我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog14周年迎えました✨

幸せの1ページ/Nim' s Island

2008-08-28 10:18:38 | 劇場&試写★6以上


いつも強そうで怖いものなんか全くナシ!ってキャラを演じて来たジョディ、新境地開拓?!
ジョディ・フォスターが、ハートフルファンタジー




今回演じるのはベストセラー冒険作家で、超!が付くほど潔癖症で引きこもりの作家、アレクサンドラ・ローバー。


父親とふたり、無人島で暮らす11歳の少女には、アビゲイル・ブレスリン

『リトル・ミス・サンシャイン』以降、ダコタちゃんに続く子役として注目株


そうそう忘れちゃいけない方がもう一人。
パパ役と、アレクサンドラの描く物語の有名な主人公で冒険家のアレックス・ローバーの二役を演じるのが
『オペラ座の怪人』で日本でもファンを増やしたジェラルド・バトラー。




どちらもキマってて適役



島に漂流されてしまったワケじゃなく、自分たちの意志で誰もいない島での生活を選んでいる親子。学校へも行かず、
動物達があらゆることの先生になってくれる自由でのびのびとした毎日。



原題は「Nim' s Island」
ウェンディ・オアーの同名の人気児童書を映画化した冒険ファンタジー。
孤独なベストセラー作家と、南の島で父親と2人で暮らす少女の奇跡的な出会いを遊び心いっぱいに綴ったもので女の子視点の物語だと思うんだけど、
映画ではそこはやっぱりジョディ・フォスター主演に立てたことで
ひきこもり作家が初めて外に出る事で色々なことを学んでいくーみたいな内容。
だから邦題はこの方が正解なのかなー?



アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は、大人気の冒険小説家。
でも実は極度の引きこもりで潔癖性!
彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。
ある日、アレクサンドラは南の島の少女・ニムから、物語のヒーローからのSOSのメールを受け取る。
ジャングルで独りぼっちのニムを救うため、アレクサンドラは初めて家を出る事を決意。
サンフランシスコからボルネオ、そして南太平洋へと旅立つ。
が、数々のトラブルがアレクサンドラを待ち受けていた!



6/10


ジョディ・フォスターのこんなコミカル演技、見たことない


『フライトプラン』では機内で大暴れしてたけど、今回は飛行機の揺れすら怖い(笑)
かなーり昔はアットホームっぽい作品にも出てたけど、
ここまでコメディエンヌっぷり発揮したのは初じゃないかな??


その演技、爆笑まではいかないけど、神経質そうな感じはハマってるし
意外な1面を見られる感じで良かったかも。
かなりベタなドジっぷりや、自分が創り上げたイマジネーションの男と話すなど
その辺がみどころ。
ジョディの演技がちょっと笑えたので1つオマケ
ジェラルドバトラー扮する物語のヒーローが自分の生活にも入り込んでて
幻想の人物と常に喋ってるっていうのは面白い。

動物とコミニュケーションをとって南の島で自由に暮らすアビゲイルちゃんは
父親を待つ間に起こるハプニングをひとりで切り抜けようと頑張る。
内容的には面白いって脚本ではないけど
子供のような純粋な気持ちで観ると楽しめるというか、、、、
親子で観るにちょうどいいような作品。
男同士とか、カップルで観るような映画ではありませんー
もっと面白く出来たような気もするけど、ジョディの演技+南の島で生活してる雰囲気がよくて退屈せずに観られたのでOK

冒険ファンタジーっていうより、半分コメディ。
感動ってほどのものもないし、ファンタジーにしては作り込みが弱い。全てちょっと物足りない。。。。
夏休みに公開して親子をターゲットにした方が良かったんじゃないかなー?
大人になれば誰もが分かってるはずの、
勇気を持ってチャレンジすれば、きっと新しい何かをつかむ事が出来る
っていうメッセージは子供にもちゃんと伝わるはず☆




公式サイト
Nim' s Island    2008年  アメリカ  96min
9月6日、全国ロードショー



------------------------------------------------------------------------------------------
8/19 ジャパンプレミアでジョディ・フォスター来日

最近、長年つき合った女性と別れて新しいGFが出来たジョディ・フォスター。
その記事は過去のゴシップコーナーにて☆ ココ


家族(ふたりの子供)も気に入ったとのこと。

3/30 ハリウッドプレミアにて

劇中では、どっちが子供かわかんないほどの落ち着いた子供を演じるアビゲイルちゃん。


ジェラルド・バトラー、久々に観ました

ダンディ。


オーストラリアプレミアにて



映画でちょっとした活躍を見せたペリカンのガリレオくんも登場



クリックしてね
 ←please click


Comments (40)   この記事についてブログを書く
« パリス・ヒルトン観察日記 | TOP | 落下の王国/The Fall »

40 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジョディって (miyu)
2008-08-28 21:31:42
本当神経質そうで潔癖症っぽいからある意味ハマってましたよね。
コミカルな演技もたまにはいいですしね。
でも、南の島の景色といい、テーマといい
おっしゃるように夏休みのファミリー層狙いの方が
良かったんじゃ?って感じの内容でしたよね。
まぁ配給会社としてはジョディやジェリーのファン層を
ターゲットにしているんでしょうかね~。
秋はもうちょっとしっとりとした内容が見たかったかな。
って気がしなくもなかったですけど、まぁ楽しめましたね♪
こんばんは★ (dai)
2008-08-28 22:05:32
完全に子供向けコメディでしたね。
私も夏休み中の公開が良かったと思います。

ジョディの演技は最高でした。本当に芸達者ですね♪
コメディエンヌ (ともや)
2008-08-28 22:17:56
こんばんは、migさん♪
やっとネット復活しました、お久しぶりです~!
ジョディのコメディエンヌっぷりは、本当にビックリしました!
カワイイ!
キュート!

最近映画館でこの映画の最新チラシを入手したら、恋愛映画っぽく見せる宣伝は止めたみたいですね。
よかった、よかった。
miyuさん♪ (mig)
2008-08-29 09:38:54
ほんとにそうでした~
神経質っぽいのはズバリぴったり。
コミカルな演技も子供受けしそうだし
親子映画としてなら、、、という感じでしたね。

何も考えずに観られたから まいいかって
dai さん♪こんにちは (mig)
2008-08-29 09:40:45
ジョディの演技は見ものでしたね~
女性向けにアピールしたいみたいだけど、
女性同士で、って感じの映画でもなかったような
ともやさん♪こんにちは (mig)
2008-08-29 09:44:04
おひさしぶりです~★ネット復活良かったね

あは☆男性から観たらああいう普段お堅い女が
くだけるのってきっと可愛く見えるんだろうな(笑)
今後もコメディやってもいいかもですね

そうそう、これがあんなラストの出逢いだけで
恋愛ものって謳われたら文句言いたくなっちゃうかも
だからこれで良かった☆
こんばんは! (アイマック)
2008-08-29 21:21:31
migさんは楽しまれたようね。
予告編にまんまと騙されましたよ。
お子さま向けのファンタジーものだとは思わなかったです。。
ジョディの演技もなんだかオーバーにみえてしまって、、
でもコメディアン・ジョディは、一見の価値ありですね。
ロケーションや動物たちの演技はよかったので
夏休みの公開にすればよかったのにね。
ガリレオくんはオージー生まれかな?^▽^


ジョディ最高! (ノルウェーまだ~む)
2008-08-30 00:01:35
migさん、トラコメありがとうございます~
ジョディの演技は本当にサイコーですよね!
見事、潔癖症のひきこもりを演じてました~
特に、無人島に着いたばかりの頃の様子がおかしい!
でもいくら勇気を出しても、ジャングルを裸足では絶対歩けない~~~!!
最後がちょっと、んー??だったけど、上質の童話ってかんじで、良かったと思います。
パコもステキなお話ですよ!楽しんで来て下さいねっ
アイマックさん♪ (mig)
2008-08-30 10:03:42
こんにちは☆

そっか~、わたしは全く期待してなくて
☆4くらいかなって思ってたから(笑)
意外と普通に楽しめちゃった。
でも物足りなさはあるからオススメはぜんぜん出来ませんねー
ほんと夏休み狙えばよかったのに、、、、
女性ターゲットにするというのはちょっと狙いハズしましたよね
ノルウェーまだ~むさん♪ (mig)
2008-08-30 10:06:45
お義母さまとのお家のお掃除、落ち着いてますか?

早速ありがとうございます♪

そうそう、裸足になっちゃってましたよね~
はちゃめちゃぶりに引いちゃうひともいそうだけど
ジョディがやってるから良かったんだと思いますね☆
お子さまに観て欲しいなー

パコ、行ってきまーす
またマダムの記事にあそびに行きますね☆

post a comment