我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog14周年迎えました✨

ツーリスト / THE TOURIST

2011-03-23 14:22:23 | 劇場&試写★4 以下

 

アンジー×ジョニー共演、2005年のフランス映画「アントニー・ジマー」のリメイクとなるミステリー。

4年前に公開したアカデミー賞外国語映画賞受賞のドイツ映画、「善き人のためのソナタ」 のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 監督作。

キャッチコピー、 "華麗な旅人には、危険な謎がある。"
 ってこれ半分ネタバレじゃない?

 

前評判が良くなかったし全く期待もしてなかったけど、ヴェネチア好きなので観たいという母と鑑賞。

いや~これほどつまらないとは。

どうしたらこんなにいいキャスト使ってこんなつまらないのが作れちゃうの!?

 

謎めいた女と出会った普通の一般人(ツーリスト)、ジョニー演じるフランク。

 

二人はどこかで惹かれ合い、行動を共にすることに。

 

 

詐欺師、ピアースを追う警部にはポール・ベタニー

 

昔、偽ジュードだったルーファス・シーウェルもちょこっと出演。

 

 

ジョニーさんの貴重なパジャマ姿は、ファンには嬉しいよね。

 

 

 

警察から監視を受けている女性エリーズは、ある男からの手紙を貰い、急遽ベニスへ向かう列車に乗り込む。
車内で見かけたアメリカ人旅行者のフランクに近づいた彼女は、ベニスでもフランクと共に行動することに。

エリーズはロンドン警察、ジョン・アチソン警部が追っている詐欺師アレクサンダー・ピアースの恋人だったのだ。

アチソンはフランクがピアスの身代わりになっている事を知って、彼を無視するように現地の警察へと命令する。

しかし、タレコミによって、フランクをピアースと勘違いしたまま追い始めたのはロシアのマフィアで、ピアースに大金を取られたショーだった。

 

 

 

2/10(28点)

 

 

きっとわたしはダメだと思ってたけどこれは予想以上にひどいわ~。つまらなさすぎ!

サスペンスとしてもスリルもテンポもあったもんじゃないし

初めからあまり惹き込まれず

最初の出会いのシークエンスから一緒にいるに至まで、15分くらいで済みそうなところを

延々1時間かけてゆっくりやっているような感じで、あまりにものんびりすぎてすぐに眠気が襲ってきた。

二人の会話だって面白いものじゃないし、警察やマフィアとの追いかけっこシーンもまるで緊迫感もなし。

ヴェネチアの素敵な景色と、昔のイタリア映画を意識したようなちょっと古臭い雰囲気がまぁいいかなぁっていうのと、

ジョニーとアンジーという豪華な二人を共演させました!というだけの映画。

ストーリーはあってないようなもので、脚本があまりにもお粗末。

あのラスト(オチ)は驚くどころかやっぱりね~、な~んだ。となっちゃった。

じゃああの二人の会話や演技を観せられてただけか、という。勝手にやってくれ(笑)

ほーんと、どうでもいい作品でした~。 ジョニーファンの皆様、ゴメン。

 

監督のインタビューでは、ジョニーはアドリブが多いらしく、イタリア語の「ハロー」の「ボンジョルノ」を、

「ボン・ジョヴィ!」と言ったシーンもそうなんだとか。

そこはちょっと微笑ましたかったな☆

 

 

 公式サイト 

THE TOURIST   2010年  アメリカ  103min

3月5日より公開中~

 

 

2010/12/6  NYプレミアにて。

 

 

3/2に来日

 

 

3/3、六本木ヒルズアリーナにてジャパンプレミアに登場したジョニー・デップ。

この日は抽選で選ばれたラッキーなファン600人が来場したほか、会場周辺や沿道にもファンが駆け付け、

総勢1,000人が集まった中、50分かけてファンと握手などのファンサービス。

 

 

47歳→  ←37歳

 

2m5cmもある監督、ジョニーが小さく見えちゃうね

 

 

 クリックして下さってる方々ありがとう

←please click

 

 

 


Comments (30)   この記事についてブログを書く
« 塔の上のラプンツェル 2D 吹... | TOP | ハリウッドゴシップ☆News<が... »

30 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に・・・。 (mezzotint)
2011-03-23 15:09:24
migさん
ジョニーファン、残念だったでしょうね。
こんなに豪華キャストなのに、もったいない
限りです。「善き人のためのソナタ」は
とても良い作品だっただけに、、、。
監督さんのこれからの活躍を祈るばかりです。
最高っす! (JUN)
2011-03-23 15:33:38
先日はご訪問頂きありがとうございました♪

フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督「でかっ!」(笑...)

そのわりに、ドラマチックな展開を描けてる

体に似合わずけっこう繊細な人だったりして(勝手な思い込み...笑)

次回作も気になるじゃん!
ぎゃあ (マリー)
2011-03-23 15:49:29
★二個~( ̄○ ̄;)
やっぱり~?

migさんに言っておくべきだった…コレ実は映画じゃないの。ヴェニス観光大使の2人のプロモーションビデオなの(大ウソ。(笑))

まぁ ジョニーが何故この仕事受けたのかな~とも考えたけど、アンジーと共演してみたかったのかも…


migさんに、ボンジョヴィだけでもウケて良かった!!

あ~ジョニー素敵だった!また観たいな(完全に居直り(爆))
文字通り… (KLY)
2011-03-23 16:20:29
お話にならないってとこですかね。(苦笑)
ゴージャスアンジーが気に入っただけかなぁ。ジョニーは『パブリック・エネミーズ』の時の方が断然かっこよかったし。
あのボートチェイスって逆に凄くない?今時こんな映像撮ってよくそのままOKにしちゃったよなって思ったし。^^;
こんばんは。 (BROOK)
2011-03-23 20:02:44
「ボン・ジョヴィ!」と言ったシーンは、
思わず笑ってしまいました。

展開的にはちょっと・・・というような感じもしますが、
まずまず面白かったです。
緩々だったけど (KGR)
2011-03-23 20:46:57
そこそこ笑いました。

>二人を共演させました!というだけ

認めます。
ハラハラドキドキしてみる映画ではないです。
映画館でなくてもいいかも。

ルーファス・シーウェルをどこかで見たと思ったのは似てただけなんですね。

ところで、トップのチラシは初見。
かなり初期のものでしょうか。
2枚目のチラシはドイツ語版?
ほんとにねぇ・・・ (562_1992)
2011-03-23 21:02:44
migちゃん、お久し振り!
blog更新されるの待ってたよー。

あたしもこれ、昨日観てきたよ!
期待もしてなかったんだけど、せめて映画館で観ようと思ってね。
ほんと、監督以下撮影や編集・音楽などそうそうたる布陣で
どうしてこんな映画になっちゃったんだろう…

ベニスの美しい風景や豪華なホテル、アンジーのファッションは見てて楽しかったけど…
ジョニーにいたってはなんだかもっさりしてるし。
残念でならないよ。
どうしてなんだろう… なんだったんだろう…
頭の中をグルグル。。。
「ボン・ジョヴィ!」にはあたしも思わずニヤリww
こんばんは (dai)
2011-03-23 23:23:37
これはイマイチでしたね。
このレベルの作品でGG、しかもコメディ部門にノミネートされていることから裏で何かが動いたのでは?なんていう疑惑まで掛けられてしまうような作品ですからね。

2人のファン以外はダメでしょうね。
むふふ・・・・ (ノルウェーまだ~む)
2011-03-24 06:37:16
★二個~( ̄○ ̄;)
やっぱり~?
(コピペですが)

ジョニーファンの私ですら、ハッキリといまひとつ映画と伝えてあげておいても、予想を下回って2つぅ~?
ま、確かに2つだわね。

今、修行僧になったつもりでチャリティーに出す小物作品を必死に制作中なので、しばらくPC見てなかったんだけど・・・
これでめげてはいけないね。もう少し頑張ろう♪
こんにちは♪ (yukarin)
2011-03-24 11:45:56
あははー★2つ(笑)
私はかなりおまけしちゃってるけど、今考えるとおまけしすぎかも、、、
いいの、ジョニーがスクリーンで見られたから

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★4 以下

Similar Entries