我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

英国王のスピーチ / The King's Speach

2011-03-02 16:30:05 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

ランキングクリックして 
please click

 

先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。

エリザベス女王の父上で国王、ジョージ6世は、子供の頃からの吃音に悩まされていた

 


監督、トム・フーパーは38歳で監督賞も受賞 

 

これまでの作品はどれも未公開のものばかりでのいきなりの快挙。

くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!- (2009) 監督
エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~ (2005) 監督
ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト (2004) 監督
第一容疑者 姿なき犯人 (2003)

 

映画祭の中では一番早く開催され、毎年アカデミー賞に一番近い作品が受賞で注目のトロント映画祭で観客賞受賞(最高賞)してから

かなり気になっていた作品、見事アカデミー賞で、作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞の4部門で受賞獲得。

 

多くの人前じゃなくても、話す際にはどもり癖がある、そのため国王になんてなりたくはなかったジョージ6世。

幼少期からのコンプレックスとプライドの強さゆえ、なかなか思い通りに治療はうまくいかずにいた。

 

当初監督の頭の中では、レイフ・ファインズやポール・ベタニーが想定され、実際にオファーをした一人には

ヒュー・グラントの名も!断って後悔してるらしいけど馬鹿だな~。復帰の大チャンスを自ら蹴るなんて。

まぁ、ヒューだったらまた作品の雰囲気ががらりと変わっただろうけど。

それはさておき、その国王には、「シングルマン」でもその演技力を評価されて記憶に新しいコリン・ファース。

気弱で情けない男、それでいて品がある役どころをやらせたら秀逸!

現在50歳なのに、39歳の役というのはちょっと無理があるし、弟ではなく兄がガイ・ピアースというのもちょっと驚いたけど。

 

 

王が死んだら長男のこの人。

でも離婚歴のある女性との結婚の方で頭いっぱい吃音の弟を小馬鹿にする兄、エドワード。

 


ありきたりなことしか言えないけど、他に代わりが思いつかないほどのキャストたち。

最近ではハリウッド映画で魔女役など、癖のある役が多かったけど昔出ていたような

イギリス映画でもしっかり魅せる。庶民的で偉ぶる事もなく、カラッとした気質で夫に愛情をそそぐ妻を演じたヘレナ・ボナム=カーター。

助演女優賞ノミネートでその演技が認められた。

まさに、内助の功。

 

主演男優賞受賞のコリン・ファレルが素晴らしいのはもちろん、

スピーチ矯正セラピスト、ライオネル

ジェフリー・ラッシュがまたすばらしい!

一度「シャイン」でオスカーを手にしてるためか今回は助演男優賞受賞はならず。

常に対等な立場で接することを望み、特別扱いはなし。

王族にも本音で真摯に向き合う姿勢。

 

 

 

二人の間にやがて芽生えてくる特別な絆。

初めは、感動作なの?という疑問があったけど、結末はわかってたけど、、、、、

 

まるで指揮をとるかのごとく、側にいて 手でリズムをとって流れるように誘導する。

ヒトラー率いるナチスドイツとの開戦のまさしく目前、国民に与えられた言葉。これがどれだけの勇気を与えたことだろう。

 

身分の違いを超えた、友情を描いたストーリー

最後のスピーチにはちょっとうるっときてしまった

何度も言うけどキャストが素晴らしいからね。

 

 

ライオネルはジョージ六世が亡くなったあとすぐに引退したらしい。

劇中、スピーチのあと二人が交わす会話で、「Wがつっ かえていたな」とライオネルが言うと、王が「僕だとわかるようにさ」

そのままライオネルの日記に記されていた言葉だったとか。

 

 

8/10(80点)

 

幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世。

そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。

ジョージの妻エリザベスは、スピーチ矯正の専門家ライオネルのもとへ夫を連れていくが……。

 

 

 

 公式サイト 

THE KING'S SPEECH    2010年    イギリス=オーストラリア     118min

2月26日より絶賛上映中

アカデミー賞受賞を受けてますます連日混んでるのでチケットお早めに。

 

「我が人生最良のとき」とコリンスピーチ

 

 

 

 

 

アカデミー賞記事で押してくれた方感謝です  

 

応援クリックよろしくね クリックして下さってる方々ありがとう

←please click

 


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« * .:2011 アカデミー賞★レッ... | TOP | アンチクライスト / ANTICHRIST »

62 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
アカデミー受賞作 (KGR)
2011-03-02 17:23:30
受賞はまず順当なところでした。

台詞のやり取りが面白かったです
コリン・ファース (まっつぁんこ)
2011-03-02 17:25:24
コリン・ファレルだと全然違ったでしょうね。(笑)
Unknown (ぷくちゃん)
2011-03-02 17:32:12
こんにちは。migさんの方が私より映画を遅く観るなんて2年に1本程度だろうと感じたぷくちゃんといいます。


ガイ・ピアース。おいしい役どころだったですよね。ジェフリー・ラッシュは授賞式の時に坊主だったんですよね。
助演を。。 (AKIRA)
2011-03-02 17:43:31
良いドラマでしたね~
役者がとにかく見事!!!

ジェフリー・ラッシュに助演賞をあげてほしかった。。
この作品は彼こそが縁の下の力持ちだったのに。。
これ以上無いキャスト (ノルウェーまだ~む)
2011-03-02 18:03:57
migちゃん、おはよー☆
さすがオスカー効果で映画館混んでいたんだね。観れて良かったね~
んで、migちゃん多少お疲れ?
コリン・ファースだよ~~☆

私も兄と弟が逆に思えて、途中混乱しちゃったよ。
そんなステキな会話がなされていたなんて、まったく聞き取れず☆
ぜったいもう一度字幕付きで見なきゃね。
よかったよねー♪ (kira)
2011-03-02 18:25:23
静かで熱い男のバトル、
静かで温かい妻の愛、
キャストの熱演で魅せる2時間が、
と~っても短く感じられました
混乱してきた (**joy**)
2011-03-02 19:11:08
えーとこの人はコリン・・・・
ファース?
もっと若くて女好きの人が・・・コリン・ファレル?
うううううコリンて、コリンて!
ってなってきました。
とりあえずこの映画みたらごっちゃにならんでええかも!近いうち見に行きます^^
こんばんは。 (BROOK)
2011-03-02 19:34:39
コリン・ファースはホント憂いた役が似合いますね。
王としての“責務”・・・
最後のスピーチが終わって、部屋から出てきた時の表情は“威厳”がありました。
王とはかくあるべきなんですね。
こんばんは (dai)
2011-03-02 21:49:01
ヒュー・グラントだったら全く違う作品になったでしょうね。個人的には高評価とまでは行かなかったですが、良作であることは確かです。
アカデミー賞 (NAO)
2011-03-02 23:14:38
3人は、ほんと適役でしたね♪
静かな中にも熱いものを感じました。
自分の弱いところを真正面から立ち向かい、
それを克服した時のスピーチは、どれだけ力強く感じるか。
国民が、王を信頼するのもわかる気がします。
どっかのセンセイたちに見せてあげたいですね。

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上

Similar Entries