鼻から猫の毛

神という名の
ヒグマみたいな黒猫と暮らす

猫が、きた

2011-06-05 08:40:19 | 
推定年齢7歳~8歳。
男の子。
エイズキャリア(発症なし)。
只今、毛が無い状態(ってかモヒカン?)。

我が家での写真はまだ無理そう。
黒い子なのですが、現在本棚に挟まって隠れております。
ノラから保健所と保護者さんのお宅を経てうちへ。

出会いは半月前。
写真は結構衝撃でした。
「皮膚病?」って最初思った(笑)。
でも不思議と他の子より頭に残った子で。
なんとなーく、あの子貰い手ついたかなーなんて考えていて。
うちに来て、なんて言える立場でもないしなーなんて思って。
実感がわかないのよね、猫をまた飼うということに対しての。
なんて思いつつ、たまたま里親募集を見たら
再度upされていた彼の写真。

問い合わせ、する?しない?

葛藤(笑)。
穏かな余生を、という保護者の方のご意見を伺って
この子を本当に受け入れていいのか
自分にその覚悟はあるのか
そんなことを薄ぼんやりとここ半月考えていて。
とりあえず問い合わせを・・・と思ってメールしたら
「明日の朝伺います!」とのこと。
え?そんな急に?まだ心の準備が・・・と思いつつ
慌ててトイレやご飯を買いに行く。

そして本日。
現実を受け入れる前に
現実が来た感じ。

「名前はクロネコヤマトです」と保護者さんから言われた。
・・・。黒猫だから?
大丈夫そうですか?と聞かれても、正直判らない。
猫にとって危険なものは結構あるような気がするけど。
ワクチン代その他保護者さんの必要経費を支払って受け入れ。

猫とあたいの間は微妙に距離があいている。
無理くり抱っこすると、そのままじっとしている。
両手を離しても特に逃げない。

お互いに
「・・・・。」
「・・・・。」

って感じ。

適当に、ぼちぼちやっていきます。
住所検索で近所にvet.もあるようなので近いうちに伺う所存。


頂いた写真。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大家さん | トップ | 現在のペットショップ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。