巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

2019年年1月8日。3. レスリング女子の吉田沙保里が引退表明!「

2019-01-08 17:57:07 | Weblog
    2019年1月8日
#為替、108.71円。108.67円。109.01円。ユーロ、124.67円。124.42円。124.77円。
#ダウ、23631.35ドル。+98.19ドル。ナスダック6882.47。+84.61。
#前場、20199.79円。+160.82円。後場、20204.04円。+165.07円。

日本全国的に著名な神社
上川神社(北海道)1/8済
上川神社(かみかわじんじゃ)は、北海道旭川市にある神社。旧社格は県社。

境内社として旭川天満宮(あさひかわてんまんぐう)がある。

スポーツ、

1. ロッテ、元ブレーブスの右腕レイビンを獲得 今季は3Aで自責ゼロの活躍
1/7(月) 18:06配信 、ベースボールチャンネル


ロッテ、元ブレーブスの右腕レイビンを獲得 今季は3Aで自責ゼロの活躍

ブレーブス時代のレイビン。【Getty Images】

 千葉ロッテマリーンズは7日、今季アトランタ・ブレーブスでプレーしたジョシュ・レイビン投手の入団が決定したと発表した。

【図表】2019年コーチングスタッフの顔ぶれは?

 レイビンは、米国出身の30歳右腕。身長193センチ、体重98キロの恵まれた体格から繰り出す150キロを超える速球を武器に、メジャー通算35試合に登板している。今季は、ブレーブス傘下3Aグウィネット・ストライパーズで19試合18回2/3を投げ、防御率0.00と圧巻の内容だった。

 レイビンは球団を通じて、「以前から日本でプレーをすることを夢見ていた。だから、今は夢が叶い、とても興奮している。マリーンズの誇りを胸にリーグ優勝、そして日本一を目指して自分の力を出し切ることを誓う。マリーンズファンの皆様の熱い応援に絶対に応える」とコメントした。
.
ベースボールチャンネル編集部

【関連記事】
ゴールデンルーキー根尾・藤原の加入でさらなる競争を。今季は躍進への布石<中日・ロッテ>
ロッテ新外国人バルガス、母国プエルトリコの本塁打競争イベントで優勝 WLでの好調維持
最高勝率を獲得、ブルペンの救世主…助っ人投手の活躍が目立ったパ・リーグ。外国人選手の今季成績は?
NPB、平成の打撃ベストナインは? ポジション別最強打者を選出<外野手編>
BC栃木、新体制には栃木が誇る“NPB三銃士” 地元出身者の寺内氏、飯原氏、岡田氏が就任

2. 巨人・長野が広島に流出…FA丸の人的補償 坂本勇「ショック」
1/8(火) 7:00配信 、サンケイスポーツ


巨人・長野が広島に流出…FA丸の人的補償 坂本勇「ショック」

昨年6月26日、マツダスタジアムで2点二塁打を放ったときの長野。今季はホームとして戦う

 巨人がフリーエージェント(FA)で獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、広島に長野久義外野手(34)が移籍することが7日、両球団から発表された。長野は2010年にドラフト1位で入団し、12年からのリーグ3連覇(うち1度は日本一)に貢献した主軸だけに、衝撃の流出。昨年末にFAで獲得した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償で内海哲也投手(36)が西武に移籍したのに続き、生え抜きの功労者が巨人を去る。

 球団が仕事始めとなった七草の日。新年早々、巨人に衝撃が走った。またも人的補償で花形選手が移籍。長野の広島入りが決まり、内海に続くベテランの流出となった。

 「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます。自分のことを必要としていただけることは光栄なことで、少しでもチームの勝利に貢献できるように精いっぱい頑張ります」

 長野自身は球団を通じて前向きなコメントを発表したが、巨人は大きなショックに見舞われた。

 この日の朝、広島から連絡が入った。大塚淳弘球団副代表編成担当によると、日本時間午前10時半頃、米ロサンゼルスで自主トレ中の長野に電話で通知。長野は元気のない様子だったという。大塚副代表は「申し訳ないと謝った。2度ドラフトを蹴って入ったいきさつもある」と明かし、「若返りもあった。全体のバランスを見てプロテクトした(移籍させない28人を決めた)が、まさか」と神妙な表情で話した。

 長野は2006年秋のドラフト会議で日本ハムから4位指名されたが、巨人入りを熱望していたため入団を拒否。日大からホンダに進み、08年にはロッテから2位指名を受け、これも拒否した。

 翌09年秋に晴れて巨人に1位指名されると、ドラフト会議当日に原監督の訪問を受け、背番号7のユニホームをもらって笑顔を見せた。1年目の10年に打率・288、19本塁打、52打点で新人王になり、11年には首位打者、12年には最多安打。看板選手の地位を確立し、16、17年には選手会長も務めた。33歳だった昨季も116試合に出て打率・290、13本塁打、52打点を記録した。

 巨人は昨年12月にも人的補償で通算133勝の内海が西武に移籍。12年からのリーグ3連覇などに貢献してきた生え抜きの両ベテランを失った。石井一夫・代表取締役社長兼編成本部長は「チームの変革の時期とはいえ、内海選手に続き、チームの顔として活躍してくれた長野選手を送り出すのは断腸の思い」とのコメントを発表。無念さをにじませた。

 長野の帰国時期は未定で、会見は20日以降になる見込み。面倒見のいい兄貴分として慕われ、チームの和を大切にする気遣いの人として知られる男は、「9年間応援してくださったジャイアンツファンの皆様のおかげで苦しいことも乗り越えることができました。ありがとうございました。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしています」と感謝した。その初対戦は3月29日、今度は本拠地となるマツダスタジアムでの開幕戦。驚天動地の移籍劇を経て、広島で再スタートを切る。
.
【関連記事】
巨人、長野の広島移籍を発表 丸の人的補償、内海に続き生え抜き功労者流出
広島、巨人・長野を獲得へ FA丸の人的補償
巨人、若手流出防ぐ決断 長野の人的補償移籍
巨人、内海の西武移籍発表…FA炭谷の人的補償で生え抜き元エース流出
広島、人的補償は実績十分のベテラン長野を指名

3. レスリング女子の吉田沙保里が引退表明!「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」
1/8(火) 15:53配信 、東スポWeb

レスリング女子の吉田沙保里が引退表明!「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」

吉田沙保里

 レスリング女子で五輪を含めた世界大会16連覇を成し遂げた“霊長類最強の女”こと吉田沙保里(36)が8日、自身のSNSを更新し、現役引退を表明。33年間のレスラー生活にピリオドを打った。

 吉田はインスタグラムにこれまで獲得してきた数々のメダルの写真を添えて「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」と報告。続けて「ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。みなさん、本当にありがとうございました」と感謝した。また「後日、改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」と会見を行う意向を示した。

 レスリング女子55キロ級で2004年アテネ大会から五輪3連覇、世界選手権では13連覇を達成(14、15年は53キロ級)。世界大会では実に16連覇という大偉業を成し遂げた。

 12年には国民栄誉賞を受賞。五輪4連覇を狙った16年リオデジャネイロ大会(53キロ級)では決勝で敗れて銀メダルに終わり、世界大会の連覇が止まった。その後は戦列を離れ、進退を明言していなかったが、20年東京五輪を前に1年間熟考の末に決断した。
.
【関連記事】
引退表明の吉田沙保里 高速タックル武器に五輪3連覇&世界選手権13連覇
【レスリング】揺れる吉田沙保里「東京五輪に出たい、でも…」
吉田沙保里らが新年初練習 栄監督「全階級制覇狙う」
吉田沙保里「結婚情報」世界に拡散され困惑
吉田沙保里 、 リオデジャネイロ 、 インスタグラム を調べる

4.なぜ長野なのか? 広島の人選に異議あり 今オフの人的補償、各チームの思惑を探る【西尾典文】〈dot.
1/8(火) 16:00配信 、AERA dot.


なぜ長野なのか? 広島の人選に異議あり 今オフの人的補償、各チームの思惑を探る【西尾典文】〈dot.〉

人的補償で広島に移籍する長野(右) (c)朝日新聞社

 新年早々の1月7日、プロ野球界に大きなニュースが飛び込んできた。広島がフリーエージェント(以下FA)で移籍した丸佳浩の人的補償に長野久義を選択したと発表したのだ。先月20日には炭谷銀仁朗の人的補償で内海哲也の西武移籍も発表されており、これで投打の生え抜きベテラン選手が相次いで球団を去ることになる。そこで今回は阪神からオリックスに移籍した竹安大知も含め、このオフに人的補償の対象となった選手についての各球団の狙い、シーズンでの期待値などを探ってみたいと思う。

【来オフ、メジャー争奪戦になりそうな意外な日本人選手とは?】
.
 まず内海を獲得した西武はポスティングシステムでマリナーズへ移籍した菊池雄星の穴を埋めるという狙いが明確である。菊池を除くと昨シーズン規定投球回数をクリアしたのは最多勝を獲得した多和田真三郎だけ。手薄な先発陣を何とかしたいという気持ちはよく理解できる。そして内海の獲得の後押しとなったのが昨年阪神からトレードで移籍してきた榎田大樹の復活ではないだろうか。過去3年間でわずか1勝と低迷していたが、昨年は自身初となる二桁勝利をマークするなど見事な活躍を見せたのだ。プロ入り当初にリリーフを任せられていたころのようなスピードはなくなったが、リーグ最多の14与死球が示すように内角を強気に攻める投球を取り戻し、緩いボールが生きるようになったことが大きい。 一方の内海もここ数年は目立った活躍は見せていないが、昨年も先発ローテーションに加わり5勝をマークするなどまだ完全に衰えたわけではない。8月以降成績を落としたが、7月31日のDeNA戦では4年ぶりの完封勝利も記録している。交流戦でもセ・リーグの現役投手としては石川雅規(ヤクルト)に次いで2位となる22勝をマークしており、パ・リーグ相手に実績を残している点もプラス要因だ。FAで浅村栄斗が抜けたとはいえ、強力な西武打線の援護があればある程度の勝ち星は計算できるだろう。

 西と金子弌大が移籍し、西武と同じく先発投手陣が手薄になったオリックスは同じ投手でも若手の竹安を指名した。高校時代は転校も経験し、最終的には強豪ではない伊東商に所属していたが、当時からフォームの良さには定評のあった投手だ。卒業後は社会人の熊本ゴールデンラークスに進み、ドラフト解禁の年は前年に受けたトミー・ジョン手術の影響でほとんどの公式戦に投げられなかったにもかかわらず3位指名でプロ入りしているところにも素材の良さが表れている。一軍での登板は3年間で3試合、通算1勝0敗と実績はないものの、昨年は二軍で14試合に登板し6勝0敗、防御率1.30という成績を残している。34回2/3を投げて25奪三振という数字からも打者を圧倒するようなピッチングをするわけではないが、シュート系のボールを覚えたことで投球の幅が広がり安定感が出てきた。西が加わったことで一軍の先発の枠が固まりつつある阪神に比べて、実績のある右の先発投手が山岡泰輔、ディクソンくらいしか見当たらないオリックスの方が竹安にとってもチャンスは多いはずだ。

 ここまで述べたように西武とオリックスはある程度納得感のある人選と言えるが、疑問が残るのが広島の指名した長野だ。過去の人的補償ではともに実績がなく若手だった赤松真人と一岡竜司を選択。赤松は移籍1年目から一軍に定着し7年連続二桁盗塁をマークするなど足のスペシャリストとしての活躍を見せた。また一岡も中継ぎ投手陣の中心的存在として、チームには欠かせない存在となっている。このような背景もあって、今回も若手選手を獲得することが予想されただけに、ベテランの長野を選んだことは一層驚きを感じた。新人王、首位打者、最多安打のタイトルを獲得し、ベストナインとゴールデングラブ賞にも3度ずつ輝くなどその実績は申し分ないが、過去数年の成績と今年で35歳という年齢を考えるとこれ以上の上積みは考えづらい。広島の外野陣を見ても丸は抜けたものの鈴木誠也、野間峻祥の二人は安定しており、残りの一枠を昨年25本塁打を放ったバティスタ、内野から転向の可能性が高い西川龍馬、捕手ながら外野手としても高い能力を持つ坂倉将吾などが争うと見られており、そこまで弱さを感じない。

 チームの精神的な支柱だった新井貴浩の穴を埋めたいという思いがあるのかもしれないが、いきなりその役割を長野に求めるというのも酷なものがあるだろう。他の要因とすれば巨人の戦力を低下させたいという狙いがあるのかもしれない。しかし外野手が飽和状態の巨人からすると、長野が抜けたことによって逆にスッキリした感があり、大きな戦力ダウンとは感じられない。広島でもある程度の成績は残すかもしれないが、若手の抜擢が遅れるというマイナス要因も大きいだろう。

 ただ今回、西武が内海、広島が長野を獲得したことで、年齢が高くても指名されるという牽制になったという効果はある。プロテクトのリストは非公開のため想像するしかないが、裏ではあらゆる駆け引きが働いていたことは間違いないだろう。内海も長野もアマチュア時代に巨人入りを熱望してプロ入りを遅らせたという経緯があり、今年のオフにFAで再び巨人に戻るという可能性もなくはない。その時にリストを作成する側の巨人には迷いが生じることになるだろう。

 FAによる選手の移籍に否定的な意見も少なくないが、このような駆け引きもプロ野球の醍醐味の一つである。そういう意味ではインパクトの大きいこのオフのFA戦線だった。(文・西尾典文)


【関連記事】
雲泥の差…「金満補強」で方針が見えない巨人、「巧みな補強」を進める日本ハム【西尾典文】〈dot.〉
「1勝14敗」なのに来季の年俸26億円超…高騰するメジャー年俸は“マエケン型”が理想〈dot.〉
すっきりしない金子のFA宣言〈週刊朝日〉
巨人・村田修一が「清原」に重なって見える件〈週刊朝日〉
金本、谷繁、稲葉…史上最も活躍した「FA移籍選手」は誰だ?〈dot.〉
5.

二ユース、

1. 2次米朝首脳会談、開催地の有力候補に「ベトナム」浮上
2019年01月07日 15時39分 WoW!Korea


2次米朝首脳会談、開催地の有力候補に「ベトナム」浮上

金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長がことしの新年の辞を通して、トランプ大統領と会う準備は整っていると明かし、2度目の米朝首脳会談がちかく開催される可能性が高まっている。

そんな中、会談の開催地に世界の注目が集まっている。

トランプ大統領は6日(現地時間)、「第2次米朝首脳会談の開催地について、北朝鮮と交渉中」としながら、ちかく具体的な場所を発表する計画だと明らかにした。

開催地に関連し、CNNはトランプ政府が昨年末よりアジアを含めた複数地域に事前視察団を派遣し、米朝首脳会談の開催地を模索してきたと報道。この中で、ベトナム、モンゴル、ハワイ、板門店(パンムンジョム)を候補地に挙げたと報じた。

ベトナムとモンゴルは、北朝鮮と一定部分で協力関係を維持している国家であり、米朝首脳会談の開催地として可能性を排除することができないと指摘。特に、ベトナムでの開催の可能性が「比較的、高い」と分析している。

ベトナムは米国と戦争を繰り広げた国家の一つであるが、現在は米国と良い関係にある点を考慮し、政治的意味も含まれるとの見解だ。

さらに、北朝鮮の改革開放モデルとして「ベトナム式モデル」が挙論されている点も、経済部分で成果を挙げなければならない北朝鮮にとって好ましいとされ、可能性が高いとみられている。

2. ゴーン前会長「無実だ」
1/8(火) 10:08配信 、共同通信


ゴーン前会長「無実だ」

カルロス・ゴーン容疑者


 私的な投資の損失を日産自動車に付け替えたなどとして、会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕された前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)は8日、東京地裁で開かれた勾留理由開示手続きで「容疑はいわれのないものであることを明らかにしたい。日産に損害を与えていない。人生の20年を日産の復活にささげてきた。無実だ。不当に勾留されている」と主張した。

 昨年11月19日に金融商品取引法違反容疑で逮捕されて以降、公の場に姿を見せるのは初めて。英語で約10分間意見陳述し、フランスとレバノンの駐日大使も傍聴した。

【関連記事】
社説:特別背任再逮捕 経営者と企業の関係問う
【カリスマ失墜】(上)激震 世界2位の巨艦
社説(12/1):自動車3社連合/資本と人事の公正どう実現
群馬日産社長に天野慎太郎氏
ケリー容疑者「社の利益と確信」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年1月7日。3. 【巨人】... | トップ | 2019年1月9日。2. ゴーン前会... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事