我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

死霊館 エンフィールド事件/THE CONJURING 2

2016-07-01 12:28:15 | 劇場&試写★6以上

 

 

あの傑作「エクソシスト」に次ぐ史上第2位の全米興行収入を記録した、

最恐に怖い心霊ホラー映画「死霊館の続編

前作同様、実在する超常現象研究科のウォーレン夫妻が主人公。

彼らが実際に遭遇したエンフィールドのポルターガイスト事件を基にしたもの。


前作「死霊館」のジュエームズ・ワン監督とキャストも続投なので

これはかなり楽しみにしてました〜。ワーナー試写室にて。

ちなみに、「死霊館」のスピンオフの「アナベル 死霊館の人形」は別な人が監督で、制作しかしていない。

(だからイマイチ面白くなかった)

 

もう今や本物の夫婦にしか見えない、霊能夫妻、ヴェラ・ファーミガ&パトリック・ウィルソン。

パトリックの方は、同じジェームズ・ワンのホラー「インシディアスシリーズにも主演だからややこしい。

ポイントはもみあげ、かな 笑


憑依されるのは、マディソン・ウルフちゃん。(左)ちょっとジョニーとヴァネッサの娘、リリー・ローズにも似てて美形。


シングルマザーのフランシス・オコナー。久しぶり。


「死霊館 エンフィールド事件」は英国のエンフィールドで4人の子供を抱えるシングルマザーが経験した、

史上最長期間続いたポルターガイスト現象が題材

  この2枚は実際の写真。

実話だということがすごいな。しかも2年もあったポルターガイスト。

物が勝手に動くとか、手に歯型がつくとか普通の頭じゃ考えられないけど。

こればかりは実際に体験しないとわからないものだよね。

金目あてでメディアに出る悪質な家族も実際いたりするようだからたちが悪い。

だから疑う専門家たちも多い。

本当に憑依されているのか、それとも多重人格か、幻覚か。

 

見極めることのできる才能を持つ自分たちを、ウォーレン夫妻はギフトだと言ってるけど

あんなんじゃ身体がいくつあっても足りないよ。

 

夢に出てきたのをそのまま絵に描いてる夫、お前が怖いよ

 後ろ後ろ!!

 

 

 

前作同様、グロいの、痛いの一切なしのオカルトホラー。

それでも視覚的、心理的に訴えかけ怖がらせる古典的な手法で観るものを恐怖のどん底へ

 

 

8/10(86点)

 

前作はその年のベストに入れるほど大好きでしたが、、、、

 

続編も期待以上 さすがジェームズ・ワン作品

わたしはやっぱりまたも怖くなかったけど、傑作「エクソシスト」に次ぐって言ってもいい出来栄えじゃないかな。

公開したらまた観たい!

 

夫婦、家族の絆

怖がらせるだけではなく、これまで同様 大切な人との絆もきちんと描く。

夫の死ぬ予知夢を見たことを告げたのにそれでも困ってる人を助けずにはいられないこの夫婦。

そして夫婦愛。

 

人には見えないものに支配されたことで孤独と不眠に打ちひしがれる子供。

そこにも希望の光を。

 

選曲。

怖い中にも、イギリスに舞台がうつった途端にかかる、クラッシュの「ロンドンコーリング」や

ホリーズの「バスストップ」など、分かりやすい選曲が楽しい

そういうちょっとした遊び心がまた好きだな。

The Clash - London Calling (Official Video)

Bus Stop- The Hollies - 1966

 

お持ち帰り土産アイテムが毎度素晴らしい。

 今回のアイテムはまたオルゴール系だけど、どこから見つけてきたんだ?ってくらい

(オリジナルで作ってるのかもだけど)素敵なアンティークのおもちゃ。

今回もウォーレン夫妻の博物館にひっそりしまわれました

 それにしてもよくこれだけのことあって一人も死ななかったなと思えるほど。

 

The Conjuring 2 - Strange Happenings in Enfield Featurette [HD]

こちらの映像に収められている声は、ポルターガイストの恐怖に苦しむ少女ジャネットに実際に憑依した霊のもの。

ここでは本人たちやキャスト、ジェームズ・ワン監督のインタビューなども。

1977年の8月に事件を扱ったウォーレン夫妻が記録したもので、映画の中でもこの声を忠実に再現したものが聞ける。

 

 ということで、悪魔の手先のキャラのCGは、なんかグリンチみたいな違和感あったけど

映画自体は結構、リアルに作ってあるので怖がりさんは本当に怖いかも。

いや〜、オススメと言い切れるホラーが夏に出てきて嬉しい限り。


何度も言うけどこれは、実話。

信じるか、信じないかは貴方次第、の体感型ホラー。

ぜひともこれは、劇場の大画面で

 

まだまだ続編も期待しちゃうなー


1974年に起きた“アミティビル事件”を調査したウォーレン夫妻の名声はますます高まり、一方で激しいバッシングにもさらされることに。そんな中、 1977年に夫妻のもとに英国から新たな依頼が舞い込む。それは、エンフィールドの古い家に住むシングルマザーのペギー・ホジソンと4人の子どもたちが怪 現象に悩まされているというもの。どうやら、前に住んでいた老人の霊が次女のジャネットの取り憑いてしまったらしいとのこと。そこで、ことの真偽を確かめるべくエンフィールドへと向かうウォーレン夫妻だったが…。


 公式サイト

THE CONJURING 2            2016年   アメリカ    134min   

7月9日より、ロードショー


『死霊館 エンフィールド事件』予告編

 


 

当時のウォーレン夫妻。


 現在のウォーレン妻。

 

 

今回はパトリック・ウィルソンの弾き語りも聴けます。うまい。

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (12)   この記事についてブログを書く
« シークレット・アイズ/SECRET... | TOP | ブルックリン/BROOKLYN »

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい! (ボー)
2016-07-13 07:14:09
おもしろかった!
前作以上のものをつくるって、すごいなと思います。
来るぞ来るぞ、という予想を抱かせるのが上手いんでしょうね~。不安感ありまくり。

これを、こわくないなんていう貴女ったら、もう、どんな神経ですかっ!(笑)
作曲担当の人が、怖い人を演じているみたいで、あなたも好きねえ~って感じです。
ボーさん☆ (mig)
2016-07-15 00:57:14
ほんっと面白かったですねー♪
えへへ、ぜんぜん強くないですよー
夜道一人で歩けるし。 笑
怖がりながらみれて楽しそう。

そうそう、あの人、すごいですよね 笑
怖かった! (AKIRA)
2016-07-15 18:46:35
前作のクオリティが持続されていましたね!
恐怖度の高さに震えました。

ほんと夫婦愛がしっかり描かれていてそこがあるから応援というか死なないで!と思えます。

あの部屋に戦利品いっぱいあるからきっとまだまだエピソードがあるのでしょうね。映画化してほしい!ジェームズ・ワンで!
こんばんは (ノラネコ)
2016-07-15 23:27:07
グリンチw
個人的には前作よりこっちが強かった。
マジで観た日の夜には廊下の電気消せませんでしたもん。
ジェームズ・ワンにはホラー卒業とか言わずに「死霊館3」を期待します。
AKIRAさん☆ (mig)
2016-07-19 07:46:39
みられましたね!
これだけ実話ベースで、続編も成功するのはやはりJワンの手腕と脚本と、
優れたキャストが続投のおかげですね、
あ、修道院のオバケのスピンオフもう決定ですよ。
そちらも楽しみ!!
ノラネコさん☆ (mig)
2016-07-19 07:49:52
おはようございます、
あ続編のほうが怖かったですか?!
やはりうまいですよねー、2でも怖さ持続させるなんてやはり才能。
どんなに怖い演出でも怖くない私が怖い 笑
夜道は霊ではなく、実際の通り魔とか人間に怖さ感じます
こんにちは (maki)
2016-11-18 11:04:21
本当に期待以上の大作★

上品な面白さのあるホラーで大好物でした

また、エンドロールで恐ろしい余韻が残るんですよね~~
makiさん⭐️ (mig)
2016-11-19 20:57:33
私もうこの死霊館とインシディアスごっちゃにすぐなって
そういえば、こちら2のDVDまだ出てなかったかなー
そろそろかな、、、欲しい。
さすがジェームズワン印です。
こんにちは (yukarin)
2017-01-19 13:20:23
やっと観たよ~怖かったー怖かったー。
前作も怖かったからおさらいしないで観たら、「インシディアス」とごっちゃになってしまった 笑
でもこのシリーズは第三弾もあれば良いな。

スピンオフは観なくてもいい???
yukarin⭐︎ (mig)
2017-01-20 00:14:13
こんばんは^^
えー怖かったかぁ。
やはりホラー苦手な人には厳しいかなぁ・・?
実際の事件を扱うのがこちらのシリーズで、
インシディアスはまるっきり作った話ね。
リンシェイ扮する霊媒師たちが活躍するのがインシディアスで
死霊館はウォーレン夫妻⭐️
アナベルも見て欲しいよー
(面白さでは劣るけど)

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上

Similar Entries