巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

2018年7月4日。巨人対ÐeNA戦。8対4でÐeNA勝利。

2018-07-04 22:31:09 | Weblog
2018年7月4日ÐeNA戦
#為替、110.35円。110.35円。110.38円。ユーロ、128.77円。128.77円。128.80円。
#ダウ、24174.82ドル。-132.36ドル。ナスダック8502.68。-65.01。
#前場、21623.95円。-161.60円。後場、21717.64円。-98.50円。
日本全国的に著名な神社
秋田諏訪宮(秋田県美郷町)7/4済
秋田諏訪宮(あきたすわぐう)は、秋田県仙北郡美郷町にある神社。旧社格は県社。現神社本庁別表神社。


1.巨人対ⅮeNA戦【東京ドーム】18:00
8対4でÐeNA勝利
#、借金2個!2残る二個でいつも超えられない・今日は田口!どうしても勝って、
広島戦を0に戻して迎えたい。
先発、
【巨人】90田口 麗斗 左投。5回田原誠次 #37 右投。6回アダメス #92 右投。
8回上原浩治 #11 右投。9回澤村拓一 #15 右投。

【ÐeNA】56ウィーランド 右投。7回パットン #53 右投。8回 砂田毅樹 #47 左投。

【DeNA】
1番 中 桑原 将志、2番 遊 柴田 竜拓、、3番 三 宮﨑 敏郎、
4番 左 筒香 嘉智走 、右神里和毅、5番 一 ソト、6番 右 乙坂 智、
7番 捕 嶺井 博希打佐野恵太、捕 戸柱恭孝 8番 投 ウィーランド、パットン、
砂田毅樹 代 中川大志 投山崎康晃、 9番 二 石川 雄洋、

【巨人】
1番 遊 坂本 勇人 、2番 二 田中 俊太、3番 三 マギー、、
4番 一 岡本 和真、5番 左 亀井 善行、6番 右 長野 久義 、
7番 捕 大城 卓三。8番 中 陽 岱鋼 、、9番 投 田口 麗斗。田原誠次 、
打吉川尚輝、投アダメス、打阿部慎之助。走 重信慎之介、上原浩治、2.2.、
澤村拓一 、代 宇佐見真吾 、

1回表、1番、1.0.2.0.2.1.3.1.3.2.、5ゴロ2番、0.1.0.2.2.1.2.2.3.2.6ゴロ3番、0.1.0.2.1.2.左二塁打真、真ん中4番、1.0.1.1.5フライ。20球。多い??大城??。
1回裏、1番、1.0.1.1.1.2.2.2.空振り三振2番、0.1.1.1.1.2.空振り三振3番、0.1.0.2.1.2.2.2.、3.2.見逃し三振。16球。三者三振??。
2回表、5番、1.0.1.1.1.2.2.2.、3.2.空振り三振6番、0.1.1.1.1.2.見逃し三振7番、0.1.0.2.
振り逃げ8番、左二塁打、真ん中高めのストレート1点9番、0.1.1.1.1.2.、、空振り
三振。大城ボケ??                   1対0。
2回裏、4番、1ライナー5番、0.1.1.1.2.1.3.1.3.2.8ヒット6番、0.1.0.2.1.2.見逃し三振7番、1.0.1.1.2.1.3.1.3.2.、四球8番、1.0.1.1.1.2.2.2.3.2.空振り三振。ボール球。
3回表、1番、0.1.0.2.7ヒット2番、0.1.0.2.1.2.2.2.3.2.?6フライ3番、0.1.1.1.9ヒット1.3塁4番、0.1.1.1.1.2.2.2.3.2.、四球満塁5番、1.0.1.1.2.1.7ヒット2点6番バント2.3塁7番、1.0.1.1.1.2.魔訶二塁打2点8番、0.1.4フライ。  5対0。
3回裏、9番打無?、0.1.0.2.、5ゴロ1.番、1.0.1.1.1.2.、、8ヒット策は?2番、3ゴロエラー1.3塁3番、5ゴロ、外角高めのカーブ?併殺。
4回表、9番、8ヒット1球。7フライ2番、4ゴロ併殺。
4回裏、4番、0.1.1.1.02.1.9フライ5番、0.1.0.2.、1.2.8ヒット6番、左ホームラン2点貴重7番、0.1.0.2.空振り三振8番、0.1.0.2.1.2.5ゴロ。       5対2。
3点差?、大城。田口も変えるべき!!。
5回表、【続投】3番、1.0.1.1.6ゴロ4番、0.1.中二塁打【田原誠次】5番、4フライ
6番、1.0.2.0.3.0.四球7番、0.1.6フライ。しのいだ!。追加点!。
5回裏、9番打吉川尚輝、1.0.2.0.2.1.2.2.空振り三振1番、1.0.2.0.2.1.2.2.9フライ2番、0.1.1.1.1.2.2.2.3.2.見逃し三振。87球。
6回表、【アダメス 】8番、5フライ9番、1.0.1.1.1.2.2.2.3.2.四球?1番、1.0.2.0.3.0.?四球二死?1塁2番、0.1.1.1.2.1.3.1.??3.2.四球3個?3番、4ゴロ。
  2点欲しい!。
6回裏、3番マギー、7ヒット4番岡本、0.1.0.2.フライ5番亀井、0.1.1.1.2.1.8フライ6番長野、8フライ。
7回表、【続投】4番、0.1.1.1.9ヒット5番、1.0.1.1.2.1.3.1.3.2.四球6番、1.0.2.0.3.0.3.1.9フライ7番打佐野恵太、4フライ8番、1.0.1.1.2.1.3ゴロ。しのいだ!!。
この試合を逆転して5割復帰なるか?。
7回裏、7番、1.0.1.1.2.1.3.1.四球策は?8番、0.1.0.2.1.2.左二塁打9番打阿部慎0.1.0.2.1.2.、2.2.9ヒット2点代走 重信慎之介、【パットン 】1番0.1.0.2.1.2.2.2.、空振り三振2番、1.0.1.1.01.2.2.2.ランエンドヒット7ヒット1.3塁3番、0.1.0.2.1.2.、2.2.、、空振り三振、4番、0.1.1.1.1.2.2.2.2.3塁4ゴロ、ボール球、  5対4。
8回表、【上原浩治】9番、0.1.1.1.2.1.3.1.四球?1番、1.0.1.1.1.2.空振り三振2番、0.1.盗塁失敗1.1.2.1.4ゴロ。
8回裏、【砂田毅樹】5番、1.0.1.1.1.2.2.2.3.2.、見逃し三振6番長野、1.0.1.1.1.2.、
5ゴロ7番、0.1.0.2.1.2.3ゴロ。
9回表、【澤村拓一】3番、1.0.1.1.6ゴロ4番、0.1.1.1.2.1.3.1.8ヒット走 神里和毅
5番、死球6番、1.0.2.0.2.1.3.1.3.2.四球満塁7番、0.1.0.2.、、、1.2.中二塁打3点
外角高めのフォーク。8番代 中川大志 、0.1.1.1.4ゴロ3塁9番、1.0.1.1.1.2.、2.2.3.2.7フライ。沢村、大城で3失点??           8対3。
9回裏、【山崎康晃】8番、7ヒット9番宇佐見真吾。、1.0.2.0.2.1.3.1.3ゴロ2塁1番、
1.0.1.1.8フライ3塁2番、0.1.0.2.空振り三振。
2回表4失点???9回表3失点でms負けた。ベンチが正確に動けば防げる失点です。

戦評
7月4日(水)巨人 vs. DeNA 13回戦

DeNAは1-0で迎えた3回表、ソトと嶺井の適時打で4点を追加する。その後1点差とされるも、9回には1死満塁から戸柱が走者一掃となる適時打を放ち、試合を決めた。投げては、先発・ウィーランドが今季3勝目。敗れた巨人は、打線が4得点を奪うも、先発・田口が誤算だった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ DeNA ] ウィーランド (3勝4敗0S)

敗戦投手,[ 巨人 ] 田口 (2勝6敗0S)

セーブ

本塁打,[ DeNA ]
           [ 巨人 ] 長野6号(4回裏2ラン)

バッテリー
DeNAバッテリー
ウィーランド、パットン、砂田、山崎 - 嶺井、戸柱。

 巨人バッテリー
田口、田原、アダメス、上原、澤村、中川 - 大城。

2.広島対ヤクルト戦。【マツダスタジアム】
4対2で広島勝利。18:00
先発、
【広島】42ジョンソン 左投。
【ヤクルト】28ブキャナン 右投。
【ヤクルト】
1 遊 西浦 直亨 .273 2 中 山崎 晃大朗 .188 3 二 山田 哲人 .286
4 左 バレンティン .246 5 右 坂口 智隆 .339 6 一 畠山 和洋 .254
7 三 川端 慎吾 .255 8 捕 中村 悠平 .196 9 投 ブキャナン .148
【広島】
1 遊 田中 広輔 .261 2 二 菊池 涼介 .252 3 中 丸 佳浩 .331
4 右 鈴木 誠也 .301 5 一 松山 竜平 .317 6 左 野間 峻祥 .311
7 三 西川 龍馬 .296 8 捕 石原 慶幸 .186 9 投 ジョンソン .11

戦評
7月4日(水)広島 vs. ヤクルト 12回戦

広島は初回、田中のソロと丸の適時打で2点を先制する。そのまま迎えた5回裏には、丸と鈴木の連続適時打で2点を加え、リードを広げた。投げては、先発・ジョンソンが9回途中2失点の力投で今季5勝目。敗れたヤクルトは、最終回に追い上げを見せるも、あと1本が出なかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 広島 ] ジョンソン (5勝2敗0S)

敗戦投手、[ ヤクルト ] ブキャナン (6勝5敗0S)

セーブ,[ 広島 ] 中崎 (0勝0敗21S)

本塁打,[ ヤクルト ]
           [ 広島 ] 田中4号(1回裏ソロ)

バッテリー
ヤクルトバッテリー
ブキャナン、星、中澤、風張 - 中村。

  広島バッテリー
ジョンソン、中崎 - 石原。

3.阪神対中日戦。【甲子園】18:00
6対5で阪神勝利。
先発、
【阪神】19藤浪 晋太郎 右投。
【中日】22大野 雄大 左投。
【中日】
1 中 大島 洋平 .266 2 遊 京田 陽太 .220 3 右 平田 良介 .338
4 一 ビシエド .296 5 左 アルモンテ .307 6 二 高橋 周平 .277
7 三 福田 永将 .269 8 捕 松井 雅人 .185 9 投 大野 雄大 .000
【阪神】
1 二 糸原 健斗 .298 2 遊 北條 史也 .381 3 右 福留 孝介 .256
4 一 陽川 尚将 .360 5 左 ナバーロ .182 6 中 中谷 将大 .224
7 三 大山 悠輔 .203 8 捕 梅野 隆太郎 .219 9 投 藤浪 晋太郎 .000

戦評
7月4日(水)阪神 vs. 中日 13回戦

阪神は1点を追う6回裏、ナバーロが犠飛を放ち、試合を振り出しに戻す。そのまま迎えた8回には、大山と梅野の連続適時打で2点を奪い、勝ち越しに成功した。投げては、4番手・桑原が今季2勝目。敗れた中日は、最終回に一打逆転の好機をつくるも、あと1本が出なかった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ 阪神 ] 桑原 (2勝1敗0S)

敗戦投手,[ 中日 ] 祖父江 (1勝1敗0S)

セーブ,[ 阪神 ] ドリス (1勝3敗19S)

本塁打,[ 中日 ]
           [ 阪神 ] 梅野4号(4回裏3ラン)

バッテリー
中日バッテリー
大野雄、佐藤、祖父江 - 松井雅。

  阪神バッテリー
藤浪、能見、藤川、桑原、ドリス - 梅野。

4.オリックス対ロッテ戦【京セラD大阪】
4対2でオリックス勝利。18:00
先発
【オリックス】19金子 千尋 右投。
【ロッテ】36有吉 優樹 右投。

【ロッテ】
1 中 荻野 貴司 .299 2 遊 藤岡 裕大 .256 3 二 中村 奨吾 .312
4 左 角中 勝也 .322 5 一 井上 晴哉 .266 6 三 鈴木 大地 .253
7 指 福浦 和也 .170 8 捕 田村 龍弘 .237 9 右 平沢 大河 .197
【オリックス】
1 中 大城 滉二 .253 2 二 福田 周平 .274 3 右 ロメロ .228
4 指 吉田 正尚 .311 5 一 マレーロ .204 6 三 西野 真弘 .330
7 左 西村凌 .211 8 遊 安達了一 .233 9 捕 山崎勝己 .208

戦評
7月4日(水)オリックス vs. ロッテ 13回戦

オリックスが逆転勝利。オリックスは1点を追う6回裏、1死二塁から代打・後藤が適時打を放ち、同点とする。そのまま迎えた8回には、山崎勝の適時打などで2点を挙げ、勝ち越しに成功した。投げては、2番手・山本が今季4勝目。敗れたロッテは、4番手・益田が誤算だった。

責任投手/本塁打
勝利投手、[ オリックス ] 山本 (4勝0敗1S)

敗戦投手,[ ロッテ ] 益田 (2勝2敗0S)

セーブ、[ オリックス ] 増井 (1勝0敗22S)

本塁打,[ ロッテ ]
[ オリックス ]

バッテリー
ロッテバッテリー
有吉、田中、大谷、益田 - 田村。

 オリックスバッテリー
金子千尋、山本、増井 - 山崎勝。

成績を見る

スポーツ、

1. 巨人・宇佐見が決勝二塁打で3連勝 マシソンが4者連続三振で「沢村を助けることができて嬉しい」
7/3(火) 21:41配信 、サンケイスポーツ

巨人・宇佐見が決勝二塁打で3連勝 マシソンが4者連続三振で「沢村を助けることができて嬉しい」

勝利を喜ぶ坂本勇(中)ら巨人ナイン=東京ドーム(撮影・今野顕)

 (セ・リーグ、巨人6-5DeNA、12回戦、DeNA7勝4敗1分、3日、東京D)巨人が競り勝ち、連勝を3に伸ばした。宇佐見真吾捕手(25)が、七回二死二、三塁から代打で出場し、決勝の2点二塁打を放った。

 巨人は2点を追いかける七回、二死満塁のチャンスで陽岱鋼が右中間フェンス直撃の同点二塁打を放つと、なおも二、三塁から代打・宇佐見が右中間フェンス直撃の2点二塁打を放ち勝ち越しに成功した。

 八回に沢村が、1点を失い1点差に迫られると、桑原に頭部死球を与え危険球で退場。マシソンがマウンドに上がり神里から三振を奪いリードを守ると、九回も3者連続三振で逃げ切った。

 お立ち台に上がったマシソンは「厳しい状況だったんですけど、沢村を助けることができて嬉しい」と笑顔。決勝打の宇佐見は「感触はよかったです。後ろが坂本さんだったので、なんとかつなごうと打席に立ちました。与えられたところで結果を出していくだけです」と頼もしかった。
.
【関連記事】
巨人、5連敗で5位に転落…九回投入の守護神・カミネロが誤算
巨人・菅野、プロ1号で5勝目
阪神・原口、ド根性で決めた奇跡の軌道!V2点二塁打
由伸巨人、方程式も崩れ5連敗…6年ぶり単独最下位
DeNA、W王子で5連勝!東プロ初勝利&神里が先頭プロ1号

2. 西武が首位攻防戦制す!十亀5勝、日本ハム上沢3敗
7/3(火) 21:26配信 、日刊スポーツ

西武が首位攻防戦制す!十亀5勝、日本ハム上沢3敗

8回裏日本ハム無死一塁、近藤を三振にとり叫ぶ十亀(撮影・黒川智章)

<日本ハム2-5西武>◇3日◇札幌ドーム

 日本ハム先発の上沢は2回、西武中村に先制4号2ランを献上。3回は山川に適時打を許した。西武先発の十亀は3回まで無失点。

【写真】右越え2点本塁打を放つ中村

 西武は4回、秋山、源田の適時打で2点を追加。先発の十亀は4回無死二、三塁のピンチを切り抜け、6回まで無失点投球。

 西武が序盤のリードを守りきって連勝を飾った。十亀が5勝目。日本ハムは5点を追う9回に反撃したが、及ばなかった。上沢が3敗目。
.
【関連記事】
楽天ベテラン今江、広島大瀬良ら/球宴監督推薦一覧
ロッテ大嶺翔太「お金を借りて」金銭トラブルで引退
福良監督怒「しっかり見てくれよ」誤審リプレー弾●
ヤクルト青木暴言でプロ初退場「1打席に懸けてる」
中日松坂「引いた」投手陣の食事会盛り上がりすぎ

3. DeNA、中後悠平との契約合意を発表 Dバックスから先月下旬にリリース
7/4(水) 13:11配信 。Full-Count

DeNA、中後悠平との契約合意を発表 Dバックスから先月下旬にリリース

ダイヤモンドバックス時代の中後悠平【写真:Getty Images】

DeNAの入団テストを受けていた元ロッテ左腕が3年ぶり日本球界復帰

 DeNAは4日、元ダイヤモンドバックス傘下マイナーの中後悠平投手と2018年シーズンの選手契約を結ぶことで合意したと発表した。中後はダイヤモンドバックスから自由契約となり、入団テストを受けていた。

【表】各球団発表、2017-2018年の引退、戦力外、自由契約、補強選手一覧

 中後は2011年のドラフト2位でロッテに入団。しかし、2015年限りで戦力外となり、その後、ダイヤモンドバックスとマイナー契約。2016年はメジャー昇格まであと一歩のところまで迫ったが、夢はかなわなかった。

 今季は2Aで24試合に登板して1勝1敗、防御率5.29と苦戦。34イニングを投げて、36奪三振16四球だった。日本球界復帰は3年ぶりとなる。中後は5日に入団会見を行う。
.
Full-Count編集部

【関連記事】
DeNAはなぜ左腕を集めるのか? 高田GM、ラミレス監督が明かす意図
「絶対メジャーで終わる」ドラ2入団、ヤンキース加藤豪将の現在地
ロッテ時代は制球難で「自滅」 米国で復活した左腕はなぜ課題克服できた?
増えつつあるMLB経験者の日本移籍 外国人選手が日本球界を目指す理由とは
忘れてはいけない“強み” マイナーキャンプ降格の中後悠平が再確認したこと

4. 【巨人】阿部の代打2点打で1点差に迫るも沢村がぶちこわし 岡本は31打席連続無安打
7/4(水) 21:54配信 、スポーツ報知

【巨人】阿部の代打2点打で1点差に迫るも沢村がぶちこわし 岡本は31打席連続無安打

9回1死満塁、戸柱に走者一掃の適時二塁打を打たれた沢村(カメラ・池内 雅彦

◆巨人4―8DeNA(4日・東京ドーム)

 巨人がDeNAに4―8で敗れ、連勝は3で止まった。

【写真】一打逆転のチャンスで凡退した岡本

 先発・田口が2回に先制を許した。2者連続三振から嶺井から空振り三振を奪ったが暴投で振り逃げを許すと、ウィーランドが左中間二塁打、左翼手・亀井の失策もあり生還を許した。田口は続く石川も空振り三振に仕留め、1イニング4奪三振も1点を失った。

 田口は3回に、ソトに2点タイムリー、嶺井に2点二塁打を許し、この回4点を失った。

 4回に長野の6号2ランで反撃。7回無死二、三塁で代打・阿部が右前に2点タイムリーを放ち1点差と迫ったが、2死二、三塁の一打逆転の好機に岡本が二ゴロに倒れた。

 9回に5番手・沢村が登板したが1死満塁のピンチを招くと戸柱に走者一掃の右中間二塁打を打たれ、突き放された。

 田口は5回途中8安打5失点で6敗目(2勝)。岡本は6月26日の広島戦(マツダ)の第3打席から31打席連続無安打となった。
.
【関連記事】
【試合詳細】巨人-DeNA(7月4日)
【巨人】田口、1イニング4奪三振も先制許す
【巨人】7回、代打・阿部の2点タイムリーで1点差に
【巨人】3軍調整中の畠、ブルペンで40球「腕を振れたのはよかった」
東京ドーム 、 振り逃げ 、 イニング を調べる

5.



ニュース、
1. 木村拓哉、Koki,報道で露呈した「家庭内ポジション」――工藤静香の「暗躍」と「戦略ミス」
Koki,CMオファーが殺到か、

 突然のモデルデビューから早1カ月、各メディアの注目の的となっている木村拓哉次女・Koki,。直後から、工藤静香の“暗躍”も一部で指摘され、ジャニーズ事務所も困惑気味と言われていたが、すでに木村サイドからすれば、「意図していない流れ」になりつつあるという。

 Koki,のモデルデビューは、5月28日発売の女性ファッション誌「エル・ジャポン」(ハースト婦人画報社)。そして同日付の「スポーツニッポン」が、彼女の両親が木村と工藤であることを報じたのだ。

「本来であれば、Koki,の出自は、このタイミングで明かされる予定ではなかった。ある週刊誌が出版社サイドにKoki,についての取材を掛けたことをきっかけに、関係者がいち早く『スポニチ』に情報リークを行ったと言われています。その関係者が、他ならぬ工藤自身らしいと内々に囁かれており、その線はジャニーズサイドも疑っているとか」(週刊誌記者)

 その後、Koki,をめぐる木村夫婦のスタンスなどが報じられることもあったが、親ジャニーズのメディアに共通しているのは「夫婦ともデビューに反対していた」という情報だった。

「しかし一方でアンチジャニーズのメディアは、工藤が『SMAP騒動での木村の人気凋落を恐れた』ために、娘の芸能界入りを仕掛けたと報じている。少なくとも工藤が、Koki,の芸能活動を支援しているのは確かだけに、アンチ系メディアの言い分のほうが、やや信憑性がある状態です」(同)

 一方の木村サイドはといえば、Koki,の報道には極力名前が出てこないよう、要請を行っているのだという。

「もともと木村はアイドルとしての指針から、工藤をはじめ、家族について公の場で言及することを避けているし、芸能活動についても反対していた。それだけに、工藤がKoki,のバックアップをしているとなると、木村の家庭内での発言権のなさが露呈することになりかねない。ジャニーズサイドとしては、それを一番嫌がっているのですが、すでに世間でも、この図式はほぼ浸透してしまっていますね」(芸能プロ関係者)

 結果的に、Koki,のデビューは大きなインパクトを残し、いまや最も注目される“二世タレント”となっただけに、工藤もこの出だしにはさぞ満足していることだろう。しかし一方で、印象操作にはややミスが目立っているだけに、工藤には娘だけでなく、もう少し「夫を立てる」プロモーションを意識した方がよいと提案したい。

関連記事(外部サイト)

Koki,、父の日に“キムタク”そっくりのクールショットを投稿! 「一瞬見間違った」と驚きの声
木村拓哉&工藤静香の娘Koki,、本当にキムタク似? Dr.高須幹弥が両者の要素を診断!
工藤静香、Koki,デビューをめぐるマスコミ操作失敗!? 「反対していた」報道に疑惑の目

貴重な残兵に効かないものは与えられん!本気で増やす「限界濃度」が凄い!?

「木村拓哉」の記事

木村拓哉の次女・Koki,について工藤静香がインスタで言及 「娘利用商法」と批判の声
元SMAP木村拓哉と工藤静香がKoki,の海外進出巡り対立か キムタクは"親の七光り"懸念
木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,にCMオファー殺到か 1本1000万円の契約料とも

2. <バイク事故>あおり運転で男性死亡か 殺人容疑で再逮捕
7/4(水) 13:15配信 .空振り三振毎日新聞

 堺市で今月2日、乗用車に追突されたバイクの男性が死亡する事故があり、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕された同市南区の警備員、中村精寛容疑者(40)があおり運転で故意に事故を起こした疑いがあるとして、大阪府警は4日、殺人と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で再逮捕したと発表した。

 府警によると、あおり運転を巡り殺人容疑で逮捕されるのは異例という。

 容疑は2日午後7時半ごろ、堺市南区の府道で、同市西区の大学生、高田拓海さん(22)のバイクに追い抜かれたことに腹を立て、車を故意に追突させて殺害したとしている。

 高田さんは病院に搬送されたが、頭を強く打ち、脳挫傷などで死亡した。中村容疑者は「殺害しようとは思っていない」と容疑を否認しているという。

 府警によると、車のドライブレコーダーには中村容疑者が約1分間にわたりクラクションを鳴らしたり、パッシングをしたりする様子が映っていた。【宮川佐知子】
.
【関連記事】
【写真特集】フェラーリ8台など多重事故で大破
<中2運転の車大破 1人死亡、4人重軽傷 岡山>
<電柱ワイヤ激突>バイク男性、上半身切断し線路に
<松尾貴史さん>厳罰に処してほしい 高速の車間距離詰め走行
<日本初の自動車事故とは?>

3. <日米韓外相会談>8日に東京で開催 北との会談結果説明へ
7/4(水) 21:09配信 、毎日新聞

 【ソウル渋江千春】韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は4日、ポンペオ米国務長官が訪朝後の7~8日に訪日するのに合わせ、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相も東京を訪問すると明らかにした。8日に日米韓外相会談が開かれ、その場でポンペオ氏が日韓の外相に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長や金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長との会談結果について説明するとみられる。

 ポンペオ氏の訪朝は今回で3回目だが、6月12日の米朝首脳会談以降は初めて。首脳会談でトランプ米大統領と金委員長が合意した内容に基づき、「完全な非核化」の手順などについて協議する見通しだ。ただ、北朝鮮国内では核・ミサイル開発を継続しているとみられる動きも出ており、こうした点について北朝鮮側がポンペオ氏に明快な説明を行うかどうかも焦点になる。

 米朝首脳会談での合意を具体化させるための高官協議について、トランプ氏は当初、「首脳会談から1週間内に開始する」と宣言したが、開催が遅れていた。会談から約3週間となる今月1日に、板門店(パンムンジョム)で米朝間の実務者協議が開かれ、ポンペオ氏訪朝に備えた議題の調整などを行った。
.
【関連記事】
<日米韓>対北朝鮮 20年までの非核化要求
<日米韓防衛相>対北朝鮮「圧力」明記せず 共同声明
<日米韓の対北朝鮮政策 すきを作ってはならない>
<日米韓外相会談>非核化の対応「違いは全くない」
<日米韓の対北朝鮮政策 中露との連携を深めねば>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018年7月3日。巨人対ÐeNA... | トップ | 2018年7月5日。巨人対ÐeNA... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事