我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

ウルヴァリン:SAMURAI/THE WOLVERINE(3D字幕)

2013-09-14 23:51:08 | 劇場&試写★5

 

 

 

ぜったい2Dでふつうに観たかったのに、有楽町も渋谷も3Dでしかやってないので

仕方なく、、、、3D鑑賞 

 

これ、まったく3Dの意味ないからカネカエセ!

 

大好きなX-Menシリーズのスピンオフ。

前作「ウルヴァリン ZERO」(2009年)の続編かと思いきやそうではなく…

その時のレビューで書いてた、次は日本が舞台になるかも、って言ってたのが現実に

      
ウルヴァリンに関してはファンの間では有名らしいけど日本との関係が色々とあるキャラ。
日本語はペラペラ、ニホン通!
マリコ・ヤシダという日本人女性と侍の格好で結婚式を挙げていた。
しかもマリコ・ヤシダは日本最大のヤクザ組織ヤシダ一家の娘。その後、政敵の手によってフグ毒で死んでいる。
二人の間にはややグレ気味のアミコという養女が。
柔道は黒帯で、忍者村で5年もの間修行を積んでいた。という設定がある。

 

まさにそんな設定ベース。

※日本語はペラペラじゃなかったけど

 

監督は「3時10分、決断のとき」や、トムとキャメロンの「ナイト&デイ」の

ジェームズ・マンゴールド。

 

相変わらず鍛えてます!ヒュー・ジャックマン as ウルヴァリン(ローガン)

 

過去、戦争時に助けた日本人、矢志田。

カナダに身を潜めていたウルヴァリン。

自身が武器として生み出され、高い治癒能力を持つがゆえに不老不死の体であることにウンザリしていた。

その矢志田は実業家となり病に臥せっており、ウルヴァリンに再会するも間もなく死亡。

 

その息子に、真田広之

 

孫娘にモデルのTAO

観てる時はよく戸田恵理香かと思ってたらTAOだったのね、

こんな顔だったっけー?オーディションで役獲得。

 

ウルヴァリンを守る、雪緒に モデルの福島リラ。

なかなか強くておいしい役

 

この方アメリカ生まれのウィル・ユン・リー、カタコト日本語。

 

今回出てくる唯一のミュータント。

それもセクシー路線だが楳図先生もびっくりのヘビ女

 

時折、ジーン(ファムケ・ヤンセン)がウルヴァリンの側に現れる。

 

 

カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンが、かつて命を救った旧友、大物実業家の矢志田に請われて日本を訪れた。しかし東京での再会後まもなく、病魔に冒された矢志田は死亡。その葬儀に参列したウルヴァリンは、組織に襲われた矢志田の孫娘マリコを救い、逃避行のさなかに恋に落ちる。しかし何者かの罠にはまって治癒能力を失ったウルヴァリンは、心身に凄まじいダメージを負い、初めて“限りある命”を意識することに—。

 

治癒能力を失った、ウルヴァリンの運命は

 

 

 5/10(53点)

 

 

とんでもニッポンな感じはあまりないかなと思って観てたけど

けっこうヘンだった 笑

ヤクザとかいいながら最初に攻撃して来るサングラスの男達、

どうみてもただのチンピラ風。 

マリコの婚約者、エグザイルみたいなあんちゃんは権力ある政治家にどうみてもみえないし

 

エピソードゼロはもうやったけど、過去の話を描いてるので

日本の宣伝通り、エピソードニッポン、としてみるのが良さそう。

脚本としては、案外さらっとしていて 過去に命を救った日本人の孫を助け、

恋仲になり、その妹分には守ってもらい、その父親とは戦うはめになる。

能力を奪われたまま、孫のマリコを助けて結局自分も元に戻れるのか。

っていうか助けてやったのにこんな仕打ちか、じいさんよ!

 

X-Menシリーズは、こんなヤクザやニンジャや日本人やロボットなんかよりも

ミュータント出て来てなんぼでしょ?

そのミュータントが毎回、いろんな能力発揮するから面白いのに、

ウルヴァリン以外には一人しかでてこないなんてー。

雪緒(赤い髪)もミュータントにすればよかったのに。

脱皮よかった 

 

途中だらだらしていて、なかなか展開しないからマリコを守るため敵から逃れるシーンあたり

眠りかけちゃった。

X-Menシリーズ全部好きだけど、これだけはまた観たいと思わないしDVDもいらないなー。

真田さんは格闘シーンはさすがカッコ良かったけど

いつもハリウッド映画出るとあっさり死んじゃう、(LOST他も含め)

 

日本のロケ地巡りして撮っていただけあって、リアルな日本でてくるけど

ニンジャとかいたりちぐはぐで なんじゃこれテイストなのはあいかわらず

ハリウッドが描くニホンってところか。

葬儀シーンが増上寺で撮影、あやしげなコスプレ部屋ホテル、新宿駅、秋葉原のパチンコ店、上野駅経由で新幹線。

その新幹線の屋根上では、ウルヴァリンとヤクザとのバトル。

2人が隠れ家として使うマリコの別荘のシーンは昨年ロケしていた広島県福山市の鞆の浦。

 

 そんなこんなで X-Menのニホン舞台のパロディに、本物のヒューが出演してる

錯覚に陥るけど、長らく終わらないので あ、これ映画か、と気付かせられるという感じ 笑

 

そんなとこもかまわず楽しめちゃう人ならOK

わたしはとにかく、チンピラ風ヤクザもどきやロボット(中身じいさんかょ!)や

弱い日本人との戦いなんかより、

やっぱりミュータントをもっと出して戦わせて欲しいのであった~

ムシを自分の手で取り出すエグいシーンだけ、面白かったな。 笑

 

そうそう、いちばん楽しいのはエンドロール途中のサプライズシーン。

その2年後として、2分くらい流れる。

わりとすぐはじまるので見逃さないよーに!

そして、やっぱりこのシリーズ、順番に全部観てることをおすすめ☆

(じゃないとこのオマケシーンに出てくるあの二人、わけわからなくなっちゃうので

 

 公式サイト 

THE WOLVERINE     2013年    アメリカ   126min

9月13日より、公開中~

 

6/16  ロンドンプレミア

 

 

 

東京プレミア

 

  誰やねん

 

 

ウルヴァリン X-Men Zero

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013したまちコメディ映画祭9... | TOP | 源泉かけ流し、溝口温泉 喜楽... »

26 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2013-09-15 05:29:52
恩を仇で返す…
そんなエピソードでしたね。

真田さん演じるシンゲンがすっかり小者になっていたのが残念です。

エンドロール途中のシーンは、最高の盛り上がりでした。
次作が楽しみです♪
そっか・・・ (マリー)
2013-09-15 09:32:41
こんにちは~~♪
そっかぁ~。migさん的にミュータントが出ないからイマイチだね・・・
あのヘビ女さん、もうちょっと見たかったよね。2回ぐらい脱皮すればよかったのに(笑)

ZEROの時の予言?まんまだったんだ~~。
私的にはマリコとのラブシーンはいらなかったなぁ。
それともこれからの伏線の為?あとからウルヴァリン子供とか登場させるためとか?でも~やっぱいらなかったなぁ。

migさんレビュー、時々めちゃツボるんだけど~
今回は
>エグザイルみたいなあんちゃん
これには大爆笑~。まさにそんなカンジ!!
あと
>脱皮よかった
この一言が~~~ツボ!
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-09-15 09:59:39
真田さんは本当に露払いみたいな扱いでしたね。
悪役も似合う方だけに、もうそろそろラスボス扱いされてほしいですよ。
こんにちは。 (オリーブリー)
2013-09-15 13:56:24
本当に、ミュータントと闘ってなんぼのX-MENですよね。
敵がゾロゾロと多いだけで、小物過ぎて楽しめませんでした。
おまけにロボットですかぁ~(汗)
恩を仇で返すじいさん、日本人失格^^
ついに観たのね! (yue)
2013-09-15 17:26:05
おはよー
期待外れだったかぁ~。
ウルヴァリンというより、これまるっきり日本好きのための映画の
一つだよね。しかもまた真田。
TAOとリラって女の子はゆえ全然知らなかったわ~
ふたりともおいしい役だね☆

でも空手やってから、こういう格闘シーン観るのが
おもしろくなったよ!!
3Dキライなmigたん!!そんなにキライ?!
ゆえは3D好き。日本はいくらくらい値段違うの?
ノルウェーは3Dだと400円up程度かな。
メガネはいつも持参しているよー
映画館また行きたいのに、最近見たい映画だいぶ見尽くしてしまい
あんまりないの~
こんばんは♪ (yukarin)
2013-09-16 00:13:59
なんとか2Dで観られたけど3Dしか観られないとこ多いよね。これは2Dで十分!!

そ、TAOさんて戸田恵理香似だよね。
私だけじゃなかった~。

やっぱりとんでもニッポンだったね^^;
新幹線には笑った。一般人すごい(笑)

それにしてもミュータントがヘビ女だけとはね。
どうせならあのじいさんはロボットじゃなくてミュータント風の力を持てばよかったのに。ガシャガシャして顔が見えた時には引いたわー。
恩を仇で返すとは....ひどい。
都内を超高速で走る新幹線 (クラム)
2013-09-16 05:25:05
みなさんの評判、イマイチのようですね。
コメントにある「日本好きのための映画」という言葉は
かなり的確だなと思ってます。
私はかなり気に入ってしまいました。
これだけ描ければ今の時点では十分でしょうと思ったし、
その上でトンデモ感が残っているところがまたよかったりします。

記事にある写真のPSYはウザいですね。エピソード・ニッポンなのに。
付き合ってるH.ジャックマン、いいひとです。
Unknown (風情♪)
2013-09-16 11:02:49
こんにちは♪

真田広之はむかしから好きだったこともあって応援してる
俳優さんのひとりなんすよ。
それに彼はハリウッドで今以上に活躍できると思ってるだ
けに本作を含めて当て馬的な役柄が多いのがチョイ残念で
ならんところです。

まぁ、ウルヴィーは日本と深い関わりのあるキャラである
のは有名なところだけど、別に今回に限らずここのエピを
映像化する必要もなかったと思えるくらいどうでもイイ話
だったかなぁです…r(^^;)
BROOKさん☆ (migt)
2013-09-17 08:41:37
真田さん、小者でしたね~
このシリーズ好きで
どれも面白かったのに今回ザコなチンピラ風
ヤクザ相手やニンジャ相手で
なんだかなぁ でした 笑
こんにちは (たいむ)
2013-09-17 16:53:04
>X-Menのニホン舞台のパロディに、本物のヒューが出演してる
それだったらどんだけ豪華なの?って絶賛したかもしれないのに(笑)

どうしてもニンジャやサムライを出したいのなら、ミュータントのヤクザくらいにしてほしかったものです。

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★5

Similar Entries