我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog14周年迎えました✨

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 /THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

2010-01-25 17:06:30 | 劇場&試写★6以上

 

ランキングクリックしてね
←please click




1500万部を売上、世界最大の傑作ミステリー!と称賛を受けている話題作
スウェーデン発「ミレニアム」の映画化。

原作は未読だけど「ツインピークス」とか、ミステリーもの大好き。
タイトルには全く惹かれなかったけど、各界の著名人の方々が面白い!と太鼓判
ということなので面白いかも?と興味が。


「ミレニアム」は、劇中出てくる雑誌のタイトル。

監督、ニールス・アルデン・オプレヴ 原作、スティーグ・ラーソン
脚本、ニコライ・アーセル、 ラスムス・ハイスタバーグ


鼻ピにドラゴンタトゥー、天才ハッカーで過去に暗い過去を持つリスベッドに
新人のノオミ・バラス。



劇中はけっこう素顔になっててこんなキツメイクばかりじゃなかったけど。
決していやらしさは感じないヌードも披露。

この風貌、
原作者のラーソンは、彼女に周囲がギョッとするパンクロックのような格好をさせた。
でも内面はナイーブで正義感が強い。
表面だけで物事を判断してはいけない、という社会に対するメッセージを映画にも入れた。
とのこと。



40年前に姿を消した少女を捜すため、彼女の血縁である大企業の重鎮が
月刊誌「ミレニアム」の敏腕ジャーナリストに捜索を依頼する。


そのジャーナリスト、ミカエルにマイケル・ニクヴィスト。


やがてマイケルは破天荒な天才ハッカー、リスベットと組んで調査をすることに。


異色コンビの、微妙な距離感や二人のが面白い



6/10(60点)



すごく面白い!って絶賛するほどでもなく、ミステリーとして普通に面白い映画でした。
わたしは原作読んでないので何とも言えない(比較は出来ないけど)
これ観て、原作も読みたい!にはならなかったな。

サスぺンスとしてのスリリングさ、ミステリーとしての謎ときの面白さはそんなになかった。
考えさせる余裕もなく、リスベッドがけっこうあっさりと謎解きしていっちゃうから。

オープニングあたりからぐいっと引き込まれるほどのインパクトを持ってきてほしいものだけど
それもなく、最初の30分はやや眠気にも襲われたほど。
あ、そうそう すぐそばに座ってたおじさんがやたら凄い咳をゲホゲホと15分に1回くらいの割合でするもんだから
かなり気が散って集中力欠けたのかも?
ストーリー的には昔あったようなサスペンスという印象。

と、少し否定的なことばかりから書いちゃったけど、途中からはなかなか引き込まれた。

特に、最悪なドSレイプオヤジには本当、気持ち悪くて早く痛い目遭わないかと願ってたら
やってくれた時はすっきり!
でも超~キモい!女としては許せない!


それは序章の話で、
最終的な犯人が分かった時は「こいつかぁ!」という、わかった時の
ミステリーの面白さが得られなかったのがわたしには物足りなかったな。
事件は40年前ってことでかなり時間が経ち過ぎてるし
失踪してた少女が生きてるか否かっていうのも正直結果わかってもほとんど驚けず。



先にも大文字でちょっと書いたけど、ジャーナリスト、ミカエルとの微妙な関係が
なんだか一番面白かったかも。
とはいえ全編通し、明るいシーンや明るい話題、笑ってるシーンなどは皆無。

暗い過去を持ち決して自分をさらけ出さないながらも生まれる情のようなもの。


ゴルフクラブ片手に現れ、逃げる犯人を追い詰める姿はカッコイイのひとこと。

そして最後にはなんだかこのドラゴンタトゥーの女が可愛く思えるのでした

2時間半という長編だったけど、後半楽しめたのでそれほど長くは感じず。

ただ、最初にアナウンスで「エンドロール後に続編の予告編があります」
と言われてたんだけど、次回は別にいいかなぁって思って予告編観ずに出てきちゃった。
3部作らしくて、次はまあ劇場でなくてもいいか。
もしくは、観なくてもいいかな~。
原作ファンの方はきっと待ち遠しい!ってくらいかな?







スウェーデン、ストックホルム。
大企業ヴァンゲル・グループ一族が住む孤島で、40年前ひとりの少女が忽然と姿を消した。
グループの前会長ヴァンゲルが事件の調査を依頼したのは、裁判で有罪となり失業中の記者・ミカエル。
調査の過程で彼は、鼻ピアスと背中にドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカー・リスベットと出会い、
互いに協力し様々な秘密を明らかにしていく。
やがて、ひとりの少女失踪事件から、大富豪のヴァンゲル一族の深い闇と、
過去に隠されたおぞましい罪があぶり出されていく—。






 公式サイト
 M醇Bn som hatar kvinnor  2009年  スウェーデン   153min
1月16日より公開中





ランキングクリックしてね
←please click




Comments (30)   この記事についてブログを書く
« ハリウッドゴシップ★News | TOP | 「映画秘宝」選!2009年ベス... »

30 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待しすぎた? (ノルウェーまだ~む)
2010-01-25 18:27:28
migちゃん、これ渋谷でポスター見たとき、ゼッタイ観たい!って言ってたやつだね。
もうひとつってかんじだったんだ?
舞台はスウェーデンなのかな?
北欧にはまずパンクな格好の人はいないので、そりゃ周囲が度肝を抜かれるいでたちなのでしょうね。
その点、ロンドンにはそれこそ度肝を抜かれる想像を超えたパンクな人(しかもおじさんとオバサンだったり、家族だったり、カップルだったり)がいて、興味深いよ。
次回予告 (rose_chocolat)
2010-01-25 19:48:01
ご覧になったんですね!
最初にそうやってアナウンスしてくれなかったので、慣れないスウェーデン語のエンドロールが読みづらく、少し残して退場してしまいました。 全部終わった後にあったみたいですね。 何でも次回作は『題名のない子守唄』系のようです。。

私、こういうの好きなんですよ~。 でもmigさんの感想を読むと、ふむふむそれもありかなーとも思ったり(笑)
結局、見た直後の高揚感みたいなのにやられちゃう映画かなと思いました。
ミステリーの大作ものとしては『○○と悪魔』とかが有名ですが、あれよりスケール的には小さいものの、こちらの方が断然面白かったですね。
リスベットが貧乳だからいい! って感想お書きのblogerさんもいて、激しく同意w 
ただしハリウッドリメイクだと巨乳ちゃんになっちゃうんだろーなと。 タラちゃんがこれリメイクしたがっていると聞きましたが。。。。
リスベット (ともや)
2010-01-25 21:12:49
こんばんは、migさん♪
絶賛する程ではないけれど、意外と楽しめちゃった掘り出し物の1本です~♪
ただ今ひとつ、リスベットがともやのツボにハマらなかったのが難点かな?
荒くれ娘は大好きなんだけどね(笑)
表面といっても… (KLY)
2010-01-25 21:28:20
私はむしろ表面で引いちゃったほうなんですけどね。(笑)だから意外にも正統派だったことにちょっと驚いている感じです。
確かに意外な驚きは少なかったかんじですね。あまり観られないスウェーデン映画ですが、ミステリーとしてはこの間見た『.ロフト』のほうが二転三転してて面白かったかも。
まあ続き物なんでそういう意味では、まだ主人公2人になぞが多いというのも魅力だったりします。^^
こんばんはー♪ (kira)
2010-01-26 00:25:42
これは、私の友人も結構前評判のよさで、
ハードル高めだったみたいです~。
私も、途中で読めちゃう部分が多くて、謎解きとしてはそんなでもなかったかなぁ~。
でも、チョット不器用な探偵モノとしては面白く観れました。

うん、確かに古いって感じはしたけど、
私的に一番の難関は、容疑者がみんな似通った年齢で、
見分けがつきにくかったこと~(爆)
名前も覚えにくかった
Unknown (りお)
2010-01-26 05:21:40
あらら、そうでもなかった?
確かに謎解きに目新しさはなかったね。
わたしは雰囲気にハマっちゃったってのもあるかも…(あと、最初の期待度が低かったので・笑)
migたん! (koko)
2010-01-26 10:30:43
遅ればせながら今年もよろしくね~!!

この映画見ようか迷ってたの。。
うーん、見てみよっかな♪

近くのおじさんの咳・・・集中できなくなるよね~~(笑)そういう席になるとがっかりしちゃう!!(><)

ペネロペ、NINEの予告見ててちょっと太ったかな?って思ってたんだけどこちら↓でしっかり見てしまいました^^
かわいいけどね!^^

migちゃんまた来るね~!!
★まだ~む♪ (mig)
2010-01-26 12:47:22
そうそう、それ!
スウェーデン映画でした★

そうだね~、うん、ロンドンはパンクやゴスあるけど北欧系にはみないよね~。

内容は面白いは面白いけどそこまででもなかったというか、、、
まあ、DVDでもいいかなくらいだったなぁ。
期待しすぎ?
★rose_chocolatさん (mig)
2010-01-26 12:52:33
こんにちは♪
あれ?アナウンスなかったですか?
渋谷じゃなかった??
あとから入れたのかなぁ?
予告篇あるって最初に言ってたけど、
そもそも私、映画の予告篇てよほどじゃない限り観ないんですよ~
とくに楽しみなのだと劇場でかかると
目つぶっちゃう(笑)

「題名のない子守唄」かぁ、、、、好きだったけど、観るとしたら次はDVDでいいかなと。
うんうん、天使と悪魔より全然面白かったし、雰囲気が気に入るかというのもありますよね~★

貧乳、 
タラがリメイクしたがってるってわたしも記事で読んだけどホントウかなぁ?
否定したいので書かなかったの(笑)
でもタラが脚本書き直したらもっと面白くなると思うケド(タラ信者 笑)元来のファンからはきっとブーイングだろうな~

★ともやさん (mig)
2010-01-26 12:54:09
こんにちは♪

あ、ともやさんがリスベットはツボじゃなかったって分かるー!(笑)
だってかわいい子が好みだもんね、ビジュアル的に
この人、そこまでカリスマ性や主役としての魅力っていうのはなかったですねー。
新人としても、あのビジュアルもいいけど。

post a comment