我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog14周年迎えました✨

愛する人 / MOTHER AND CHILD

2010-12-21 13:33:13 | 劇場&試写★6以上

ランキングクリックしてね
←please click




「彼女を見ればわかること」「美しい人」など、女性たちの心情を鋭く捉えるロドリゴ・ガルシア監督作。


製作には、「バベル」などのアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。
ナオミ・ワッツ主演、母と娘の物語。


好きな映画は?と聞かれて、「風と共に去りぬ」やタランティーノの他に真っ先に挙げるのが、ベッド・ミドラーの「ステラ」
母と娘を描いたストーリーにめっぽう弱くて大好き。

本作、ちょうど先日の旅行の機内で半分ちょっとまで観てて残りが気になってたの。
日本では、ラテンビート映画祭で上映し、来年1月公開が決定。
ちょっとだけ早く、試写にて鑑賞。

まぁどんな映画もなんだけど、あまり内容知らずに観たほうがいいから
さらっとどんな映画かと、感想だけ。


14歳の若さで妊娠した事で、生まれた子供を手放し、母親の介護をしながら働く日々。
人に愛される事、理解し合うことも忘れ、少しとんがって生きてきたカレン。

アネット・ベニング。

弁護士として素晴らしいキャリアは持つけれど、孤児で育ち、それまで孤独に独りで頑張ってきて、親の愛情、本当の愛を知らずに生きて来たエリザベスに、ナオミ・ワッツ。

後半、実際の妊婦姿で出演。


心の底ではずっと想いながらも、お互い探すこともなく37年間会えずにいた二人。

一人の男性との出逢いで心が開けていき、娘を探す決心をする母親。

一方で、突然の妊娠がきっかけで、エリザベスはずっと閉ざしてきた母への思いを募らせていき…


母親介護で手一杯の日々に愛されることを忘れたひと。
両親の愛情も知らず、知り合った男性とも心から愛する事なく惰性で関係を持つひと。
こどもが欲しくても出来ず、養子をむかえる決心をするひと。
早過ぎた出産で、子供を手放すことをきめたひと。
そんな娘を励まし、見守るひと。
夫と別れ、女手ひとつ、娘を連れながら働くひと。

新しく生まれてきた いのち。





沢山の母と娘の関係が、ひとつのタペストリーのように織られて出来た、それぞれの想いの詰まった映画


14歳のときに身ごもった過去をもつカレンは、母の介護に追われながらも手放した娘のことを忘れられずにいた。
その娘エリザベスは、母の顔も知らずに孤独な日々を過ごしていた。
しかし、エリザベスは突然の妊娠をきっかけに、まだ見ぬ母への思いを募らせていく。




7/10(77点)



この日、上映前のトークでLilicoさんが「最後にはハンカチ必要ですよ!」なんていっても
泣くとは思わなかったんだけど、、、、

最後の方のセリフにはぐっときちゃって泣けました久々に劇場で。

初めのほうは、機内で観たサミュエルとナオミがエッチ、、、、、なんてそこ話題にしたくなるような
ちょっと、ぐぇ~ っとなるような展開で
隣の新婚の男性を挑発しちゃったり、よほど愛に飢えた女なのね、、、、というのを印象づけるナオミ。

サミュエルも最初から、ボスと部下が親しくなるには二人で、、、みたいな感じで食事しちゃったり おぃおぃ
妻とは別れて今は独身とはいえ、「のめりこむのが怖い」なんて 
これまであまりみない珍しいラブシーンに内心、ワクワクどきどき (笑)


母親カレンのほうでは、過去の男として とっつあん坊やで悪役も多いデヴィッド・モースが
これまたハダカでちょこっと登場~(みたくないし)



最初は、どうしても子供が欲しい黒人カップルの妻に感情は持っていかれた。
もうすぐ生まれてくる自分の子を養子に出すため、数組の夫婦と面談して
まるで子供を提供する側の方が、産めなくてもらう(育てる)側より階級が下かのように
偉そうな態度をとるのがほんとに感じ悪い。
こんな人の子をもらうのやめなよって言いたくなるけど、順番待ちしてやっと
ってくらいだから我慢しなきゃいけないものなのかあまり気にせずに二人、意気投合。


カレンについては、せっかくいいよって来てくれた会社の同僚にもそっけない
酷い態度をとって よくあの男性に呆れられずについてきてくれたなって。

この人との出逢いが、カレンのすべてを変えた。

途中から、人格変わり過ぎじゃない?ってくらい変わる。
家政婦の娘ちゃんのことも、なぜかあんなに毛嫌いしてたのに急にすごい優しくなったりして。


愛の力はこんなにも大きく、偉大



全ては順調にいくかと思いきや、の悲劇が。
二人は会って、ハッピーエンドかと思ったらそうじゃないところが本作の素晴らしいところ。

そしてエリザベスの相手が黒人だったことも色々な伏線。

いくつかの偶然が重なり、それぞれの運命は交差して、、、、、

それにしても身寄りがなくなった赤ちゃん。
サミュエルが再登場して妊娠のことは知ってたのに、その後のことを聞きつけて何も言ってこなかったのかな。
そこは置いといても 

カレンの言葉に涙が出た。知らずにいれば、ずっと幸せでいられた。
それでもそれを乗り越える ひとつのいのちとメッセージがあるから。

本当の親子でも、血は繋がってる。
血は繋がっていなくても、母親が娘に想う愛は同じ。
肌のいろなんて関係ない。
悲しみを希望へと繋げる あたたかいシーン、ラストは素敵だった


母と娘のストーリーだけど、是非男性にも観てもらいたい作品
母娘で観るのもオススメ


わたしも母に前売券でも贈って観てもらおう~。


公式サイト
MOTHER AND CHILD    2009年    126min
2011年1月15日よりBunkamura ル・シネマほか順次ロードショー


第26回インディペンデント・スピリット・アワードで助演女優賞にノミネートされた他、サミュエル・L・ジャクソンも助演男優賞にノミネート。
ドーヴィル・アメリカ映画祭のグランプリ受賞。






読んだらクリックしてくれると嬉しいな
ランキングクリックしてね
←please click






Comments (30)   この記事についてブログを書く
« ソーシャル・ネットワーク/ T... | TOP | バーレスク/Burlesque »

30 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
mig先生! (xtc4241)
2010-12-21 16:17:18
こんにちは(いま12月21日pm4:10頃です)

やった!
「愛する人(マザー&チャイルド)」の試写会に行ったのですね。

>母と娘のストーリーだけど、是非男性にも観てもらいたい作品
母娘で観るのもオススメ
>わたしも母に前売券でも贈って観てもらおう~。

っていうところが最高です。
migさんの評価も上々
(その割りに7点は厳しいけど、これはmig先生独特な点数だから)
僕も一番好きな女優(ナオミ・ワッツ)だから、
ちょっと、目が濁ってるかもと、
一抹の不安はあったのですが、mig先生が太鼓判を押してくれたと思ってます(笑)

僕ももう一度、観に行きます。
ありがとう。
こんにちは♪ (mezzotint)
2010-12-21 16:25:24
migさん
観られましたか。
サミュエル・ジャクソンとナオミ・ワッツ
のあのシーン、今も鮮烈に残っています。
それにしてもナオミ・ワッツって何か独特
の雰囲気がありますね。淡々としているって
言うか?この役は彼女だから良かったような
感じですね。
案外・・・ (ノルウェーまだ~む)
2010-12-21 16:47:18
migちゃん、おはよー♪
雪に埋もれたロンドンも、これから天候が落ち着きそうで、なんとか飛行機飛びそうだわ。

この映画はさほど興味が湧かなかったんだけど、migちゃんのレビューを読むと面白そうに思えてくる~♪
試写会応募しているけど当たるかな・・・
観たいな。 (マリー)
2010-12-21 18:21:50
これもよさそう・・・

私も父子、母子もの弱いです。
「トロン」ですら、SW的展開にグッときた(笑)

順次公開でどうなのかな?と思ったら
あったあった!今日劇場にチラシが~(嬉)
このまま何事もなくきてくれ~(時々チラシだけで消える・・・)
xtcさん☆ (mig)
2010-12-22 15:02:57
こんにちは♪いやいや先生じゃないですって!(笑)

観れましたよ~、早々にありがとです☆
7点厳しいですか?
わたしにはいい方です
満点とかは相当に自分が気に入ったのしかつけませんし(笑)

機内で観た1時間のうちではサミュエルと寝たり、隣の家の男性挑発とか、面白くみていたんだけど、カレンの気難しさもアネットべニングが憎らしいほどうまかったし、ナオミワッツもいつもながら良かったですよね☆
mezzotrintoさん (mig)
2010-12-22 15:06:21
全く同感ですね、ナオミワッツのしれーっとした無機質で恋愛に冷めた感じ、良かったですよね。
この人じゃなかったらまた違う雰囲気になってたかも。
サミュエルがこの役っていうのも、すごく意外。

ナオミとアネットべニングとは会えず、子だけはちゃんと会えるっていうところがすごく胸にきました
あと最後の写真。
まだ~む☆ (mig)
2010-12-22 17:01:49
ありがとう~♪
いよいよ明日着ね、今頃飛行機かぁ~。機内でこれやってないかな?
(字幕なかったけど、、、)

これ興味なかった?是非見てほしいの♪
泣けるわ~絶対まだ~むも。
会うの楽しみにしてるね~
マリーさん☆ (mig)
2010-12-22 17:03:25
こんばんは♪

これも絶対マリーさん泣けるはず!
ぜひ見てもらいたいよ~♪

バーレスク、思いのほか高得点になっちゃって次点に入りそう(笑)
マリーさんは9点かな?
観てきたよ~ (KLY)
2011-01-06 21:25:38
凄く好き。
ちょっと駆け足だったけど、母親が子供を想う気持ちが切なくて暖かくて…。お母さんが娘を産んで、その子が成長してまたお母さんになる。そうやって愛が受け継がれてきたのかな。形見のペンダントがその象徴のように見えたよ(>_<。)
物語には一杯お母さんが登場してきたけど、形は違っても皆娘を愛する気持ちは同じだったよね。そしてそれは、養子を止めたレイも同じだったんだと…。
帰り道でカップルの男が「最後に養子を止めたのは、家族が何か言ったからかな?だって授乳もしなかったのに。」とか言ってるのを聞いて、心底悲しかったよ。そんなことも解らないのかって…。
ぐっは~ (KLY)
2011-01-06 22:58:45
携帯から書き込んだら途中で切れてるし…><;

帰り道でおばちゃん2人組が言ってたこと。
「高齢出産なんだから気をつけなきゃねぇ~」
「ホントホント。日本だったら絶対ないわよね!」
いやまあ確かにエリザベスはその通りなんだけど、それ見るとこ違うし…^^;

同じくカップルの男が彼女に…
男「最後養子止めたのって家族が何か言ったんじゃない?だって授乳もしなかったんだし。」
女「そうだね……」
何を観てたんだろう。そんなことも解らないのかいな…。そりゃ女の子も呆れるさね。^^;

post a comment

Similar Entries