我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

ノクターナル・アニマルズ/NOCTURNAL ANIMALS

2017-11-12 01:29:30 | 劇場&試写★6以上

 

世界的に有名なカリスマ(死語?)デザイナー、トム・フォード。

映画監督デビュー作「シングルマンで高い評価を受けた彼の待望の監督第二作。

オースティン・ライトのベストセラー・ミステリーを映画化したミステリーサスペンス。

 

 

20年前に別れた夫から突然小説が送られてきた

その衝撃的な内容に惹きつけられていくヒロインの不安と葛藤を、

過去と現在に加え劇中小説の物語も巧みに織り交ぜながら進行するミステリー。

 

名優揃い

 

原題の「ノクターナルアニマルズ」とは夜の獣たちというふうに訳(意味)されるけれど夜行性動物の意味。

スーザンは不眠症でもあるから、スーザンのことも重ねている。

 

アートディーラーとして成功したスーザンにエイミー・アダムス。

 

元夫、トニー、小説ではエドワード。ジェイク・ギレンホール。

ジェイク出演作、ハズレなし!記録更新中。

 

小説の中の田舎の警察官、ボビーにマイケル・シャノン。

目力男、マイケルシャノンもいいよ〜

寿命後わずかでこんなにも人に貢献!

 

小説の中の男。アーロン・テイラー=ジョンソン。

しかしアーロンはほんと、カッコイイけどこういうやさぐれた凶悪犯もうまい。

キックアス」でのダメダメやわ男だった彼はその後様々な映画で大活躍。

本作ではゴールデングローブ賞で助演男優賞を見事受賞 

主演のジェイクに負けないほどの素晴らしい演技力を見せつける

そして衝撃の?こんな姿まで。

 

 

現在のスーザンの、浮気性の夫にこれまたイケメン、アーミー・ハマー。

このメンツはもう、監督トム・フォードの好みと言ってもいいでしょうか?

 

 

小説の中のエドワードの妻に、アイラ・フィッシャー。

常々、エイミー・アダムスとそっくりだよなーって思ってたらこんなとこでかぶせてきた 笑

やはり似ているという認識されているようで。

 

スーザンの嫌う、ブルジョアな母親にローラ・リニー。

 

他にマイケル・シーンなど。

 

アート・ディーラーとして成功を収めながらも夫との結婚生活は冷え切り、満たされない日々を送るスーザン。ある日そんな彼女のもとに、20年前に離婚した元夫エドワードから彼の著作『夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)』が送られてくる。作品が彼女に捧げられていることに困惑しつつも、早速読み始めたスーザン。そこに綴られていたのは、車で移動中の家族が暴漢グループの襲撃に遭い、妻と娘が殺され、夫は刑事と共に犯人たちを追い詰めていくという壮絶な復讐の物語だった。そのあまりに暴力的な内容と完成度の高さに衝撃を受けながらも、これを彼女に捧げたエドワードの意図をはかりかねるスーザンだったが…。

 

それは、愛なのか、復讐なのか。それとも。

 

 

8/10(89点)

 

 

いやーオープニングも結構強烈だけど、もうこのラストが素晴らしい

トム・フォードのセンスの良さは今更褒めるのもなんだけど

もともとの小説がいいのもわかるけど、細部の演出から映像のセンス全てにいたるところが素晴らしい。

 

その監督の手腕はさておき、

愛する人から一方的に手ひどく受けた仕打ち。

それは、深く男の心に突き刺さり、癒されることなく積もっていった。

月日が経ち、小説としてその感情は生まれ変わり、 「for susan」スーザンへと贈られた。

数年前に振った男からの小説を読むたびに、心に痛みを覚え簡単には読み進めることができないながらも

その小説の世界に引き込まれていくスーザン。

男の彼女への試しが始まる。

 

あの時の「大切なものは、手放してはならない」の言葉。

 

 

 

小説の中で、彼は奪われた。大事な妻と娘を。

止めることができなかった自分を悔やみ、そして傷つけたものを憎んだ。そこで一旦自分は死んだんだ。

 

君にわかるだろうか。この苦しみが。大切なものが失われるこの苦しみが。

愛する人に否定されるこの思いが。

 

現実のトニーが小説を書くシーンは一切出て来ないばかりか、

トニーはスーザンと付き合っているシーンでしか登場しない。

 

「それ」が完結するとき。

スーザンは、自らが毛嫌いしていた母親とそっくりになっていたことに気づくのだろうか??

 

素晴らしい小説を書いたトニーにメールをしたスーザンは、

うだつのあがらない小説家を目指していたあの頃のトニーを捨てておきながら、

再開して何かがまた始まることを期待している。

胸が大きく開いた大胆なドレスを着て、真っ赤な口紅を一旦は引き、軽く拭ってからレストランへ向かったその先。

愚かな自分に気付きもしない彼女。

いくら待ってもトニーは来なかった。

 

愛するからこその憎しみでもあり、

それゆえ、試してみたかった。彼女が数年経ってもなお、やはり変わってしまっていたのかを。

 

ミステリアスに進行する小説の中で起こっている出来事の映像と、

現在のリンクがうまくできていてぐいぐい引っ張られていく。

トムフォード自身の絵画のコレクションや、実際の作家の作品を印象深く映しながら

エンディングに至るまでの流れが素晴らしい。

見終えてからの重みと、考えると色々深くまで様々な見解で語り合うこともできるし

またみたらもっと理解できるのかもという面白さ。

ちょっとそこがリンチ(リンチの映画)っぽいのかも。わたしはこの作品かなり気に入ったな。

 

都内でもミニシアター系でのみの上映で、地方によってはやっていないらしいのは本当もったいない。

上映あるところにお住まいであれば是非劇場でお見逃しなく

 

 

 

銃を持った人の対極に笑ってこっちを見ている人が。 そして煙が立っていて既に撃たれた後らしき。

すごいインパクト。

 

 公式サイト

NOCTURNAL ANIMALS         2016年      アメリカ     116min

11月3日より、公開中〜

 

 

 

NYプレミアにて。 いい男揃い。

この二人ほんとそっくり。⇧ ⇧ ⇧

これだもん。

小説の中での娘役の子とアイラ・フィッシャーもちゃんと似た感じ。

前から言おうと思ってたけどトム・フォードはライアン・レイノルズにちょい似てるよね。

 

 マイケルシャノン、なぜか半ズボン。

 

 トムフォード監督、次回作も期待です

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (6)   この記事についてブログを書く
« ジグソウ ソウ・レガシー/JIGSAW | TOP | IT/イット “それ”が見えたら... »

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
トム・フォード (ノラネコ)
2017-11-13 21:27:36
まあデザイナーだから当たり前といえば当たり前だけど、ビジュアルのセンスが抜群に良いです。
ただ単に綺麗なだけじゃなく、猥雑さも含めて全ての画に意図がちゃんと感じられるんですよね。
この才能は本物だと思います。
天に二物も三物も与えられちゃったのは羨ましい。
ノラネコさん⭐️ (mig)
2017-11-14 00:07:04
こんばんは〜
素晴らしいですよね。
映画監督としての力量とセンスまである。
次の監督作も楽しみです。
これすごく好きなタイプの作品です。
観たい!! (トキノ)
2017-11-15 12:20:59
こんにちは。

migさんのレビュー読んで、ますます観たくなりました!!
なのに、広島での上映開始は2月。
今のところ日本で一番遅い(-"-)
上映してくれるだけマシ、と思って首を長くして待ちます(笑)

それから、ツイをフォローして下さってありがとうございました。
あちらでもヨロシクお願いします。
トキノさん⭐️ (mig)
2017-11-16 20:12:52
こんばんは〜
嬉しいです!
あ、ツイッターのNaoさんがトキノさんだったんですね!
いつもありがとうございます。
広島なんですね〜
広島といえば、たまこちゃんとコックボー
弟があの天気予報の謎のキャラの映画化してますので是非お時間あればDVDででも!
広島ご当地モノいくつか出てきます 笑
後味が (ボー)
2017-11-19 09:21:38
あまりよろしくないのは好みではないけど、おもしろく観られました! (…矛盾してる?)
ボーさん☆ (mig)
2017-11-19 22:51:18
あっ確かに後味よくないですよねー
あ、だからわたし好みなんだ 笑

ハッピーエンドよりある意味リアルで面白いんですよー後味悪くても 笑

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上

Similar Entries