我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog14周年迎えました✨

ITイット THE END “それ”が見えたら、終わり。/IT CHAPTER TWO

2019-11-05 16:13:11 | 2019年 劇場公開☆6以上

 

1990年に前後編で映画化されたスティーヴン・キング原作ホラーのリメイクで、

日本でも2年前に大ヒットを記録した「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」の続編にして完結編


先日のノルウェーでもうやっていたので観るつもりが、風邪でシネコン行けなくてがっかりしてたホラーで

まだ先だなぁって思ってたのにもう日本公開の日がやってきた〜。初日の朝イチ鑑賞。


前作から27年後を舞台に、再び現われたたペニーワイズに立ち向かうべく再結集した

大人になった“ルーザーズ・クラブ”の仲間たちを待ち受ける衝撃の運命とは


大人になったキャストに、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン、ビル・ヘイダー、

イザイア・ムスタファ、ジェイ・ライアン、ジェームズ・ランソン、アンディ・ビーン。

そしてペニー・ワイズ(ピエロ)にビル・スカルスガルドが続投。

監督は前編に引き続き「MAMA」のアンディ・ムスキエティ。そういえばこれにもジェシカ・チャステイン出てたわ



こちらの作品、めっちゃ怖いホラーだと思ってる人も多いかもだけど、

実際は、スティーヴン・キングの原作らしい、子供達の友情と青春という部分も強く描かれてる。

1990年のオリジナル版は去年くらいに数年ぶりに見直したけど

やっぱりキングの原作の映画かという中では今ひとつの出来栄えで、前作は日本でも大ヒット

ホラー好きではない人たちまで観ていたからこそのこのヒット。そして確かにオリジナルより

今風アレンジも効いてるし、映像処理が今ならではだから余計に面白く感じられた。


前作の子供時代の子たちも、この後編では少しフラッシュバックシーンで出てくるけど

やっぱり前作を観てからの鑑賞をおすすめ



わたし自身は、ずーっと同窓会というものに憧れてるんだけど

一度もお誘いが来たことがない。学校からとか、友達はグループでつるむ方ではなかったし、

高校は女子校だったしでなんだかきっかけもなく。

男女混合で、ずっと会ってなかった同級生たちと再会するって楽しいだろうな〜って思っちゃう。

この作品を見てても、私たちが見ていた1作目の子供達が、大人のキャストで再集結したのを見るのは

実際に大人になったわけじゃないのに、それはそれは楽しい 笑

そういうのも含めて、この後編の方がわたしは面白かった。

あの子役の大人がこの俳優かぁ、なんて見方で見ちゃう楽しみ。

みんなそこそこ雰囲気似てる人使ってるし。子役の子が希望した人が実際起用されたパターンも多いみたい。




マカヴォイはちょっと違う気がするんだよね

 

というかマカヴォイ出てると今やタムナスさんではなくすっかりX-MENのイメージで

本作でもずっと眉をひそめた顔してるから

走ってるシーンとかXーMEN観てると錯覚しちゃうほどダブっちゃう 笑。


うんまぁ。


わかる。


 当初の予定通り。赤毛だしね。


リッチーはビル・ヘイダー。コメディアン出身俳優だしぴったり。

随分ヒゲ濃く育ったよね。


ん?

ツッコませてください。

痩せたからってイケメンになるとは限らないからね

(オリジナルもそうだし原作通りだけど) 笑。




8/10


面白かったから169分も長く感じず。

上にも書いたけど前作より、さらにオリジナルより面白かったし好き。笑った箇所も2、3シーンあった。

特に中華料理でみんなが27年ぶりに再会するシーン。

特殊映像(なんていうの?特殊効果?)がすごくて漫画?やりすぎ〜って思えるほどのところもあったけど。

この脚本家のホラーは色々観てるけどつまらないのが多いんだけど、

本作も内容が面白いってよりも、このルーザーズクラブの再会と、友情。ラストの方なんてちょっと泣きそうになっちゃったし。

しかし、ホラーとしての怖さは足りない。

ゲジゲジの歯でガブリっとくるところと、ミラーハウスのシーンくらいかな。

そもそも出番は少ないんだよね ペニーワイズ。笑

あ、倒し方については 後編ではまさかの言葉攻め

オリジナルもそうだったっけ???

みんなで「ただのピエロ」とか言ってどんどん弱くなっていく姿に笑ってしまった。




そしてびっくりカメオ

スティーヴン・キング大先生の登場はやっぱりファンには嬉しい〜。

Twitterフォローしてるけど、精力的にツイートしてて。

でもお顔見るともうお年だね〜いつまでもまだまだ現役で頑張ってほしいな。


逆に、オリジナルでも不要だなぁって思っていた子供時代の悪ガキ(いじめっ子)の登場。

刑務所から脱走して、27年後も大人になった彼らを襲うって

ペニーワイズに操られてるのはわかるけど、あんなちょこっと登場して殺そうとするくらいなら

いっそ省いていいんじゃないかな〜。話が散漫する。

大人版キャストはケヴィン・ベーコンが合うけど無駄に大物すぎるか 笑



このロンパリ気味なところがまた不気味でいいねペニーくん。

今回は、演じたビル・スカルスガルドの素顔も見えるシーンがあり、ファンにはたまらないかな。

また27年後で帰ってくるの?

そしてらルーザーズクラブがもうご年配キャストでやらないとだね 笑




 公式サイト

IT   CHAPTER TWO      2019年   アメリカ    169min

2019年11月1日より、公開中〜






Comments (2)   この記事についてブログを書く
« 超・少年探偵団NEO -Beginning | TOP | ドクター・スリープ/DOCTOR S... »

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは★ (yukarin)
2019-11-07 12:57:37
私も今作のほうが面白かったかも~
2作で1つの物語でもあるけれど。
前作よりもおどろかされたり、怖いのに笑える所もあったりと長さもあまり感じなく楽しめました。
大きくなった子たちも違和感なく見られたけど、ぽっちゃりくんがイケメンになってたのはびっくり 笑。
ラストを考えるとイケメンにしとかないと??
こんばんわ (にゃむばなな)
2019-11-19 23:50:55
169分は長いですけど、丁寧に作っていたため、とても見易かったです。
ポエムの騎士がイケメンになるのは、もはや願望でしょうね。というか、イケメンじゃないと絵的に釣り合わないかも?
しかしホラー以上に、好きな女性にポエムを渡したことさえ忘れられたうえに別人からだと勘違いされる怖さ。
ピエロ以上に怖いのはやっぱり人間ですね。

post a comment