見出し画像

我想一個人映画美的女人blog

戦場でワルツを / VALS IM BASHIR/WALTZ WITH BASHIR

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ランキングクリックしてね
←please click




今年のアカデミー賞外国語映画賞で受賞した「おくりびと」の対抗馬で本命と思われていた作品


1982年にレバノン・ベイルートの難民キャンプで起きた、
キリスト教徒軍によるパレスチナ難民の大虐殺を描いたドキュメンタリー・アニメーション。

アリ・フォルマン監督が自身の実体験に基づいて4年の歳月をかけ、悲劇の真相を伝える。

カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品、アカデミー賞外国語映画賞ノミネートほか、多くの賞を受賞。

←監督、19歳の頃。

これは、ドキュメンタリーアニメーションという画期的な手法によって生まれた新たな戦争映画。

曖昧な記憶を映像化するのに、アニメーションを用いてみせたアイディアが素晴らしい。


アニメーションに詳しい人間ではないので詳しいことは知らないけど、
ヴィジュアル面でみた先行イメージは好きな監督の一人、リチャード・リンクレイタ−監督の映画
キアヌ・リーブスやイーサン・ホークが演じた、人間を使ったアニメーション作品
「ウェイキング・ライフ」や「スキャナー・ダークリー」のイメージとちょっとかぶる。


重く、辛い現実に起こった悲惨な事件を、リアルなアニメーションと美しい音楽が緩和するーーー

タイトルにもなっているシーン
銃を乱射する兵士、、、、ショパンのワルツの中でまるで踊るように...

だけどここはクライマックスシーンではない。





2006年冬、友人のボアズがアリに対して、毎夜26頭の犬に追いかけられる悪夢に悩まされていると打ち明けた。
ボアズは、それがレバノン侵攻の後遺症だという。
アリは気づく。自分には19歳で従軍したはずの戦争当時の記憶がまったくないことを……。
記憶から失われた過去を取り戻すために、アリは世界中に散らばる戦友たちに会いにいく、、、







唯一の記憶は、照明弾が光る夜、ベイルートの海に全裸で漂っている光景、、、、


この作品、かなり淡々と進むため、朝早くからの上映と睡眠不足もあって少しうとうとしかけたところも、、、。

人は残酷な体験や忘れたい過去を、記憶の奥にしまい込んで封印してしまうことがあるという。
ぽっかり空いてしまっているその記憶の空洞を、自ら呼び起こして向き合って出来た本作。

ラストシーンで、ここまでアニメーションで見せてきた意味が理解できた。

突然、現実を突きつけられた

何も罪もない人々、子供までもが大量に命を奪われた、
その真実は永遠に消えない。
戦争ということ以外でも、被害者、加害者という両者が存在する、醜い争い。
それぞれが、感じる映画。


ドキュメンタリー映画として初めてアニメーションでここまで描いた作品として、
評価に値するべき映画だと思う




6/10


監督は反戦映画にみせかけて、実は戦争へのロマンを煽るような作品がハリウッド映画には多い、と語る。

以下、アリ監督のインタビュー

「最悪なのは『プラトーン』(笑)。それから『ディア・ハンター』。
米兵が犠牲者で、ベトコンは趣味の悪い暴力的な人々としてだけ描かれています。敵のひどさばかりが強調されているため、
米兵がそこで何をしているのかについては疑問を持たないように描かれている、極めてファシスト的な作品です。
たとえば16歳くらいの少年が見たとしたら、兵士が格好いいものだと思ってしまうかもしれません。
一方『地獄の黙示録』は、戦争の暗部、悲惨さがよく描かれています。
『フルメタル・ジャケット』も、戦争の真実に迫った作品だと思います」




公式サイト
VALS IM BASHIR/WALTZ WITH BASHIR    
2008年   イスラエル=ドイツ=フランス=アメリカ合作 イスラエル映画    90min
11月28日より公開中~




無料動画サイトに負けたくない
ランキングクリックしてね
←please click







コメント一覧

えい
現実の前に…
http://blog.goo.ne.jp/du-rhum
こんばんは。

ぼくも観ながら、リンクレイターのアニメを思い出していました。
でも、そういう映画の記憶に浸る自分を打ち消してしまうかのようなあのラスト。
いっぺんに眠気(正直、リンクレイターと同じで、少し抽象的すぎて…)が吹っ飛びました。
『プラトーン』『ディア・ハンター』に対する監督の意見は、
なるほどとうなずくところもあります。
だから、デ・パルマはあえて
『カジュアリティーズ』を作ったのかもと、
いま気づかされました。
KLY
おっとっと
http://sorette.cocolog-nifty.com/blog/
こんばんは~^^
評価だけみたところ割と普通なんだ~。
今日は「理想の彼氏」と「ニュームーン」の恋愛2本立てだったんで、これは明日いこうかな~って思ってます。^^
「おくりびと」と争った作品、というかむしろこっちが本命でしたよね。アニメだったから獲れなかったと評判ですけど。
さてさて、韓流シネフェスもあるんでスケジューリングが大変です。(笑)
風情♪
こんにちは♪

強烈にガツンと来たかと思えば、何か首を傾げたくなる
ところも多々ある、パレスチナ問題同様に難しく思えた
作品でした。
アニメであったことで途中までの戦闘シーンも観易く、
抽象的なシーンもイイ感じになっていたし、何よりもラ
ストのシーンの衝撃を増幅してましたよね♪
(゜▽゜)v
タケナカ
お誕生日おめでとうございます!
いい肉の日でしたよね(^-^)覚えてしまいましたよ☆

この作品、注目作ですね、DVD化されたら観ようと思います!
mig
☆えいさん☆
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
おはようございます♪

リンクレイターの作品、やっぱりえいさんも思い出しましたか★
そういえなわたしもあの2作とも眠気誘われたんだったな、、、、えへへ

ラストはやっぱりそれまでイラストレーションでみせてきた効果というか、ありましたよね~!
この監督が戦争映画に対して思うところ、納得できるものがありますね。
mig
☆KLYさん☆
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
おはようございます♪

昨日、観られたのかな??
淡々としてるから途中でだんだん眠くなってきちゃうんだけど
みせ方が新しいですよね、
実体験のドキュメンタリーをアニメーション化とは。

チョイスとして恋愛ものにこれ加えずに正解ですね☆
mig
★風情♪さん★
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
おはようございます♪

アニメだと緩和されて、しかも音楽も良かったので、特殊な映画に思えますよね~
ワルツの中乱射する戦士なんて。
戦争は美しくなんてなく残酷なものだけど
。。。
mig
★タケナカさん★
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
おはようございます♪

あら!覚えててくれたんですね
ありがとうございます
ステーキがっつり食べました(笑)

DVDでもいいですのでぜひみてみて下さいね~★
yukarin
http://yukarin.livedoor.biz/
テレビで紹介されていてちょっと気になるんですが、たぶんこちらではDVD待ちになっちゃうと思います。
内容が内容なだけにアニメで良かったのかもしれませんね。
とく
みた。
んだが、あんまし、わしには、つたわってこんかったな。何がと言われてもわからん。感想もないかな。わし向きでなかったのかな?ま、そういう事で。しかし、劇場に電話したが、初日一回もまんせきにならないって。わしん時もガラガラでした。結構、混んでるかと思ったのにな。あ、ブログランキングのクリック、上になってました。ありがとでやんす!てか、ずんどこスクロールしたら、「カール~」やばっ!あぶな~い!あ、質問。migさんは、ブログやってるから、ツイッターとか飛ばしてるんすか?よくわからんです。わしは最近カイプはまってます。
mig
★yukarinちゃん★
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
こちらにもありがとう♪
あ、これDVDでも十分だと思うヨ
わたしもむしろ劇場にわざわざいかなくてもよかったかなとは思っちゃった、、、、
mig
★とくさん★
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
こんばんは♪
んー、とくさんの意見わかるなー、
実際に観たブロガーさんのレビュー読ませて貰ったら
誉めてるのはやっぱりあちらの評論家たちだもん。
いろいろ賞はもらってるしダメな映画ではもちろんないけど
戦争映画、残酷さを訴える映画はこれまでもたくさんあるし、、、
みせ方に評価したいですよ~。
ウトウトしたりもしたけどネ(笑)

こちらこそクリックしてもらってるの感謝です

あ、スカイプは前にとくさんに意味分からんッて言われたよね、出来たのね★
わたしは2年以上続けてますよ~♪
最高に便利
ついったーはgooでも表示されるようになって登録はしたけど面倒くさいのでやりません(笑)
KLY
うーん
http://sorette.cocolog-nifty.com/blog/
ようやく観て来ました。昨日観ようとおもったんだけど、一日シネマート六本木に缶詰になってました。(笑)

で、作品。とくさんじゃないけど、私もダメだぁ。正直何も伝わってこなかったです。
監督の記憶を再現するドキュメンタリーの手法としてアニメーションを用いた点は確かに、migさんの言うとおり評価できると思うんです。
でもただそれだけかなぁ。
色んな表現方法はあって良いと思うんだけど、この作品がアニメであるということを除いたらそんなに素晴らしい演出だったり表現だったりとは思えないんですよね…。
少なくとも私には戦争モノ「縞模様のパジャマの少年」の方がはるかに衝撃的だったです。
mig
★KLYさん
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
あ、わかりますよ~

わたしも途中はうとうとしちゃたもん。
面白かったらウトウトにはなりませんからねー
といいつつ試みにプラスしてオススメレベルの6にしちゃったの
甘かったかも。

トワイライト続編も同じくうとうとする感じで(とくに前半)
わたしはあんまりでした~

あとでKLYさんとこもお邪魔しますー
BC
対比。
http://blog.goo.ne.jp/blue_city/e/0ba0fb4e7d3613b1a57971d208cbba49
migさん、こんばんは。

会社帰りに観に行ったからか
私も前半は少しウトウトしてしまいました。。。

アニメだと映像的には凄惨さが抑えられていただけに
ラストで突然、実写に切り替わり現地の映像が映し出され
アニメと対比させるような手法は
映画としては印象づけられるものがありました。
mig
★BCさん★
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
こんばんは♪

あはは、わたしも朝一だったのもあって
淡々としてるからヤバかったです

そうなんですよね、そこの手法が斬新かなとは思いました~。
でも★6はちょっとオマケすぎたかな?
ノラネコ
なるほど
反戦に見せかけて戦争のロマンを語る、なるほど。
「地獄の黙示録」と「フルメタル・ジャケット」とこの作品は確かに心象風景という点で通じるものがありますね。
「シン・レッド・ライン」もこの系譜かな。
比べるものの無い独創の映画ですけど、色々と考えさせる作品でした。
大変な力作ですが、こっちではなく「おくりびと」がオスカーをとった理由もなんとなくわかりました。
mig
☆ノラネコさん☆
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
こんにちは★

ハリウッドの娯楽的映画を否定するのはどうかとも思うけど、
確かに言ってることはわかりますよね、

シンレッドライン、いい映画ですよね。
おくりびと。
そうですねー、わたしはそこまでいいとは思わなかったんだけど、
こちらに比べたら取るのもなんとなくわかる気がします。
にゃむばなな
本当の意味での反戦
http://blog.livedoor.jp/acideigakan/
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

この映画こそが本当の意味での反戦映画だと思いましたよ。
ラストの実写映像には言葉を失いました。
mig
☆にゃむばななさん
あけましておめでとうございます★

こちらこそ、ことしもよろしくです♪

うーん、そうですね、ラストの為にそれまでをアニメーションにしたんだろうなという意図が伝わりました。
オリーブリー
ごめん、ごめん!
http://jdyk060911.blog93.fc2.com/
migさ~ん、おっちょこでした(爆)
一つ削除しておいてくださいませ~お手数掛けます!

私も合わない方でした。
途中までは真剣に見入っちゃったんだけど、段々と現実と幻想のラインが解らなくなって…眠気が(苦笑)

新年早々、次々と落ち着けないことばかりぃ~昨日から娘が熱出して、今日は休ませて病院とか予定が狂ってしまった(苦笑)
明日は何としても劇場へ行きたい!!(笑)
スヤスヤ伍一
伴奏は戦場のピアニスト
http://sga851.cocolog-izu.com
migさん、こんにちは

正直この作品の全てを理解できたわけじゃありませんけど、実際に悲惨なものを見てきて、逃げずにもう一度向き直ろうとした監督の思いを、素直に受け止めたいと思いました

監督の言葉、やはり実際に戦争を体験してきた人は、言うことが違いますね。まあオリバー・ストーンも一応ベトナム戦争に行ってるんですけど
アリ監督! そこでくさすべきはむしろ『ランボー』とかだと思います! ランボー好きでも嫌いでもないけど!
mig
★オリーブリーさん
こんばんは♪

あ、ごめんなさいね!いいんですよ~
一応お知らせはしたけど
TBの二重なんて気になさらずに、、、


眠気がくるのは分かるなぁ
わたしも朝から観たし、なんだか、、、、って感じで。

娘さんが熱!?
なのに今日は映画? 笑

見れましたか??
わたしは今日試写で1本観て来たので週末upしまーす★

娘さんお大事に、、、!
mig
★スヤスヤ伍一さん
スヤスヤ伍一に今回は笑ったー

うん、確かに戦争を体験した人が訴えるのはすごみがある、、、、

そっか、オリバーストーンもか、、、。
ランボーね、1本も観てないんだ~(笑)


de-nory
ドキュメンタリーをアニメで?
http://blog.goo.ne.jp/de-nory/
migさん。こちらにもありがとう!

観るべき作品であったと思います。
戦争のことをしっかりと考えられる作品であるとおもいます。
しかし、なんだか伝わってこなかった部分もありでした。
私にとっては、ドキュメンタリーをアニメで。
という所からどうも…?
mig
☆de-noryさん
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
こんばんは♪

沢山コメントありがとうございました。

そうですね、ほんと。
わたしも観るべきとは思うケド正直DVDでも良かったなぁって思ったくらいちょっととろーっとしてしまいました、朝早くみたせいもあるし^^;
latifa
こんにちはー
migさん、こんにちは。
気がついてみれば、もう11月。
今年の総まとめベストテンも、そろそろ考えよう~と思いはじめた今日このごろ(気が早い?)
とりあえず、夏に見たのに感想アップしてないメジャーな作品をアップしておこう・・と追って、今更ですが・・(^^ゞ

これ、この映画を劇場に見に行くか、否か・・って悩んでいた時、migさんちの感想を参考にさせてもらって、いいや~レンタルで。って決断したの。
大正解。
映画館に行かなくても家で見るのでちょうど良かったかな・・・って思ってます。
いや、決して、面白くなかったわけじゃ無いんだけどね・・・。
mig
☆latifaさん
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
こんばんは☆

イヤですね~もうすぐ紅白発表とかボジョレー解禁!とか言っちゃうんですよ!(笑)

え?もうベスト10?!
いやいや12月にはいい映画沢山くるのでまだまだですよ~☆

そうなんですよね、評価されてても実際にはそんなに面白くないっていうのもいくつかありますしね!
わたしのレビュー参考にして下さって嬉しいです♪
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の「劇場&試写★6以上」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事