気まま日誌α

「気まま日誌」は2011年6月をもって「気まま日誌α」になりました(笑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そうだ温泉に行こう其の十 (秋田 玉川温泉)

2006-05-09 23:59:47 | 温泉

5月6日お出かけ記録
日本最大級の強酸性温泉で難病にも効果が期待されると全国からの湯治客も多い秋田 玉川温泉に行ってきました。

まずは温泉に入る前に地獄谷巡りにGO!

こちらは特別天然記念物にも指定されている北投石
台湾の北投石温泉で最初に発見された鉱物でラジウムを含む放射性の物質。
日本ではココ玉川温泉が唯一の産地となっています。
間違っても持って帰っちゃ駄目ですよ~!

ブクブクと噴水のように湧き出る湯量は9,000㍑/分と日本一!

ゴーー!と唸りをあげ吹き出る火山性ガスの噴気孔。
独特の匂いが鼻を刺激します。

この噴気孔近くの岩盤は暖かく岩盤浴が出来る大型のテントも備えられていました

さて、温泉の方ですが写真はありませんのでレポのみ。
大きく泉質が源泉100%の湯船と50%の湯船に分けられ、50%の湯船は更にぬる湯、あつ湯と分けられています。
他にも打たせ湯や寝湯、蒸気を利用したサウナもありました。

この100%源泉は見るからに色が黄色く入っていると顔がヒリヒリとしてきます。汗を拭ぐおうと顔を拭こうものなら目がしみる~。
ちょっと今までに味わったことの無い泉質にビックリです。


そして温泉を満喫して田沢湖方面へ下っていくと茶たての清水の看板を発見。

温泉につかりタップリの汗を流し、まさに水分を欲している体に天然の清水は容赦なく体を潤してくれました。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 角館の桜 | トップ | 緊急報告!うちの金魚に赤ち... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (try)
2006-05-10 05:23:23
そらさん、おはようございます。

玉川も行ってきたんですね。確かその日当たりは、新玉の方に両親が行っていた筈です。

私も玉川の中にはデジカメ持ち込んだ事がありません。壊したくないですもので。包丁を置いておくと2時間ぐらいで折れるくらいだそうですよ。昨日辺りまでは体中から硫黄の匂いが漂っていたんじゃないですか?
参加ありがとうございます (一郎)
2006-05-10 16:17:41
早速の参加ありがとうございます。

具体的には、皆様から寄せていただいたブログの写真を私のブログで順次紹介し、

それぞれの方のブログへリンクさせ

桜が北へやってくるのとは逆に南に返してやるということをします。

それぞれの地域で桜にまつわる人々の心地よい思いをもう一度、一緒に味わおうっと言うのが今回の目的です。

5月30日頃から順次始めたいと思います。



今回の「さくらプロジェクト」の参加メンバーがわかるようにいたしました。

地区ごとにで区分してます。「◇さくらプロジェクト☆見出し」からお入りください。

このお礼状がそちらに着きしだい3日以内にUPしております。

確認していただき、ない場合は、「迷子の子猫ちゃんBOX」に、入っていただき

説明に従いトラックバックをお送りください。



一緒に参加していただきありがとうございました。
超強力地帯 (そら)
2006-05-10 21:34:29
tryさんこんばんわ。

話しには聞いていたのですが凄い混み様で駐車場にすら入れなかったので大分歩きました。

あ、やっぱデジカメ持って行ったのはマズかったですかねぇ(汗)。包丁が2時間ほどで折れてしまうなんて威力絶大ですね!

飲用も飲んでみたのですが薄めてもスッごく酸っぱかったです
楽しみにしてます! (そら)
2006-05-10 21:40:43
一郎さんこんばんわ。

先ほど見てきたのですがフォームも本格的に作られており期待感も高まりました

管理人が岩手人なのにお隣秋田の紹介で恐縮ですが、お声を掛けていただきありがとう御座います



これからも地元を中心として色んなところを紹介していければと思っていますので宜しければお立ち寄りくださいね
ばっちり (もりーお)
2006-05-11 19:57:53
これはばっちり緻密なレポート素晴らしいです。

常連さんの私には見えない視点もありなかなか感心しました。



今後とも玉川温泉に足を運んでください。かなり遠いので新玉川温泉に泊りがけでも。バイキングがとってもおいしいです。
凄いですよね (そら)
2006-05-12 22:09:58
もりーおさんこんばんわ。

僕も温泉は色々回ってきたつもりだけど、あんなに凄い場所だとは思っていませんでした

宿泊するなら新玉の方が良いみたいですね。本家はホントの湯治場ですものね

コメントを投稿

温泉」カテゴリの最新記事