見出し画像

我想一個人映画美的女人blog

フォックスキャッチャー/FOXCATCHER

 

 

 全米を震撼させた96年の大富豪デュポン財閥御曹司による金メダリスト殺人事件を題材に、

レスリング五輪金メダリストとそのパトロンとなった大富豪が

悲劇の結末を迎えるまでを描いた戦慄の実録人間ドラマ。

カポーティ」「マネーボール」(←レビューなし)のベネット・ミラー監督作。


このベネット監督って、モデルのアンミカさんの旦那さまのお兄さんなのね。

試写にて鑑賞。上映前にアンミカさんご夫婦が壇上し、トークでちょこっと挨拶。

この方の監督作2つとも、わたしは好きじゃなかった(いまいち)ので

ある程度の覚悟しての鑑賞だったけど、アカデミー賞有力候補とかでかでかとチラシにあったし

ちょっと楽しみでした~

 

しかしこのチラシの三人、チャニングはわかるけどあとは知らない人??

と思ってたら、、、、

 

何と、コメディでおなじみスティーヴ・カレルと、いいひとマーク・ラファロさんではないか

びっくり。

いつもはこんな顔。

  ジャド・アパトゥのデビュー作「40歳の童貞男」時

 

それが、、、 本作では、 えーーーこれだよ。

と思ったら、実物のジョン・デュポン氏、ハイこれ。

 うぁー似せたね!!

 

鼻が特徴だからちゃんと特殊メイクでワシっ鼻

 

 

そして、弟同様、金メダリストの兄デイヴを演じるのは いいひとマーク・ラファロ。

 いつもはこれ。

本作では、、、

 すごいわ。 禿げ上がってるし

と思ったらもともとマークさんけっこうオデコ後退してたのね。 シツレイしました。

 

そして、弟のマークを演じたチャニング・テイタム。

実際の彼のまんま。元々ストリッパーだから鍛えられた筋肉質ボディは完璧。

 ずっとしかめっ面。

 

兄貴は弟の兼コーチ。

 

実物との比較。

マークさんはもうちょっと絞った方が良かったんじゃない

 

兄デイヴの妻役にシエナ・ミラー。

2、3個しか ほぼセリフなし。

 

 

金持ちの御曹司の母親は好きな事もさせず

知らずうち息子に精神的にストレスをかけていた。

 

 

 

キャストの確かな演技力が見もの!

とくに淡々とした静かさの中に見せる狂気を孕んだ男を演じたスティーヴ・カレルの怖さ。

 

 

1984年のロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得したレスリング選手マーク・シュルツのもとに突然のオファーが。

それは、大財閥デュポン家の御曹司ジョン・デュポンが自ら率いるレスリングチーム「フォックスキャッチャー」への誘い。

マークは破格の年俸、最高のトレーニング環境という夢のような話に飛びつき、1988年のソウルオリンピックでの世界制覇を目指す。

しかし妄想型精神分裂病を患っていたデュポンの度重なる突飛な言動によって、マークは振り回され自分を見失って行く。

次第にマークの精神状態が悪化し、ふたりの関係は崩壊へと向かう。

やがて同じく金メダリストであり、当初デュポンのオファーを断っていたマークの兄デイブがチームに加入。

マークがコンプレックスを抱いていた兄デイブの加入によって、悪夢が巻き起こる…。

 

 

6/10(68点)

 

 

ちょこっとネタバレ込み感想

いや~ほんとこの監督の描き方っていつも淡々としてるな。

寝たり退屈はなかったけど、とにかく淡々としててドラマとして盛り上がらない。

事件を知ってる人も多い実話ベースなのだけど、

チラシに書かれてた「金メダリストの殺人」ってとこで知ってしまったので

どこでどうやって殺すのだろうと思いつつ、デュポン氏がどういう経緯で

そうなるのか、もっと最初の方で殺してしまい、サスペンス風に描いていくのかと

思ってたらそうではなく、初めに交流から全部描いた上での殺し、そして捕まるという流れ。

しかも殺されるのは呼ばれたチャニング演じたマークかと思ったら兄の方だった。

どっちも殺されそうと思えるほどの、傲慢さとイカレっぷりを徐々に露にしていくデュポン。

母親は幼い自分が唯一親友だと思ってた運転手の息子に実は裏で金で友達にしていたとか

やりたかったレスリングをいやらしい低レベルのスポーツだと言ってやらせなかったり

相当縛っていた過去が見えてくる。

 

そして大人になって妄想型精神分裂病を引き起こすこととなっていた。

コカインをやらせれたり、常に振り回されるようになるマーク、

 

そして殺人に至る経緯、理由は明らかにはされていないけど

デュポンにとって自分が持っていない暖かい家族、

レスラーのコーチという実力を兼ね備えたマークの兄デイヴに嫉妬をしてしまうのは

無理もないのかもしれない。

 

伏線でいきなりトレーニング最中に天井に向けて銃を放つような

短気で何をしでかすかわからない性格の持ち主である事への怖さを

観るものに徐々に煽る演出、演技力がやはり素晴らしかった。

もちろん、いい人 マーク・ラファロと、苦悩し続ける弟チャニングも最高でした。

ただ、淡々としていてストーリーに起伏はないので

退屈な人も多いかも。

映画ファンとしては、やはり俳優たちの見事なアンサンブルがひとつの見所であり、

そこに惹き付けられる。

それにしてもラストのほうはあっという間の展開で、どうなるかとは想像ついてたし

すぐ捕まって終わってしまったけど。

 

ジョン・デュポンは1938年に生まれてデュポン家の財産を相続、

鳥類学者、軟体動物研究者、切手収集家、コーチ、スポーツ愛好家など多彩な顔を持つ。

1980年代に五種競技に関心を持ち、レスリング施設を建設、アメリカのアマチュアスポーツの支援者となる。

90年代に入ると偏執症的な行動が目立つようになる。

そして1997年に友人でオリンピック金メダリストのデイブ・シュルツを殺害。刑務所へ。

2010年、そのまま刑務所で72歳で死亡。

 

興味ある方はぜひ。

 

1984年のロサンゼルス・オリンピックで金メダルに輝いたレスリング選手、マーク・シュルツに届いた突然のオファーから始まる。有名な大財閥デュポン家 の御曹司ジョン・デュポンが、自ら率いるレスリング・チーム“フォックスキャッチャー”にマークを誘い、ソウル・オリンピックでの世界制覇をめざそうと持 ちかけてきたのだ。その夢のような話に飛びついたマークは破格の年俸で契約を結び、デュポンがペンシルベニア州の広大な所有地に建造した最先端の施設でトレーニングを開始する。しかしデュポンの度重なる突飛な言動、マークの精神的な混乱がエスカレートするにつれ、ふたりの主従関係はじわじわと崩壊。ついに はマークの兄で、同じく金メダリストのデイヴを巻き込み、取り返しのつかない悲劇へと突き進んでいくのだった……。

 映画『フォックスキャッチャー』特報

 公式サイト

FOXCATCHER         2014年     アメリカ    135min

2月14日より、ロードショー

 

 カンヌ国際映画祭にて。

 

 こちらはプレミア。

 

チラシと比較してみて。3人ともぜんぜん違う 

あ、ちなみにわたしとyueがトロント映画祭で会ってから いいひとマークラファロと呼んでることは

ここで何度も過去に書いたけど、(彼の代名詞)

現場を訪れたアンミカさんも、彼はほんとに「いい人で」って言ってた、笑 さすがマークさん。

スティーヴ・カレルは周りを寄せ付けないほど、シリアスに役に挑んでて怖くて近寄れなかったらしい。

ほんとはコメディアンだからいい人でしょうけどね★

そして、チャニングも楽しくお茶目なナイスガイだと言ってました~

コメント一覧

まっつぁんこ
チラシ
http://77432090.at.webry.info/
チラシどうどうとネタバレしてるんですね。
見ずにカバンにしまったので、最後どうなるんだろうとワクワクしながら観ることができました。(笑)
mig
まっつあんさん★
宣伝もだけどあの試写の前にも
カレルが恐ろしい人物だってトークでバンバン言ってたよー
だから余計なこと言わないで!と思ってた
事件はオリンピック詳しい人は当時知ってる人は
多いかもだから、サスペンスとして観ると
ちがうかもー
yukarin
こんばんは♪
http://blog.goo.ne.jp/yukarin_51/
最近ごぶさたでごめんねー

スティーヴ・カレルが不気味な感じで良かったな。
本人にも似せててすごいわ。
運良く?内容を知らずに観られたので最後はびっくりしたよ~
これは何も知らずに観られて良かったかも。
mig
ゆかりん★
うん、うちではゆかりん見かけなくなったから
どうしたかなーって思ってたよ!笑
宣伝であれだけ言ってるから
知らずみれたのはラッキーかも。
でもそれだけがオチだったからねー
なんか、怪演だけが見どころのような。
にゃむばなな
こんばんわ
http://blog.livedoor.jp/acideigakan/
確かにこの監督の作品は映画としての盛り上がりには欠けますよね。
でもこの冷たい空気を味わう映画として割り切れば見応えのある作品でした。

というか、この作品の場合はスティーヴ・カレルの不気味な演技のおかげでもあると思いましたけどね。
mig
にゃむばななさん★
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
うーん、点数は高めにしたけど
なんだかなー映画化したわりに、普通の話でした
御曹司が何故殺したか、
やはり親の愛情の問題とかコンプレックスとか、、、
いややはりカレルの演技力と変わりようで魅せた!
ですね。
マリー
こんばんは~
今日観てきた~
内容全く知らなくて、あの展開にびっくり!!
デュポンさんが精神病を患っていたとは…それであの突飛な行動の意味がわかった~

観てて、描いてはないけど
同性愛的な問題が絡んでいたのかな~なんて思ってしまったり…なんか凄く愛に飢えていた気が
いくらお金があってもシアワセは買えないね~
mig
マリーさん☆
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
こんばんは♪
知らないで観た方がこれはいいんだよね~
宣伝がすごいし試写のまえに言われちゃって。

同性愛?!
わたしはそれは感じなかったけど
歪んだ性格は子供の頃に形成されちゃったんだよね、
友達は運転手の子供にお金渡してって、、、ひどい。
親が悪いよね。
お金あったってねー。親の愛情もないんじゃ、、、
Nakaji
http://blog.goo.ne.jp/junkon9880
まったく内容しらないでみたので、
へーーーこんな事件あったんだ・・ってところからでした。
だからなおさら淡々と進んでいくのがよかったような気がします。
mig
Nakajiさん★
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
なるほどー、内容知らないとまだいいですよね。
先に実際の選手が金持ちに殺されて、、、って
ネタバレしてる試写だったので
なんかそのまんまでした
キャストの演技でみれたけど、、、
ミス・マープル
面白かった
自分の好みに合ったのかとても面白かったです。
後から考えるとゾクリとするマークとジョンのレスリングの練習するシーン。あれも含めてマークはジョンの元を離れたのでしょうね。
デイヴの陽気で人望のある人柄もジョンの心を逆なでしてのでしょう。
見終わるといろいろなことを考えてしまいました。
mig
ミスマーブルさん★
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/
コメントありがとうございます♪
実話だと思うと恐ろしいですよね。
ただ、内容を先に知っちゃった宣伝方法で
そのまんまだったので映画としての面白みには
やや欠けました~
役者たちが良かったです
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の「劇場&試写★6以上」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2021年
2020年
人気記事