我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

俺たちフィギュアスケーター/ Blades of Glory

2007-11-24 00:00:04 | 劇場&試写★6以上

 

全米で今年春公開、2週連続No1 興行成績は『オーシャンズ13』抜いて
1億1800万ドルを記憶したおバカコメディ日本上陸


楽しみにしてたけどこの二人だから日本では公開ナシだろうな~
と思ってたら急遽公開決定
GAGAさん、公開決定ありがとう 来月の公開を前に、試写で観てきました♪
ちなみにこの邦題は、同じくウィル・フェレル主演の『俺たちニュースキャスター(邦題)』からのパクリ。

期待を裏切らず、バカバカしくって面白かった~♪

このキャストふたりが最高~



二人の世界チャンピオンは最高に気が合わないフィギュアスケート界のライバルだった。
一人は、有名な資産家の家に養子として英才教育でセレブ育ちのおぼっちゃま、
ブロンドの貴公子、ジミー・マッカロイ。




このひと、『ナポレオンダイナマイト(バス男)のジョン・へダーくん

ちなみに右の嫌なパパには、『インベイジョン』や『プリズンブレイク』など最近ドラマの方で活躍中、ウィリアム・フィクナー。



同一人物

そしてもう一人は、、、
キモイおっさん、ウィル・フェレル

この作品では、持ち前の暑苦しさ全開

セックス依存症で、ワイルドがウリのお下品な野生児 チャズ・マイケル・マイケルズ。


同時に金メダルを取り表彰された受賞式最中、小突き合いの末 乱闘騒ぎ。
裁判の結果、連盟から永久追放された。

それぞれが落ちぶれて以前の活躍の影もなく落ちぶれて、アルバイトに明け暮れる日々、、、
あるとき シングルではダメだけどペアとしてならカムバック出来ると気づき、、、、。


オトコ同士のむさいコンビ結成


見どころはやっぱりオトコ同士ならでは、のアブナい演技
お互いの股間に顔を埋めたり、アソコ掴みそうになったりとにかく暑苦しい


あとは劇場でお確かめ下さい。

 

お互いもともと大嫌いな相手だから寄ると触るとケンカばっか。
それもコドモじゃないんだから。って言いたくなるくだらなーいケンカで笑える。



そんな二人は大会に向けて猛特訓をするがそう簡単にはいかない。
ライバルの双子はかなり悪どい方法で、あの手この手を使って
二人の成功を阻止しようとする。



そんなドタバタに加え、恋バナも盛り込んだりして。

敵の妹に恋しちゃったジミー。  この女の子、ミラ・ソルビーノ似。



この映画、実は裏方の製作にはベン・スティラーが関わってるのです。


それだけに、おバカ映画に必須のツボをしっかり押さえてる

監督を務めたのは1999年『culture』がアカデミー賞短編賞ノミネートの
ジョシュ・ゴードンとウィル・スペックの男性ペア。

9/10

 

こういうくっだらなーーいバカ映画好き~
アメリカンジョーク連発、ベタだし、ありえね~ってことの連続だけど、
ジョンへダーとウィルのコンビがハマってて良かったなー。キャラも良かったし
B級おバカコメディ好きとしては満足♪
くだらない笑いが好きな人にオススメ

そういえば、話の流れはベン主演のB級コメディ『ズーランダーにも似てる。
製作として関わったベンは一切でてないけど、これはウィル×ジョンへダーで大正解!
ジョンへダーは実際数カ国語を話せるらしいけど、日本語話すシーンアリ。

あ、カメオでルーク・ウィルソンも出てます☆
どうせだったらオーウェンも出て欲しかったなー。
ベンもちょこっと出ちゃえば良かったのに。
そのかわり、(ではないけど)全米プロスケーターが全面的に協力していて
わたしはアイススケートには全く詳しくないけど、
スコット・ハミルトン、ドロシー・ハミル、ナンシー・ケリガン、
サシャ・コーエンまで出演。
アイススケートファンも楽しめること間違いなし!(※保証は出来ません)
ちょこちょこ笑える90分
たまにはこんな、な~んにも考えずに観られるおバカコメディってやっぱり楽しい♪
DVD購入決定&もう一度劇場で観たいな~♪

 

※追記※ 早速、年明け1本目でまた観てきちゃった
それなので今年の☆6以上カテゴリにまた入れておきます☆
二度目はもっと笑えた~!ので★も1つup(笑) 




公式サイト
Blades of Glory   2007年  アメリカ   93min

12月22日~ 渋谷シネマGAGA、
なんばパークシネマほか順次ロードショー。



-----------------------------------------------------------------------------


2007/3/28 L.Aプレミアにて


お得意ポーズはピーコック



オマエハ ドコノ ワカメジャ? By 石立鉄男 (古い)
click



なぜかセス・グリーンまで☆  セス久しぶりにみた~


そしてなぜかブルック・シールズも。


カメオ出演のサシャ・コーエン選手。



今回、完全に裏方。ベン・スティラー夫妻。





ミテネ







人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいな


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (79)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンリーハート/ Lonely Hearts | TOP | ミッドナイトイーグル/MIDNIG... »

79 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいなぁ (ゆかりん)
2007-11-24 00:11:00
私もオバカ映画大好きなんですけど・・・
たぶんコッチでは上映してくれないと思います(泣)
DVD待ちかも~
はーい♪ (kira)
2007-11-24 00:49:27
migさん、☆8つ
はい、観る、観ます!絶対みたい~!
だって、画像が全部面白いんだもん
コレ観てるだけで既に笑っちゃったわー

X'mas過ぎぐらいに行けたらいいな~
こんにちは。 (えい)
2007-11-24 09:28:54
おはようございます。

ルーク・ウィルソンが出ていたことから
思いっきり主人公の名前をまちがえると言う
大ポカをヤッテしまいました。
ご指摘ありがとうございました。

そうそう。『ロンリーハート』、
無事TB成功です。
お手数おかけしました。
あらら、まちがえた。 (えい)
2007-11-24 09:30:28
あっ、主人公でなく主演だ。
またまたヤッテしまった。
もう一度見たいかも。。 (きゃんでぃー)
2007-11-24 12:14:12
migちゃ~ん、、トラックバックをありがと~~!
私からもお返しを愛をこめて送らせて頂きました

私のレビューって、、ちょっと辛口だったね。。
ジョン・ヘダー&ウィル・ファレルで、、期待しすぎちゃってたのかな?
ストーリーがあまりにもフツーすぎちゃって、、それとジョンくんがフツーの男の子っていうのが、、ネックだったかな?
でも、何も考えずに見れるおバカムービーで、笑えることは間違いなく太鼓判
こちらではDVDがリリースされたので、もう一度じっくりと腰を据えてみてみようかな?って思っています


ジョンくんが日本語で対応していたのがビックリだったよね~!
練習したのかな??

私は昨日はね、、アレを見たよ! しかも3Dで
頑張ってレビューを書こうと、いま頭の中を整理しています
これからスクリーンで見たい映画が続々と公開するから、楽しみだね!
おもしろそ! (yue)
2007-11-24 13:26:32
ウィルさん、またもやニクイねぇ~
まだレンタルしないけど、いつか見たい!

”おまえはどこのワカメじゃ?”
古い!ギリギリ分かったよー^^
ほんと、もじゃもじゃだにゃ。

ユマの日本未公開の「PRIME」
また見たくなってきた!
あれ、ほんと好きだよあたしゃ。
メリルさんがまたいいんだよね☆

こんばんわー (ななな)
2007-11-24 21:26:09
migさん♪

あれ、同じ試写だったかも。migさんかなり評価高いね!

私はなんだか微妙な感じになっちゃいました。

惜しい!って思っちゃった。まだまだmigさんほどにおバカ映画を愛せてないみたいー。

でも主演の二人はとてもよかったからそこがよかった!ってかウィル・フェレルが好き!(キモいから 笑)

TBは明日送りますー。
うひ☆ (きらら)
2007-11-24 21:57:37
migちゃぁ~ん☆
高評価だね ふふふ♪
私も頑張っていけばよかったかなー?
でもななんちゃんのような方もいるみたいだから
期待しないで公開を楽しみにしているねん☆
この週末は何か観たかな??
私は寒くてお外に出れないよ~
観たい! (kazupon)
2007-11-25 00:27:49
migさん
もうご覧になったんですね~
いやー!!羨ましい。
今一番観たい公開前映画です(笑)
でも日本の劇場でやってくれるってのが
とってもウレシイです!
どうせDVDスルーだと思ってたので;;
また観たら覗きにきますね!
ゆかりんちゃん☆ (mig)
2007-11-25 09:22:17
ゆかりんちゃんところではやらないのかなぁ?
全国順次ロードショーみたいなんだけど
ゆかりんちゃんはきっと楽しめるような気がするなー♪
観てね

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上

Similar Entries