我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog14周年迎えました✨

ナイロビの蜂/The Constant Gardener

2006-05-02 02:02:52 | 劇場&試写★5

公開前からこんなに煽られたら、嫌でもちょっとは楽しみになってしまう、、、、


世界130以上のマスコミから絶賛の嵐!とか
海外映画評No1サイト Rotten Tomatoes
でも82%がフレッシュ(絶賛)とか言ってるのを日本でもウリにしてるし。。。。

そして気になっていたのが、先日のアカデミー賞で
助演女優賞を受賞したレイチェルワイズの演技

演技の感想から言ってしまえば、
今までのレイチェルワイズの演技とどこが違うんだ?!って感じ。
出てくるのは殆ど、レイフファインズ演じる夫による幻想か、回想シーン。
やっぱり、重い妊婦の身体のまま演じた
という事によるものなんだろうな。妊婦のまま裸体も晒していたし。



冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名ベストセラーを、
シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督が映画化



アフリカ・ケニアのナイロビ。政治に無関心なガーデニング好きの英国外交官。
慈善活動に熱心だった妻テッサの謎の死をきっかけに、
それまで踏み込むこともなかった彼女の活動に目を向け、
危険を顧みずに事件の裏に隠された真相に迫っていく様を描く。
ドキュメンタリー風のカメラワークで、、、、。



一見、不釣り合いに見える、冷めた英国人外交官ジャスティンと
アフリカの地に例えられるような情熱を持ったテッサ。
お互いにないものに魅かれあったのか、一目惚れかは知らないけど
随分一瞬で恋に落ち過ぎじゃないの?
2時間ちょいもあるストーリーの中で、そこだけはあっと言う間に
さっさと結ばれていたのには違和感が、、、、。

だからなのかワタシにはこの二人の愛に、
殆ど感情移入することが出来なかった 

実はアフリカで実際に横行しているという、薬物実験。
官僚・政府と大手製薬会社との癒着問題。
それを告発するNGOを、妻の死を巡るミステリーに絡めて見せるのだけど、
見せ方のせいなのか、感情移入が足りなかったのか、
特にドキドキもハラハラもしなかったのが本音。
サスペンスとしても別段面白くもない。
現実に大企業が利益優先でやっている罪。それは恐ろしい事。
それを暴く為に正義と勇気をもってテッサは立ち向かったのに、
志も半ばで終わってしまうところが何とも無念です、、、、

それでもそれをキッカケに、未知の謎に踏み込んだことで
妻への想いを再確認する、、、、

ラストの決断も何だか哀しく虚しい。。。。
もっと方法はなかったのか、、、、と思えてしまう。


5/10
エンターテイメント性や、
宣伝文句で言ってるような涙の溢れるような感動のラブストーリーを期待してはいけません。。。。
ラブストーリーを謳いながらも、アフリカの現状を晒す、少し重たい社会的問題を含むストーリー。
でも何だか、長く感じた2時間ちょっとだった~


最後に辿り着いた地で、やっと君に帰る。
 公式サイト
2005年 イギリス 128min
【staff】
監督  フェルナンド・メイレレス
脚本  ジェフリー・ケイン
原作  ジョン・ル・カレ
音楽  アルベルト・イグレシアス
【cast】 レイフ・ファインズ/ レイチェル・ワイズ
/ビル・ナイ/ピート・ポスルスウェイト/ダニー・ヒューストン

本年度アカデミー賞 助演女優賞受賞/脚色賞・編集賞・作曲賞ノミネート
5月13日 ロードショー


本当にやられた、胸がえぐられうような思いにさせられる見事に語られたストーリーに!
愛する人を一緒に誘って元気づけてあげてほしい.....
Ain't it Cool News

--------この映画を観たからって元気づける事になるかなぁ、、、、?

ミステリー構成にサスペンスを備え、
そして忘れられない壮大な愛のフィナーレへと導いてくれる。
観る者の心を奪い、責任を問いかける本年度最高傑作!
ELLE誌

--------壮大な愛のフィナーレ。。。。 そうかなぁ??



その、Rotten tomatoesサイトで絶賛の作品一部

その中にミヒャエルハネケの「隠された記憶/CACHE」が87%だったのがちょっと嬉しい、、、、。
ちなみに「Vフォー・ヴェンデッタ」は75% 

今日はこの試写の前に銀座でお買い物してから、試写まで時間があるからとたまたま観た
1本、そっちの方が楽しみにしてた「ナイロビの蜂」よりも良かったなぁ~




人気blogランキング←please click
現在、5位にランクイン 嬉しいです
いつも読んでくれて&応援もありがとう~~



Comments (52)   この記事についてブログを書く
« レント/RENT | TOP | ぼくを葬る/Le temps qui res... »

52 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに主題が伝わりにくい面はあると思います (たろ)
2006-05-02 11:30:38
こんにちは。

こちらの記事の方にも弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

弊ブログからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



映画の感想は人それぞれですが、僕はこの作品を観て、社会的のみならずラヴ・サスペンス的な味わいも感じられる事柄を対比させて、様々な要素を上手に取り入れた見応えのある優れた作品であったと思いました。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



切ない映画でした(><) (Chihaya)
2006-05-02 19:15:08
TBありがとうございます(^^)/

この映画を観たあとこれは世界で起こっていることの一つにすぎないんだと思うと悲しくなりました。

あるんですよね・・・。

またお邪魔いたします♪
こんばんわ (ななな)
2006-05-02 20:39:06
確かにとっととくっ付いてしまった二人でしたね~。

それなのにラブストーリー宣伝はホントどうかと思います。

これ間違えて行っちゃったらびっくりで重い気分になりますよね・・・。

ましてやデートで行ったらちょっと困りそうな気が・・・(笑

でも社会問題に興味があればなかなか楽しめると思います。

コメントありがとうございます♪ (mig)
2006-05-02 22:25:03
たろさん



本当にそうですね、全米でもたろさんのおっしゃる通り、評価をしてるのだと思います。

でも、どうもピンとこない部分があるんですよね。真実を伝えるには、、、ニュースでもわかるけど、映画ではいかに引き付けてみせるかというのも大事で。。。。

もちろん否定はしていないんですけど☆

絶賛しすぎている感じがしました。

前作「シティオブゴッド」も評価がかなり高い監督ですよね。





Chihayaさん



コメントありがとうございます♪

本当に、、、。

こういう現状だと知るには、いい機会になる作品とも言えますねー。

ただ、ラブの方には、、、いまひとつノレませんでした



なななさん



ラブストーリーで売ってる部分、そんなに強調していなければ、印象もまた違うかも知れないですよねー。

それと、日本での宣伝の異常な持ち上げ方もどうかと、、、、

昨日の試写では「皆で盛り上げて、口コミで広げていきましょう!」なーんて司会者の人が、それも観る前に言ってたんですよ~

ちょっと引きました
確かに・・・ (きらら)
2006-05-03 00:12:19
migさんこんばんは★



この映画は確かに期待通り!期待以上!!

というわけではなかったですね~



明らかに誇大広告だってな感じ。



でもあとからくるじわじわ~っっ感が結構良かったかな。

あー私もこんなに愛されたい~なんて思っちゃったりして。



うん。でも確かにこの映画みて、元気ずけられるっておかしいですね。
私も (いも)
2006-05-03 00:45:07
こんばんは(^-^)いもロックのいもです。

絶賛している方が多い中、私もmigさんと同じ感想でした。

ジャスティンとテッサの思い出が、出会ったとき(講義)とエッチシーンと妊娠してる姿の3パターンばっかりで、心の絆が伝わってこなかった。。

薬物実験も、実際にあるかどうかは別にして「大いに有り得るだろう」と思ったし、なんだかありがちなストーリーを、さも壮大に見せようとしている感じが拭えなかったです。

単に自分のツボにハマらなかったといえばそれまでなのですが(笑)



また寄らせていただきます☆
夫婦愛もですが。 (hyoutan2005)
2006-05-03 00:52:01
私はここで描かれているアフリカに心を向けざるをえませんでした。

かなり前の試写会で観た映画ですが、妙に心に残っている映画です。

TBさせていただきました・
きららさん☆ (mig)
2006-05-03 09:28:06
こんにちは~♪



ラブストーリーを絡めてるというか、

それが原動力で起こす

というストーリーだからそれはいいんですが

ちょっと観ていてあんまり引きこまれなかったかなぁ、、、

期待しちゃったせいかと、、、、。



言いたい事は重いし、簡単に片づけられないテーマですよね。

この映画に否定的なわけではないけど

ちょっと絶賛しすぎ?という感が。。。
いもさん☆ (mig)
2006-05-03 09:31:46
アハハ、3パターン(笑



いもさんのレビュー読んで、同感なところが多かったです。

そうなんですよね、ちょっと

今になって大袈裟に訴えてる感じがしました



ワタシもハマらなかったという事なんです一言で言って



また宜しくお願いします
hyoutan2005さん☆ (mig)
2006-05-03 10:05:13
そうですね、アフリカでの隠された現状と

それに立ち向かうテッサの姿は、観るものを引き付けたかと思います。

サスペンス的に観せた手法が、

それほど引き込まれなくてちょっと長く感じたんですよね、、、でも全然否定してるわけではないんですよ

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★5

Similar Entries