我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

シルク/ SILK

2008-01-09 00:01:09 | 劇場&試写★4 以下


日本、カナダ合作+イタリア。
トロント映画祭でも良い反応なかったようだしどうもダメそうな匂いがしてたから
全く期待せずに試写で鑑賞。


『海の上のピアニスト』を書いたアレッサンドロ・バリッコの世界26カ国で翻訳されてるという大ベストセラー小説を、
レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール監督が映画化。
『レッド・バイオリン』は結構面白かった記憶があるけど果たしてこれは、、、、、??



やっぱりつまらなかった~


まずこれ、キーラ主演というのはひっかけ?で、マイケル・ピットがメインの主演
トロント映画祭で本物見たけど、脇役級の人というかあんまり魅力感じないなー、なんで主演なんだ?と思ったけど監督曰く、原作のイメージに近いらしい。
キーラよりもずーっと出ずっぱり。
右。
(サンドラ・ブロックの『完全犯罪クラブ』での役はすごく良かった☆
次回作はハネケが自身でリメイクする『ファニーゲーム』のヤバい男二人のうちの一人を演じる
これについてはまた後日、、、)


そして、日本人の俳優も出演。
権力者 ハラジュウベエ(原十兵衛)に役所広司、">
別に役所さんじゃなくても、、、

その若き仕える妻(少女)に新人として注目の芦名星。

殆どセリフなしで上半身は披露。


他に、中谷美紀が高級娼婦のマダム役。
主に手紙を訳して読んであげる役目で出番は後半のちょっとのみ
でも英語は流暢で素晴らしい

あ、あと『キル・ビル』でルーシー・リューに頭刎ねられたおじさん、國村隼。
『キル・ビル』でも何喋ってるんだかよく聞き取れなかったけど、今回も



 
この映画、

純愛ストーリーかと思ったら、妻がいるのに日本に行って、
出逢った少女に惚れた男が、要するに浮気。
でも想いを遂げたわけでもなく気持ちは秘めたままで、、、。


なんだか最終的に何がいいたいのか、よくわからんお話。デシタ。


ひたすら待つ女。




殺るのやらないの?  (別にハラハラするところではない)



舞台は19世紀のフランス。
絹の生産で栄えた町に、謎の病気がまん延し蚕が死滅する。
若き軍人 エルヴェは、美しいエレーヌと恋に落ち結婚。
世界で最も美しい絹糸を吐く蚕を求めて日本に渡る事になる。
フランスに妻を残し日本への旅を重ね、出会った日本人の美しい女性に想いを寄せる。
最後の旅を終えた時、日本語で書かれた一通の手紙を受け取る、、、。





3/10
うーん、、、。
年明け1本目は『俺フィギュ』で大いに笑えたから(2度目鑑賞だけど)良かった~これが1本目じゃなくて(笑)
静かで、淡々としてて、、、、内容はどうってことない
わたしはいまいちダメでした~。2時間ないのに2時間以上な感じ。
☆4と迷ったけど、ここはきっぱり3で! キビしすぎ??

おっさんの大いびきがどこか2カ所から聞こえた
寝るなら試写に来るな~
わたしは寝なかったけど、寝ちゃってもおかしくない内容ではあると思うかナ?
農村のセットには1億5千万もかけたんだとか、、、
お金使うところ違うんじゃ、、、、?
坂本龍一の音楽は相変わらず良かった☆



 公式サイト
SILK     2007年   カナダ=日本=イタリア    109min
1月19日より 全国ロードショー




-------------------------------------------------------------------------------

CHANEL cocoマドモアゼルの広告モデルになったキーラ


このポスターで、いつもよりふくよかな胸元を指摘されて、
「そうよ、私の胸じゃないわ。好きにすればって言ったのよ」と一言。
うーん、潔い

CHANEL coco-mademoiselle




インタビュー誌のカバー






次回作は、、、、


評判がよくて話題の『アトーンメント』つぐない)


全米で今年公開の予定の 『The Duchess』 レイフ・ファインズ/シャーロット・ランプリング共演。

そして『The Edge of Love』ではキリアン・マーフィー、シエナ・ミラー共演。
『ジャケット』の監督によるもので、キーラとは二度目。
11月に全米公開予定。



日本で観られるのはまだ先だろうけど、今からちょっと楽しみ♪




人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいなー




『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
Comments (50)   この記事についてブログを書く
« ギャラクシー・クエスト/ GAL... | TOP | パリス・ヒルトン観察日記 »

50 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり違和感が? (umikarahajimaru)
2008-01-09 01:20:44
中谷美紀さんの『自虐の詩日記』の中にこの映画のことがちょっと触れられているんですが、それによると、この映画は2007年の3月にもう出来上がっちゃってたみたいなんですね。ということは明らかにカンヌ狙いだったはずなんですが、カンヌでは選に漏れ、ベネチアでも漏れ、ようやくトロントでお披露目になった、ということのです。とするとやっぱり作品の出来が……。
ところで、役所広司ら出演者は、いったい何語をしゃべってるという「設定」なのでしょう? 幕末で、しかも日本の片田舎で育った人間が英語やフランス語をしゃべってるわけはないですよね。やっぱりオランダ語なのでしょうか。
眠い☆ (きらら)
2008-01-09 13:16:10
migちゃん☆
こちら明日観にいく予定だよー。
もともと「なんか退屈そう、、、」って思っていたのがさらに心配なってきたー

ジョニーはすっごく面白かったー。
映像きれいな映画館でもう一度みたいな☆
記事アップしたらまた来るねー
こんにちは (八ちゃん)
2008-01-09 16:00:11
おいらはちっとも眠くならなかったよ!
だって、後ろの親父のイビキが終始うるさくって、気になって、それどころじゃなかったもん 爆
眠気きそうな映画だね。。。 (ALICE)
2008-01-09 16:49:25
わー新年から☆3個なんて・・・
残念だったけど観る時には
ダメな映画って印象で観るから
期待外れはないから私はラッキーだね。

期待しないで観るね。
しっかり睡眠もとってからね。
こんばんは。 (ジョー)
2008-01-09 20:32:56
見当違いな日本を描いた映画を久しぶりに観た気が
しましたね。
少しは「硫黄島からの手紙」のイーストウッドの
爪のアカでも煎じて飲んだらどうかなあと
思います。
シルク (yue)
2008-01-09 21:00:38
そうか~ やっぱりつまんなかったんだね。。。
トロント映画祭であの嵐の中
無理して並んで観なくてよかったにゃ~
この映画よりも、キーラだけ見れてラッキーだったね☆


umikarahajimaruさん☆ (mig)
2008-01-09 22:30:03
いつもコメントありがとうございますー

そうなんですね、各映画祭で漏れたのは当然という気がしますー、
カンヌ狙いですかやっぱり。

んー、なんだかわけわからない中途半端な映画でした。
役所さんは、、、、古い日本語と、英語喋ってました~
きらりん☆ (mig)
2008-01-09 22:32:01
きらりんも試写で観るのね~
わたしも期待してなかったんだけどねー。
今日はちゃんと睡眠とって観てね

スウィーニーのTBありがと!あとであそびに行くよ
八ちゃん☆ (mig)
2008-01-09 22:34:50
ぎゃはは

八ちゃんはタイクツしなかったんだぁーって思ったら。。。。笑っちゃった~。ツボ☆

わたしの右の方と後方に大いびきのおっさんいたけど
八ちゃんも前の方だったのかな?(というか同じ試写かな?!)
それとも会場にいびきおじさんだらけだったのか?(笑)
ALICEちん☆ (mig)
2008-01-09 22:37:00
そうなの~、縁起でもないね

わたしも全く期待してないで観たんだけどな~。
幸い前日ちゃんと寝たせいか寝なかったけど
睡眠不足で観たらホントやばいかも。。。。

ALICEちんの感想はどんなかなー☆

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★4 以下

Similar Entries