巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

2018年5月13日。巨人対中日戦。9対5で巨人勝利。吉川亀井、岡本1

2018-05-13 21:07:02 | Weblog
      2018年5月13日中日戦。

四国八十八ヶ所
愛媛県(伊予)の霊場
第43番札所 源光山 円手院 明石寺5/13済
明石寺(めいせきじ)は、愛媛県西予市にある天台寺門宗の寺院。源光山(げんこうざん)、円手院(えんしゅいん)と号す。本尊は千手観世音菩薩。四国八十八箇所霊場の第四十三番札所。
本尊真言:おん ばざらたらま きりく そわか
ご詠歌:聞くならく 千手の誓ひ 不思議には 大盤石も 軽くあげ石
歴史[編集]

寺伝によれば6世紀、欽明天皇の勅願により正澄上人が唐からの渡来仏である千手観世音菩薩を祀るため創建したという。天平6年(734年)に寿元行者が熊野より十二社権現を勧請し修験道の中心道場としたとされる。弘仁13年(822年)空海(弘法大師)が再興したという。

縁起の通りであれば飛鳥寺や四天王寺以前の創建ということになるのでこれは史実とは考えられず、実際の創建年は不明といわざるを得ない。建久5年(1194年)に、源頼朝が池禅尼の菩提を弔うため阿弥陀如来を安置、経塚を築き堂宇の修繕をした。この時に山号を現光山から源光山に改めたという。その後も武士からの信仰が篤く、室町時代は西園寺氏の祈願所、寛文12年(1672年)には宇和島藩主伊達宗利が堂宇を建立した。

1.巨人対中日戦【東京ドーム】18:00
   対で勝利。
先発、
【巨人】23野上 亮磨 右投。7回宮國椋丞 #30 右投。 8回 中川皓太 #41 左投。
9回カミネロ #44 右投。

【中日】99松坂 大輔 右投。3回笠原祥太郎 #47 左投。5回藤嶋健人 #54 右投。

【中日】
1番 中 大島 洋日平、2番 遊 京田 陽太、3番 左 アルモンテ、
4番 一 ビシエド、5番 三 福田 永将、6番 右 平田 良介、
7番 二 高橋 周平、8番 捕 大野 奨太、投藤嶋健人打藤井淳志、
9番 投 松坂 大輔、笠原祥太郎、9 捕 松井雅人、

【巨人】
1番 遊 坂本 勇人、2番 二 吉川 尚輝、3番 左 ゲレーロ走 中井大介、、
4番 一 阿部 慎之助、投中川皓太 カミネロ 、5番 三 岡本 和真、6番 右 亀井 善行、
7番 中 長野 久義 、8番 捕 小林 誠司、9番 投 野上 亮磨、宮國椋丞、
中 若林晃弘 、

#、広島との差が4!!限度です。。
1回表、1番、0.1.1.1.2.1.2.2.3.2.8フライ2番、0.1.6フライ3番、0.1.0.2.1.2.2.2.空振り三振。13球。
1回裏、1番、7ヒット2番、1.0.右ホームラン2点貴重3番、フライ4番、1.0.1.1.2.1.2.2.フライ5番、0.1.中二塁打フェンス直撃6番、1.0.2.0.3.0.四球7番、0.1.1.1.2.1.8フラ  
イ。                              0対2。
2回表、4番、0.1.1.1.1.2.6フライ5番、0.1.1.1.7ヒット真ん中6番、フライ7番、0.1.
 0.2.1.2.、、4ゴロ。27球。
2回裏、8番、0.1.1.1.2.1.5フライ9番、0.1.1.1.3ゴロ1番、1.0.2.0.23.0.3.1.9フライ。
3回表、8番、1.0.1.1.1.2.、9フライ9番、1.0.1.1.1.2.見逃し三振1番、0.1.0.2.、1.2.2.2.左二塁打2番、1.0.1.1.2.1.2.2.空振り三振。47球。
3回裏、2番、1.0.1.1.7フライ3番、0.1.8ヒット4番、1.0.2.0.3.0.2塁3.1.四球【笠原祥太郎】5番、1.0.1.1.2.1.3.1.3.2.、四球満塁6番亀井、1.0.2.0.右二塁打7番長野、0.1.8ヒット1点1.3塁8番小林、1.0.1.1.2.1.ヒットエンドラン4ゴロ1点9番、1.0.1.1.1.2.2.2.
 、1ゴロ。                          0対6。
4回表、重要3番、0.1.0.2.1.2.フライ4番、0.1.1.1.2.1.3.1.8フライ5番、0.1.1.1.1.2.
2.2.空振り三振。ナイス!61球。
4回裏、1番、0.1.0.2.、6ゴロ内野安打2番、0.1.1.1.1.2.2.2.0、見逃し三振3番、0.1.0.2.1.2.、死球代走中井4番、0.1.0.2.1.2.見逃し三振5番、0.1.右ホームラン3点6番、0.1.9フライ。                          0対9。
5回表、6番、0.1.0.2.、1.2.2.2.3.2.四球?7番、0.1.0.2.1.2.、6ゴロ併殺8番、1.0.7フライ。
5回裏、【藤嶋健人】7番、1.0.1.1.2.1.2.2、5ゴロ.8番、0.1.0.2.、1.2.4フライ9番、0.1.1.1.1.2.2.2.見逃し三振。
6回表、9番、右二塁打1番、0.1.0.2.9ヒット1.3塁2番、0.1.1.1.1.2.、、8ヒット
1点3番、1.0.2.0..2.1.フライ4番、0.1.1.1.2.1.3.1.?1.3塁3.2.四球5番、1.0.1.1.
4ゴロ併殺。98球。                     1対9。
6回裏、1番、1.0.1.1.6ゴロ2番、1.0.2.0.2.1.2.2.8フライ3番、0.1.0.2.1.2.2.2.5ゴロ
7回表、【宮國椋丞】6番、1.0.1.1.8フライ7番、6ゴロ8番、1.0.1.1.1.2.2.2.3.2.空振り三振。
7回裏、4番、1.0.1.1.2.1.7フライ5番、0.1.0.2.1.2.9フライ6番、6フライ。
8回表、【中川皓太】9番、1.0.1.1.2.1.3.1.3.2.5ゴロ内野安打1番、0.1.0.2.1.2.見逃し三振2番、0.1.0.2.1.2.5ゴロ併殺。
8回裏、7番、0.1.1.1.1.2.見逃し三振8番、1.0.9フライ9番、1.0.1.1.2.1.2.2.3ゴロ。
9回表、【カミネロ 】3番、1.0.1.1.中二塁打4番、0.1.1.1.2.1.8ヒット1点5番、1.0.2.0..2.1.7ヒット6番、0.1.5ゴロ2.3塁7番、0.1.1.1.1.2.2.2.9ヒット1点8番打藤井淳志、 1.0.1.1.2.1.4ゴロ1点9番、1.0.2.0.3.0.3.1.3.2.9ヒット1.3塁1番、0.1.0.2.5ゴロ内野安打1点2番、1.0.1.1.2.1.、空振り三振。   5対9。

#、8点リードでカミネロ?愚策で理解不能?



責任投手/本塁打
勝利投手、[ 巨人 ] 野上 (4勝2敗0S)

敗戦投手、[ 中日 ] 松坂 (1勝3敗0S)

セーブ

本塁打、[ 中日 ]
           [ 巨人 ] 吉川尚1号(1回裏2ラン)、岡本6号(4回裏3ラン)

バッテリー
中日バッテリー
松坂、笠原、藤嶋 - 大野奨、松井雅。

 巨人バッテリー
野上、宮國、中川、カミネロ - 小林。

2.ÐeNA対ヤクルト戦。【横浜】13:00
7回雨天10対3でÐeBNA勝利。
先発、
【ÐeNA】48京山 将弥 右投。
【ヤクルト】29小川 泰弘 右投。
【ヤクルト】
1 二 山田 哲人 .282 2 三 川端 慎吾 .200 3 中 青木 宣親 .270
4 左 バレンティン .261 5 一 坂口 智隆 .362 6 遊 西浦 直亨 .329
7 右 雄平 .253 8 捕 中村 悠平 .207 9 投 小川 泰弘 –
【DeNA】
1 中 神里 和毅 .255 2 右 ソト .500 3 左 筒香 嘉智 .235
4 一 ロペス .333 5 三 宮﨑 敏郎 .306 6 二 宮本 秀明 .211
7 捕 嶺井 博希 .192 8 投 京山 将弥 .000 9 遊 大和 .237

戦評
5月13日(日)DeNA vs. ヤクルト 8回戦

DeNAが7回途中降雨コールド勝ち。DeNAは3-3で迎えた3回裏、ロペスの2ランで勝ち越しに成功する。その後は5回に柴田の2ラン、7回には田中浩と神里の適時打で追加点を挙げた。投げては、3番手・三上が今季初勝利。敗れたヤクルトは、投手陣が崩壊した。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ DeNA ] 三上 (1勝0敗0S)

敗戦投手、[ ヤクルト ] 小川 (0勝1敗0S)


セーブ

本塁打、[ ヤクルト ]
           [ DeNA ] 宮崎5号(1回裏2ラン)、
ロペス11号(3回裏2ラン)、
柴田1号(5回裏2ラン)
バッテリー
ヤクルトバッテリー
小川、山本、中澤 - 中村。

 DeNAバッテリー
京山、砂田、三上 - 嶺井。


3.広島対阪神戦。【マツダスタジアム】13:30
対で勝利。雨天中止!
先発、
【広島】12九里 亜蓮 右投。
【阪神】17岩貞 祐太 左投。

4.西武対ロッテ戦。【メットライフ】13:00
6対0で西武勝利。
先発、
【西武】30榎田 大樹 左投。
【ロッテ】51オルモス 左投。
【ロッテ】
1 中 荻野 貴司 .261 2 遊 藤岡 裕大 .252 3 二 中村 奨吾 .323
4 指 角中 勝也 .143 5 一 井上 晴哉 .264 6 左 清田 育宏 .283
7 三 鈴木 大地 .225 8 捕 田村 龍弘 .235 9 右 加藤 翔平 .333
【西武】
1 中 秋山 翔吾 .360 2 遊 源田 壮亮 .306 3 二 浅村 栄斗 .307
4 一 山川 穂高 .302 5 指 森 友哉 .311 6 三 外崎 修汰 .286
7 右 木村 文紀 .300 8 捕 炭谷 銀仁朗 .302 9 左 金子 侑司 .161

戦評
5月13日(日)西武 vs. ロッテ 9回戦

西武は初回、外崎と木村の適時打などで4点を先制する。その後は2回裏に秋山の適時打で加点すると、5回には木村の適時打でリードを広げた。投げては、先発・榎田が7回無失点の好投で今季4勝目。敗れたロッテは、先発・オルモスが試合をつくれず、打線も振るわなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 西武 ] 榎田 (4勝0敗0S)

敗戦投手、[ ロッテ ] オルモス (0勝2敗0S)
     セーブ

本塁打、[ ロッテ ]
         [ 西武 ]。

バッテリー
ロッテバッテリー
オルモス、有吉、南、益田 - 田村。

 西武バッテリー
榎田、ワグナー、増田 - 炭谷。

5.オリックス対楽天戦。【京セラD大阪】13:00
9対1で楽天勝利。
先発、
【オリックス】29田嶋 大樹 左投。
【楽天】19藤平 尚真 右投。
【楽天】
1 遊 茂木 栄五郎 .268 2 左 岡島 豪郎 .214 3 一 今江 年晶 .287
4 指 ウィーラー .256 5 右 ペゲーロ .207 6 二 銀次 .223
7 三 内田 靖人 .000 8 捕 嶋 基宏 .162 9 中 オコエ 瑠偉 .118
【オリックス】
1 中 宗 佑磨 .215 2 二 山足 達也 .167 3 遊 安達 了一 .222
4 左 吉田 正尚 .252 5 三 小谷野 栄一 .254 6 指 マレーロ .202
7 一 T-岡田 .248 8 右 武田 健吾 .200 9 捕 若月 健矢 .214

戦評
5月13日(日)オリックス vs. 楽天 9回戦

楽天が4連勝。楽天は初回、銀次の適時打などで2点を先制する。その後は5回表に今江の適時打、8回には内田のソロが飛び出すなど、着実に追加点を挙げた。投げては、2番手・青山が今季初勝利。敗れたオリックスは、投手陣が振るわず、打線も好機を生かしきれなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 楽天 ] 青山 (1勝0敗0S)

敗戦投手、[ オリックス ] 田嶋 (4勝2敗0S)

セーブ

本塁打、[ 楽天 ] 内田1号(8回表ソロ)
           [ オリックス ]

バッテリー
楽天バッテリー
藤平、青山、久保、松井、ハーマン - 嶋。

 オリックスバッテリー
田嶋、吉田一、近藤、小林 - 若月、伏見。

6.ソフトバンク対日本ハム戦。【ヤフオク】
8対0でソフトバンク勝利。13:00
先発、
【ソフトバンク】18武田 翔太 右投。
【日本ハム】14加藤 貴之 左投。
【日本ハム】
1 中 西川 遥輝 .217 2 右 大田 泰示 .263 3 三 レアード .231
4 一 中田 翔 .234 5 指 清宮 幸太郎 .189 6 二 石井 一成 .254
7 左 杉谷 拳士 .217 8 捕 鶴岡 慎也 .279 9 遊 中島 卓也 .209

【ソフトバンク】
1 三 松田 宣浩 .198 2 二 川島 慶三 .324 3 中 柳田 悠岐 .375
4 一 内川 聖一 .214 5 左 中村 晃 .307 6 指 デスパイネ .179
7 右 上林 誠知 .279 8 捕 髙谷 裕亮 .063 9 遊 今宮 健太 .202

戦評
5月13日(日)ソフトバンク vs. 日本ハム 9回戦

ソフトバンクは2回裏、デスパイネの適時打などで2点を先制する。4回には、柳田と内川の連続適時打で一挙4点を追加した。投げては、先発・武田が9回2安打無失点の快投。2試合連続となる完封で今季2勝目を挙げた。敗れた日本ハムは、投打ともに振るわなかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ ソフトバンク ] 武田 (2勝2敗0S)

敗戦投手、[ 日本ハム ] 加藤 (2勝3敗0S)

セーブ

本塁打、[ 日本ハム ]
          [ ソフトバンク ] 松田8号(8回裏2ラン)

バッテリー
日本ハムバッテリー
加藤、田中豊 - 鶴岡。

 ソフトバンクバッテリー
武田 ―高谷。

スポーツ、

1. 【巨人】田口が3発被弾 打線は左腕・ガルシアの前に完封負け
5/12(土) 20:42配信 、スポーツ報知


【巨人】田口が3発被弾 打線は左腕・ガルシアの前に完封負け

7回に3ランを打たれベンチで汗を拭う田口(カメラ・中島 傑)

◆巨人0―6中日(12日・東京ドーム)

 巨人が中日に完封負けを喫し連勝が3で止まった。

【写真】被弾しマウンドで叫ぶ田口

 4回に先発・田口が福田に3号ソロを浴び先制を許すと、6回1死からビシエドに左翼席の看板直撃となる超特大の5号ソロを浴びた。

 7回には2死一、二塁でアルモンテに左翼席へ6号3ランを浴びた。

 8回には2番手・田原が大野奨にタイムリーを許し突き放された。

 打線は中日先発左腕・ガルシアの前に7回まで散発3安打で三塁を踏めず。8回に坂本勇、岡本の安打などで1死満塁としたが、ゲレーロが三ゴロ併殺打に倒れチャンスをつぶした。ガルシアは被安打6で来日初完封で4勝目(1敗)。

 田口は7回5失点(自責2)で2敗目を喫した。
.
【関連記事】
【試合詳細】巨人-中日(5月12日)
【巨人】宮国が感情むき出しで悔しがった1球 内海の「僕の責任」に「次は絶対抑えます」
【巨人】田口、一発攻勢に沈む 7回2死走者なしからエラーきっかけにアルモンテに3ラン
【BC栃木】村田が代打逆転弾! 巨人3軍戦で9回2死から起死回生の一発
東京ドーム 、 アルモンテ 、 ガルシア を調べる

2.ヤンキース対アスレチックス戦。ここ数試合変調?連敗中?。
8回終わって6対6同点
9回表【チャプマン】三者連続四球?無死満塁8番空振り三振9番7フライ。併殺。
9回裏、5番、見逃し三振6番、3ゴロ7番、7ライナー。
10回表。【コール】1番四球?2番、四球3番、空振り三振4番、空振り三振5番、
5フライ。
10回裏、【ハッチャー】8番、6ゴロ9番、1ゴロ1番、7ヒット2番、空振り三振。
11回表、6番、6ゴロ7番、見逃し三振8番、見逃し三振。
11回裏、3番、7フライ4番、四球5番、6ゴロ6番、四球7番、8ヒット1点
                          6対7サヨナラ!。

3. 【巨人】吉川尚、松坂からプロ1号先制2ラン 岡本、ダメ押し6号3ランで勝利
5/13(日) 20:57配信 、スポーツ報知


【巨人】吉川尚、松坂からプロ1号先制2ラン 岡本、ダメ押し6号3ランで勝利

1回無死一塁、吉川尚が右越えにプロ1号となる先制2ランを放つ(投手・松坂)

◆巨人9―5中日(13日・東京ドーム)

 巨人が中日に勝利してカード勝ち越しを決めた。

 初回、中日先発の松坂から坂本勇が初球を左前安打すると、2番・吉川尚は2球目を右翼スタンドへ。プロ初アーチとなる1号2ラン、わずか3球で松坂から2点を先制した。

 松坂は3回1死一、二塁で、右ふくらはぎに強い張りを訴え41球で降板。2番手・笠原を攻め、亀井の2点二塁打、長野のタイムリーなどで4点を奪った。

 4回には2死一、二塁で岡本が右翼席へ6号3ラン。チームトップの25打点となった。

 先発の野上は6回に3連打で1点を失うも1死満塁のピンチで福田を三ゴロ併殺に仕留め、6回1失点で降板。その後、宮国、中川、カミネロとつないで逃げ切った。野上は4勝目。

 勝ったものの、5回から登板した中日3番手の高卒2年目右腕の藤嶋に4イニングをパーフェクトに抑えられた。9回に登板したカミネロが6安打を浴び4失点と不安を残した。

【関連記事】
【巨人】岡本、6号3ランで9点リード 野上は5回まで無失点
【巨人】3回に亀井が2点二塁打など4点 松坂緊急降板も攻撃の手を緩めず
【巨人】電光石火!3球で松坂から先制点 吉川尚がプロ初アーチ
【巨人】ドラ1鍬原、2軍で6回1失点2勝目「もっと直球を磨いていきたい」
パーフェクト 、 東京ドーム 、 イニング を調べる



二ユース、

1. 拉致問題提起を非難=北朝鮮「過去の清算回避」
5/12(土) 17:49配信 、時事通信

【ソウル時事】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は12日、日本人拉致問題について「解決された」と主張、日本政府の拉致問題提起を「誰かの同情を買い、過去の清算を回避しようとしている」と非難した。

 その上で、「過去の清算のみが日本の未来を保証する」と訴えた。

 6月12日にシンガポールで行われる金正恩朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領の初の首脳会談をにらみ、拉致問題を取り上げようとする動きをけん制する狙いがあるとみられる。同時に、「過去の清算」に向け、日本と対話する用意も示唆した。

 朝鮮中央通信は論評で、「全世界が近く開かれる朝米首脳の対面(米朝首脳会談)について、朝鮮半島の前向きな発展を主導し、明るい未来をつくるための第一歩と支持、歓迎する中で、日本だけがこの流れに逆らっている」と批判。「日本の反動層が既に解決された『拉致問題』を再び持ち出し、世論をあおろうとしているのは、朝鮮半島の平和の気流を阻もうとする愚かな醜態だ」と決め付けた。

 また、「朝日関係は本質的に、被害者と加害者の関係であり、加害者が被害者に謝罪と賠償をしなければならないというのは、問題の初歩だ」と強調。戦時中の強制連行や慰安婦問題などを挙げ、「日本という国全体をささげても到底、賠償できない」と主張した。 

【関連記事】
〔写真特集〕日本人拉致事件
「拉致問題前進、強く期待」=米朝会談決定で、安倍首相
〔写真特集〕李雪主夫人~北朝鮮のファーストレディー~
道筋見えぬ日朝対話=拉致、当面は米頼み
【特集】「首脳会談失敗」なら可能性高まる米朝「電磁パルス」合戦

2. 新潟小2女児殺害、不審な白い車 複数回の目撃情報
5/12(土) 18:26配信、TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

[ 前の映像 | 次の映像 ]
 突然、7歳で命を奪われた女の子。親族らが最後の別れを惜しみました。

 「新潟市西区の遺体発見現場です。JR越後線の線路脇には献花台が設けられ、日々、たくさんの花が手向けられています」(記者)

 線路上で女の子の遺体が見つかってから、初めての週末を迎えた12日。新潟県外からも花を手向けに来る人が相次ぎました。

 「早く捕まってほしいですね。ゆっくりこの子も安心して遊べないので」(献花した人)
 「本当に信じられない。こんなことは二度とあってはいけない」(献花した人)

 今月7日の夜、新潟市の小学2年生、大桃珠生さん(7)が遺体で見つかった事件。珠生さんは電車にはねられる前にすでに殺害されたとして、捜査本部は殺人と死体遺棄事件として調べています。捜査関係者などによりますと、現場周辺では遺体が発見されるまでの数時間に不審な動きをする白い車が複数回、目撃されていたことが新たにわかりました。

 「普段見かけないような不審な白い車は見ました。あ、見たことない(車だ)なと・・・」(白い車を目撃した人)

 白い車はワンボックスタイプの乗用車で、現場近くの人通りの少ない住宅街に1時間近く止まっていて、30代くらいの男が1人で乗っていたということです。珠生さんは学校から帰宅する途中に友達と別れたあと、何者かに連れ去られたとみられています。また、現場周辺ではたびたび、黒い服を着たサングラスの男も目撃されていて、捜査本部は事件との関連を慎重に調べています。(12日17:32)

3. 北、核実験場23~25日廃棄 現地取材、日本は除外
5/13(日) 7:55配信 、産経新聞

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮外務省は12日、北東部の豊渓里(プンゲリ)の核実験場を廃棄する式典を、今月23~25日の間に行うと発表した。朝鮮中央テレビなど北朝鮮メディアが報じた。

 発表によると、式典では核実験場全ての坑道を爆破し、入り口を閉鎖する。その後、地上の観測施設や設備を撤去し、周辺を閉鎖するという。

 式典は気象条件を考慮するとし、実験場廃棄の透明性を示すために、外国メディアの現地取材を許可する用意があるとしている。取材の便宜を図るため、北京からのチャーター便の準備もあるという。外国メディアは中国、ロシア、米国、英国、韓国に限定し日本は含まれていない。

 核実験場の閉鎖について北朝鮮は「5月中の閉鎖」や、米韓の専門家、メディアへの公開を表明していた。6月12日に予定される米朝首脳会談に向け、核凍結、廃棄の姿勢をアピールするものとみられ、外国メディア受け入れ名目の外貨獲得の狙いもうかがえる。

 核実験場は坑道入り口がふさがれても、全体を爆破しない限り、簡単に復元できる。このため、核実験場の廃棄式典は海外に核放棄を示すパフォーマンスの場となる可能性もある。

【関連記事】
北朝鮮の暴言の裏には… 金正恩政権が恐れる、日本の“先制攻撃”
韓国のウソ暴く衝撃のスクープ写真 “偽りの神話”打ち砕く「昭和28年の竹島」の姿
横田めぐみさん「見てはならないもの見た」 帰国をはばむ“壁”か
北朝鮮がレッドライン超えた 「モリ・カケ」やってる場合か?うんざりだ!
北朝鮮の暴走「AV事件」…流通させた住民80人など、機関銃で「処刑」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018年5月12日。巨人対中日戦... | トップ | 2018年5月14日。、 1. 重要参... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事