない、みたいなところあるけど
やっぱりうまい二人の競演、楽しめた感じ♪

ジェイミーはやっぱりさすが!って演技をみせつけてたけどロバートさんも良かったネ★

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上