風見鶏つうしん 横浜市泉区から2009年8月発の太陽光と2018年5月発のエネファームのダブル発電状況記録&報告です。

109ヶ月以上快調稼働中のHIT210発電と新エネファーム発電とAiSEGのデータを中心に、気儘に綴って行く積りです。

2018年9月の発電データ

2018年10月01日 | 太陽光発電

2018年9月(30日間)の発電データ

HIT210パネル容量 4.2kW  南面30度 パワコン出力容量 4.0kW 
Panasonic エネファーム 最大出力700W (2018年5月10日使用開始)
(AiSEGの積算値)
太陽光発電量  327kWh
エネファーム発電量  170kWh
ダブル発電量  497kWh
消費量     315kWh
売電量     252kWh
買電量      70kWh
日照時間   99.4h
太陽光設備利用率 327kWh/(4.2kWx24hx30days)=10.8% (低い!)
エネファーム設備利用率 170kWh/(0.7kWx24hx30days)=33.9%(高め)
太陽光定格発電時間 327kWh/4kW(パワコン出力)=81.8h (30日間:720時間にパワコン出力フルで81.8時間発電したと見なせる指標。)
9月月間W発電自給率 497/315=157.8%(低い!)
累計自給率(太陽光発電のみ)  52289/44178=118.4% (連系以来3335日:9年と48日間の累計  先月より0.1ポイントの低下でした。)

過去5年間の9月分太陽光発電実績と比較してみます。
2018年の発電量~自給率はダブル発電ベースの値(太字)になります。

         2018年  2017年   2016年  2015年     2014年     2013年

発電量    497kWh  399kWh   326kWh   391kWh   463kWh   485kWh(横浜市泉区)

消費量        315     260      272         282          289        400

売電量        252     305          226         273          342        324

買電量          70     165          172         164         168        239

自給率      171%   154%       115%       139%      161%     121%

日照時間      99.4h    130.9h     109.7h      125.4h     166.6h 179.0h (横浜地方気象台)

  この5年間で最も日照時間が少ない二桁と言う記録的な9月となり太陽光発電が327kWhと2016年並みの少なさになりました。9月も消費量が多くなってしまいましたがエネファーム発電が貢献して買電量を減らす事と自給率を高める事が出来ています。

コメント

2018年8月(31日間)の発電データ

2018年09月01日 | 太陽光発電

2018年8月(31日間)の発電データ

HIT210パネル容量 4.2kW  南面30度 パワコン出力容量 4.0kW 
Panasonic エネファーム 最大出力700W (2018年5月10日使用開始)
(AiSEGの積算値)
太陽光発電量  568kWh
エネファーム発電量  184kWh
ダブル発電量  752kWh
消費量     440kWh
売電量     398kWh
買電量      86kWh
日照時間    241.8h
太陽光設備利用率 568kWh/(4.2kWx24hx31days)=18.2% (高い!)
エネファーム設備利用率 184kWh/(0.7kWx24hx31days)=35.3%(高め)
太陽光定格発電時間 568kWh/4kW(パワコン出力)=142.0h (31日間:744時間にパワコン出力フルで142.0時間発電したと見なせる指標。)
8月月間W発電自給率 752/440=170.8%(低下)
累計自給率(太陽光発電のみ)  51962/43863=118.5% (連系以来3305日:9年と18日間の累計  先月より0.1ポイントの向上でした。)

過去5年間の8月分太陽光発電実績と比較してみます。
2018年の発電量~自給率はダブル発電ベースの値(太字)になります。

         2018年  2017年   2016年  2015年     2014年     2013年

発電量    752kWh  398kWh   500kWh   449kWh   505kWh   572kWh(横浜市泉区)

消費量        440     382      407         408          371        534

売電量        398     238          317         269          330        336

買電量          86     222          224         228         196        298

自給率      171%   104%       123%       110%      136%     107%

日照時間     241.8h    119.2h     192.0h      176.8h     197.3h 242.5h (横浜地方気象台)

  2013年以来の日照時間の多さで太陽光発電が586kWhと多くなりました。冷房に使う量が多くても売電量は2013年よりかなり増えています。2014年からの省エネ効果と今年からのエネファーム導入効果と思われます。買電量は先月(70kWh)に比べてまたもや増えてしまいました。暑さに堪え切れず冷房を「ためらわずに」使った結果です。エネファームの導入効果評価は、季節要因もあり少なくとも1年間のデータが要るようです。 

コメント

2018年7月の発電データ

2018年08月01日 | 太陽光発電

2018年7月(31日間)の発電データ

HIT210パネル容量 4.2kW  南面30度 パワコン出力容量 4.0kW 
Panasonic エネファーム 最大出力700W (2018年5月10日使用開始)
(AiSEGの積算値)
太陽光発電量  576kWh
エネファーム発電量  149kWh
ダブル発電量  725kWh
消費量     402kWh
売電量     393kWh
買電量      70kWh
日照時間    258.7h
太陽光設備利用率 576kWh/(4.2kWx24hx31days)=18.4% (高い!)
エネファーム設備利用率 149kWh/(0.7kWx24hx31days)=28.6%
太陽光定格発電時間 576kWh/4kW(パワコン出力)=144.0h (31日間:744時間にパワコン出力フルで144.0時間発電したと見なせる指標。)
7月月間W発電自給率 725/402=180%(高め)
累計自給率(太陽光発電のみ)  51394/43423=118.4% (連系以来3274日:8年と352日間の累計  先月より0.3ポイントの向上でした。)

過去5年間の7月分太陽光発電実績と比較してみます。
2018年の発電量~自給率はダブル発電ベースの値(太字)になります。

         2018年  2017年   2016年  2015年     2014年     2013年

発電量    725kWh  538kWh   458kWh   486kWh   500kWh   493kWh(横浜市泉区)

消費量        402     364      317         439          421        485

売電量        393     371          313         287          314        290

買電量          70     196          172         240          235        275

自給率      181%   148%       145%       111%      119%     102%

日照時間     258.7h    224.6h     169.2h      204.8h     197.5h 176.8h (横浜地方気象台)

  7月は猛暑日が続いて冷房の消費量が多くなり6月より大幅に買電量が増えました。過去5年間に比べて日照時間が最長だったお陰で太陽光発電が576kWhと7月としては最も多くなりましたが冷房に使う量が多くて売電量は伸び悩んだようです。エネファームは8時から16時まで止めておりその間の消費電力はすべて太陽光発電で賄っています。
エネファームの導入効果は、算出根拠を思案中です。 

コメント

2018年6月の発電データ

2018年07月01日 | 太陽光発電

2018年6月(30日間)の発電データ

HIT210パネル容量 4.2kW  南面30度 パワコン出力容量 4.0kW 
Panasonic エネファーム 最大出力700W (2018年5月10日使用開始)
(AiSEGの積算値)
太陽光発電量  458kWh
エネファーム発電量  151kWh
ダブル発電量  609kWh
消費量     265kWh
売電量     386kWh
買電量      42kWh
日照時間    177.6h
太陽光設備利用率 458kWh/(4.2kWx24hx30days)=15.1% (まあまあ)
エネファーム設備利用率 151kWh/(0.7kWx24hx30days)=30.0%
太陽光定格発電時間 458kWh/4kW(パワコン出力)=114.5h (30日間:720時間にパワコン出力フルで114.5時間発電したと見なせる指標。)
6月月間W発電自給率 609/265=230%(高い!!)
累計自給率(太陽光発電のみ)  50818/43021=118.1% (連系以来3243日:8年と321日間の累計  先月より0.4ポイントの向上でした。)

過去5年間の6月分太陽光発電実績と比較してみます。
2018年の発電量~自給率はダブル発電ベースの値(太字)になります。

         2018年  2017年   2016年  2015年     2014年     2013年

発電量    609kWh  483kWh   409kWh   431kWh   442kWh   437kWh(横浜市泉区)

消費量        265     302      267         274          269        374

売電量        386     348          289         301          319        271

買電量          42     167          147         144          146        208

自給率      230%   160%       153%       158%      164%     117%

日照時間     177.6h    170.7h     142.1h      143.1h     172.1h 141.8h (横浜地方気象台)

  5月に続いて6月もW発電効果として発電量、自給率の大幅増加と買電量の大幅減少が見られます。売電量押上効果は日照時間がほぼ同じの2017年と2014年の売電量に比べると+11%~21%はありそうです。ただし変動要因が多いので一概には比較できません。それより買電量が大幅に減りました。導入前の1/3~1/4です。

エネファームの導入効果は、
  (買電料削減額+売電料増加額)-エネファーム消費分のガス料金
として良いのでしょうか? 良く分かりませんが幸いエネファームだけのガス消費量が”あなたとエネパ”と言うスマホアプリで6月分は44.18㎥と分かりますので計算は出来そうです。

2017年6月分と比較してみます。

買電料削減額:(167kWh-42kWh)x25円/kWh=3125円

売電料増加額:(386kWh-348kWh)x39円/kWh=1368円  合計4493円

エネファーム分ガス料金:44.18㎥x102.55円/㎥(EF発エコB表)=4531円

ほぼトントンとなります。実際には発電と同時に沸かした湯を貯めておく貯湯タンクの湯を使う限りシャワーや風呂を使う時にガスは使いませんので、その分のガス料金が要らない点を考慮すると数値化は難しいですが導入効果は+になりそうです。

補足 
 あなたとエネパアプリでは6月中のお湯の使用量も出て9.36㎥となっています。このお湯は燃料電池で発電する時の熱で沸いたものですが、その単価は計算できるのでしょうか?水道の単価は決まりそうですが、20℃の水道水を例えば42℃に上げるのにエネファームのガス代のうちどれ位使われたのか?良く分かりません。

以上

コメント

2018年5月の発電データ

2018年06月01日 | 太陽光発電

2018年5月(31日間)の発電データ
HIT210パネル容量 4.2kW  南面30度 パワコン出力容量 4.0kW 
Panasonic エネファーム 最大出力700W (2018年5月10日使用開始)
(AiSEGの積算値)

太陽光発電量  534kWh
エネファーム発電量  120kWh
ダブル発電量  654kWh
消費量     259kWh
売電量     473kWh
買電量      80kWh
日照時間    201.4h

太陽光設備利用率 534kWh/(4.2kWx24hx31days)=17.1% (高め)
エネファーム設備利用率 120kWh/(0.7kWx24hx22days)=32.5%
太陽光定格発電時間 534kWh/4kW(パワコン出力)=133.5h (31日間:744時間にパワコン出力フルで133.5時間発電したと見なせる指標。)
5月月間W発電自給率 654/259=252.5%(高い!!!)
累計自給率(太陽光発電のみ)  50360/42757=117.7% (連系以来3213日:8年と291日間の累計  先月より0.7ポイントの向上でした。)

過去5年間の5月分太陽光発電実績と比較してみます。
今月以降の発電量~自給率はダブル発電ベースの値(太字)になります。

         2018年   2017年    2016年  2015年      2014年       2013年

発電量    654kWh  581kWh   578kWh   620kWh    622Wh    635kWh(横浜市泉区)

消費量        259     289       279         265           268            394

売電量        473     454           440         488           490            446

買電量          80     162           141         133           136            205

自給率      253%    201%       207%       234%        232%        161%

日照時間     201.4h    228.2h     218.7h      249.9h      253.0h     248.3h (横浜地方気象台)

  5月10日から出力700W のエネファームが加わって発電量データに連続性が無くなりましたが、これは2014年からの照明LED化など省電力対策による大幅な消費量減少と同様、2018年5月から発電量の増加対策としてダブル発電を導入した環境変化の一つです。
 22日間のW発電効果として発電量、自給率の大幅増加と買電量の大幅減少が見られます。売電量押上効果は2014,2015年の凄い発電量の時の売電量には及びませんでした。6月以降フルタイムで加勢してくれることになります。(ソーラークリニックには従来通り太陽光発電量のみを登録しています。)  

 

コメント

2018年4月の発電データ

2018年05月01日 | 太陽光発電

2018年4月(30日間)の発電データ

HIT210パネル容量 4.2kW  南面30度 パワコン出力容量 4.0kW 

(AiSEGの積算値)

発電量  539.9kWh

消費量  247.3kWh

売電量  438.7kWh

買電量  146.1kWh

日照時間 205.7h

設備利用率 539.9kWh/(4.2kWx24hx30days)=17.9 % (高い!)

定格発電時間 539.9kWh/4kW(パワコン出力)=135.0h (30日間:720時間にパワコン出力フルで135.0時間発電したと見なせる指標。)

4月月間自給率 539.9/247.3=218.3%(高い!!)

累計自給率   49828/42594=117.0% (連系以来3182日:8年と260日間の累計  先月より0.5ポイントの向上でした。)

過去5年間の4月分実績と比較してみます。

         2018年   2017年    2016年  2015年      2014年       2013年

発電量    540kWh 537kWh   428kWh   437kWh    560kWh    536kWh(横浜市泉区)

消費量        247     257       266         261           268            389

売電量        439     437           327         334           442            375

買電量        146     157           165         158           150            228

自給率      218%    209%       161%       167%        209%        138%

日照時間     205.7h    198.5h     140.9h      152.5h      222.0h     198.8h (横浜地方気象台)

日照時間    2.625kW  2.705kW  3.038kW    2.866kW    2.522kW 2.696kW 
当り発電出力 

 この4月も日照時間が多く発電量が多め・消費量少な目効果で自給率が最高値になり、買電量最少と言う良好なデータとなりました。が、日照時間が222時間もあった2014年には届かない発電量・売電量でした。ソーラー発電はお日様さまさまです。

 遊水池に見事なつつじ

コメント

2018年3月の発電データ

2018年04月01日 | 太陽光発電

2018年3月(31日間)の発電データ

HIT210パネル容量 4.2kW  南面30度 パワコン出力容量 4.0kW 

(AiSEGの積算値)

発電量  531.5kWh

消費量  284.3kWh

売電量  424.8kWh

買電量  177.6kWh

日照時間 196.7h

設備利用率 531.5kWh/(4.2kWx24hx31days)=17.0 % (高い)

定格発電時間 531.5kWh/4kW(パワコン出力)=132.9h (31日間:744時間にパワコン出力フルで132.9時間発電したと見なせる指標。)

3月月間自給率 531.5/284.3=187.0%(高い!)

累計自給率   49295/42331=116.5% (連系以来3152日:8年と230日間の累計  先月より0.5ポイントの向上でした。)

過去5年間の3月分実績と比較してみます。

         2018年   2017年    2016年  2015年      2014年       2013年

発電量    532kWh 504kWh   477kWh   541kWh    528kWh    561kWh(横浜市泉区)

消費量        284     321       280         321           320            437

売電量        425     385           386         418           415            389

買電量        178     203           188         198           207            265

自給率      187%    157%       171%       169%        165%        128%

日照時間     196.7h    182.0h     155.6h      184.9h      197.5h     196.5h (横浜地方気象台)

日照時間    2.705kW  2.769kW  3.066kW    2.926kW    2.673kW 2.855kW 
当り発電出力 

 この3月は日照時間が2014/2013年に近い数字になり発電量が多め・消費量少な目効果で自給率が最高値になり、売電量最大・買電量最少と言う良好なデータとなりました。

コメント

2018年2月(28日間)の発電データ

2018年03月01日 | 太陽光発電

2018年2月(28日間)の発電データ

HIT210パネル容量 4.2kW  南面30度 パワコン出力容量 4.0kW 

(AiSEGの積算値)

発電量  499.7kWh

消費量  311.5kWh

売電量  387.7kWh

買電量  199.6kWh

日照時間 173.9h

設備利用率 499.7kWh/(4.2kWx24hx28days)=17.7 % (高い)

定格発電時間 499.7kWh/4kW(パワコン出力)=124.9h (28日間:672時間にパワコン出力フルで124.9時間発電したと見なせる指標。)

2月月間自給率 499.7/311.5=160.4%(高い)

累計自給率   48767/42030=116.0% (連系以来3121日:8年と199日間の累計  先月より0.3ポイントの向上でした。)

過去5年間の2月分実績と比較してみます。

         2018年   2017年    2016年  2015年      2014年       2013年

発電量    500kWh 514kWh   477kWh   453kWh    375kWh    427kWh(横浜市泉区)

消費量        312     324       326         317           412            467

売電量        388     392           369         352           261            292

買電量        200     203           218         215           298            332

自給率      160%    158%       146%       143%        91.0%        91.4%

日照時間     173.9h    192.6h     168.3h      167.3h      126.0h     152.2h (横浜地方気象台)

日照時間    2.875kW  2.669kW  2.834kW    2.708kW    2.976kW 2.806kW 
当り発電出力 

2月としては日照時間が多めで発電がベストだった昨年に近い数字になりました。2014年の2月はまだ照明のLED化などの省エネを始めていなかったので、それ以降の自給率とは大きな違いが明確に出ています。消費が減る事で買電が減り、売電が増えると言う省エネ経済効果が良く分かる比較表になりました。

コメント

2018年1月(31日間)の発電データ

2018年02月01日 | 太陽光発電

2018年1月(31日間)の発電データ

HIT210パネル容量 4.2kW  南面30度 パワコン出力容量 4.0kW (AiSEGの積算値)

発電量  517kWh

消費量  366kWh

売電量  405kWh

買電量  254kWh

日照時間 209.1h

設備利用率 517kWh/(4.2kWx24hx31days)=16.5 % (高い)

定格発電時間 517kWh/4kW(パワコン出力)=129.3h (31日間:744時間にパワコン出力フルで129.3時間発電したと見なせる指標。)

1月月間自給率 517/366=141.3%(高め)

累計自給率   48267/41707=115.7% (連系以来3093日:8年と171日間の累計  先月より0.1ポイントの向上でした。)

過去5年間の1月分実績と比較してみます。

         2018年   2017年    2016年  2015年      2014年       2013年

発電量    517kWh 567kWh   461kWh   474kWh    507kWh    546kWh (横浜市泉区)

消費量        366     360       333         389           527            520

売電量        405     452           357         363           343            380

買電量        254     246           229         278           363            354

自給率      141%    158%       138%       122%        96.2%       105.0%

日照時間     209.1h    236.8h     194.2h      188.9h      206.6h     218.7h   (横浜地方気象台)

日照時間    2.473kW  2.394kW  2.374kW    2.509kW    2.454kW 2.497kW 
当りの発電出力 

 この1月は発電量が昨年より少ない状況でエアコン暖房などの活躍で消費量が多くなり自給率が昨年より下がってしまいましたが1月としてはまあまあの数字で納まりました。

コメント

2017年12月・2017年間・累計発電データ

2018年01月01日 | 太陽光発電

2017年12月(31日間)の発電データ

HIT210パネル容量 4.2kW  南面30度 パワコン出力容量 4.0kW (AiSEGの積算値)

発電量  521kWh

消費量  354kWh

売電量  403kWh

買電量  236kWh

日照時間 216.7h

設備利用率 521kWh/(4.2kWx24hx31days)=16.7 % (高め)

定格発電時間 521kWh/4kW(パワコン出力)=130.3h (31日間:744時間にパワコン出力フルで130.3時間発電したと見なせる指標。)

12月月間自給率 521/354=147.2%(良好)

累計自給率   47757/41330=115.6% (連系以来3062日:8年と140日間の累計  先月より0.4ポイントの向上でした。)

過去4年間の12月分実績と比較してみます。

          2017年    2016年   2015年       2014年       2013年

発電量   521kWh   483kWh     422kWh    473kWh    479kWh (横浜市泉区)

消費量         354        325          321            375            418

売電量         403        384          322            357            351

買電量         236        226          221            259            290

自給率       147%       149%       131%         142%        116%

日照時間      216.7h       197.2h     167.6h        197.3h       193.2h (横浜地方気象台)

日照時間      2.406kW    2.449kW  2.518kW     2.397kW     2.479kW
当りの発電出力 

 この12月は日照時間が多くなりここ4年間で発電量が最も多くなりました。省エネの中だるみで消費量が増えていますが発電量が多かったお陰で売電量が過去最高に。

2017年年間データ(365日間)AiSEGデータ

発電量 5813kWh

消費量 3766kWh

売電量 4384kWh

買電量 2338kWh

年間自給率 5813/3766=154.4% 良好!

年間設備利用率 5813/(4.2x24x365)=15.8% 良好!

年間日照時間 2174.6h (多め)
 

累計データ(8年間と140日 で3062日)sanyoモニタ値

発電量 47757kWh

消費量 41330kWh

売電量 32402kWh

買電量 25975kWh

累計自給率 47757/41330=115.6% good! (昨年から3.4ポイントの上昇です)

累計設備利用率 47757kWh/(4.2kWx24hx3062days)=15.5% 良好!(昨年より0.1P向上)

コメント