我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

ブラック・クランズマン/BLACKKKLANSMAN

2019-03-28 17:52:46 | 2019年 劇場公開☆6以上

 

 今年のアカデミー賞作品賞にもノミネートされて大注目作品。

韓国映画「オールド・ボーイハリウッドリメイク版がひどい出来だったスパイク・リー最新作は

1970年代にあった驚きの実話を基に、コロラドスプリングス警察署初の黒人刑事となった

ロン・ストールワースと相棒のユダヤ人刑事が、白人至上主義団体KKKに対して行った潜入捜査を映画化


制作に携わったのは、同じく黒人でゲットアウトが評価されアカデミー賞で脚本賞を受賞したジョーダン・ピール。

 

主演のロン・ストールワースを演じたこの方、観たことない顔だなと思ってたらあのデンゼル・ワシントンの息子だって。(右)

ジョン・デヴィッドワシントン。 いつの間にこんな大きな息子が。しかも俳優。 笑

相棒のユダヤ人警部フリップには、メジャー作品からミニシアター系まで出演作続々、近年大注目のアダム・ドライヴァー。

 

一番疑ってかかるメンバーに、フィンランドの俳優、ヤスペル・ベーコネン。

 

KKKのお偉いさんにトファー・グレイス。

 

ところでこの後ろにいる潜入捜査のミーティングの際にいるめが飛び出たオッサン、

なんかブシェミに似てるな〜でも違うなぁと思って見てたんだけど

ブシェミ(スティーヴ)の弟らしい!ことが判明。 弟いたのね!?しかも役者。笑

 

 

KKKのメンバー加入の広告を見ていきなり電話。

饒舌なロンは黒人やユダヤ人に関する猛烈批判をしたことで電話にでた支部長に気に入られ会うことに。

自身は黒人なのでもちろんバレバレになるため、電話ではロンが、実際に会うのは同僚のフリップ警部が担当することになり

極秘捜査が進められていく。

 

 

6/10

 

 

オープニングからなんとわたしの大好きな「風と共に去りぬ」のモノクロのワンシーンからスタート。

その後も、「風と共に去りぬ」でオスカーをとった黒人俳優のことが劇中に出てきたりと当時から「白人至上主義映画」とも

言われていた(アカデミー賞では作品賞受賞)この映画を遠回しに避難している面も。

(わたしは単純に、女性が逆境にも負けずに生きる逞しさと絡めた一人の女の愛と人生として好きな映画だけど)

 

電話での場合と実際会うときとで別人が、っていう設定が面白いけど

ふつーこんなうまいこといかないよーって思うんだけど フリップの存在自体が映画の脚色らしい 

やっぱりねー、流石に。何もかもうまくいきすぎだし。

(なるほど、それでアカデミー賞で脚色賞受賞なのね)

劇中でも言ってたけど、黒人の方って独特な言い回しや発音があるし、

全然似たような声でもない人が実際に会ったら声違うしその時点でバレバレでしょって思いながら観てたし

だけどすんなり騙されてるKKKの奴ら。

 

そして、KKKの中に一人だけ疑り深い奴がいるからこそ面白いんだけど、

新人として入ってきたのに上の人にやたら気に入られてるし、入るときに色々調べないか普通

ユダヤ人じゃないのか?とズバリ指摘されて嘘発見器にかけられるも、ロンが石を窓にぶつけて逃げ、

(古典的 笑)その後の取り調べはうやむやに。

こんなタイミングで石投げてくるんだから仲間がやったとか思わないとこもすごい。

この辺は映画的にも随分とゆるいなー設定って思えちゃう。

だけど、KKKの団員証がなかなか届かずに自ら電話をかけると最高幹部のカリスマ的男が出て、

早めに手配してくれるというエピソードは本当にあったことらしい。

 

スレスレな感じで潜入捜査は進む中、KKKの大集会が行われる。

そこに、ロンは黒人なのにKKKのその集会で最高幹部の警護をするというそんなん、あり得るんかい!

と突っ込みしまくりです。笑

そんな突っ込み入れたくなりながら面白く観られたので中盤からはOK。

 

エンドロール近くでは、抗議デモ隊と衝突になり死者まで出た、2017年8月の

シャーロッツビルラリーという白人至上主義者の集会の映像とそれに対するトランプ(大統領)の声明も出てきて

今のアメリカの現状が映し出される。

それと本編では「風と共に去りぬ」の他にも、KKKを正義の救世主として描き名作と言われる「國民の創世」という映画の上映がなされ

わいわいと黒人たちを殺していくシーンでKKKの白人たちは盛り上がりを見せる。

 

この後半場面で人種差別的な言論を講じる男を演じているのは、

近年トランプのモノマネでもはや有名になっちゃったアレック・ボールドウィンが。

現在のアメリカのトップになってしまったトランプのアメリカ至上主義、黒人差別だけではなくユダヤをはじめとする、とにかくあらゆる「人種」に対する「差別」が、

それ自体がなくなってくるどころか、よりまた偏見や差別社会を生み出している怖さ。

 

スパイク・リー作品の音楽は相変わらず良い選曲がされている。

興味ある方は「グリーンブック」と対でどうぞ

 

1970年代前半のアメリカ。コロラド州のコロラドスプリングス警察署初の黒人刑事となったロン・ストールワースは、過激な白人至上主義の秘密結社KKKのメンバー募集の新聞広告を見つけるや自ら電話を掛け、支部代表相手にまんまと黒人差別主義者の白人男性と思い込ませることに成功する。そしていざ面接の段になると、ロンは同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢を立てる。こうして黒人のロンと白人のフリップがコンビを組み、前代未聞の潜入捜査が開始されるのだった。

 

 

 

 

 

 

公式サイト

BLACKKKLANSMAN    2018年   アメリカ    128min

3月22日より、公開中〜

 

 

 

『映画(お出かけ)』 ジャンルのランキング
Comments (4)   この記事についてブログを書く
« シンプル・フェイバー/A SIMP... | TOP | ダンボ/DUMBO »

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (風情☭)
2019-04-04 13:24:14
こんにちは♪

世の中には事実は小説よりも奇なりの出来事って
ホントにあるもんなんすねぇ~。
この突拍子もない設定を思えばバリバリの痛快ブ
ラックコメディーを期待してしまうのも間違いないと
ころですよね。
その実、かなりシリアスな社会派なドラマでとイイ
意味で裏切られた見応えのある作品でした♪

あの同僚のひとりはブシェミ弟だったんすかッ!
似てるとまで考えがいかなかったものの独特の雰
囲気を漂わせていて気にはなっていたんすよねぇ~。
情報感謝であります♪ (゚▽゚)v
Unknown (yukarin)
2019-04-09 16:54:18
多少の脚色はあってもこれが実話とはびっくり。
うまくいきすぎーと思いつつも映画としては楽しめたのでOK。
ジョン・デヴィッド・ワシントンがデンゼルさんの息子とはそこもびっくり。彼の軽いキャラで楽しめましたわ。
風情♪さん (mig)
2019-04-11 13:08:44
風情さんちょいお久しぶりです、
やっぱり脚色はあるから、二人でやったっていう最大の面白いところは実話ではないところがなんともでしたけどね 笑
そうそう、わたしはブシェミ大好きなのであれー?似てるってずっと見てたけど弟とはね 笑
ブシェミが出てたらもっと美味しい役にしとかないともったいないですしね。
yukarin★ (mig)
2019-04-11 13:10:03
お久しぶりーgooブログも変わっちゃってさらに更新が面倒になってきちゃったよー
うまく行き過ぎだよねー 笑
そうそう、デンゼルの息子っていうのもびっくりだったわー

post a comment

Recent Entries | 2019年 劇場公開☆6以上