巨人戦スポーツ解説

プロ野球の巨人戦の解説です。

2019年1月5日。1. TOKIOも来た3・3億円マグロは“カオス”状態

2019-01-05 17:05:49 | Weblog

      2019年1月5日

日本全国的に著名な神社
竈門神社(福岡県太宰府市)1/5済
竈門神社(かまどじんじゃ)は、福岡県太宰府市にある神社。式内社(名神大社)。旧社格は官幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。別称を「宝満宮」「竈門宮」とも[1]。
概要[編集]

太宰府市東北に立つ宝満山に所在する神社で、社殿は次の2ヶ所に形成されている。
上宮 - 宝満山山頂(標高829.6メートル)。
下宮 - 宝満山山麓。

かつては山腹に中宮もあったが、明治に廃絶している。

宝満山は大宰府の鬼門(東北)の位置にあることから、当社は「大宰府鎮護の神」として崇敬された。平安時代以降は神仏習合が進み、当社と一体化した神宮寺の大山寺(だいせんじ、竈門山寺・有智山寺とも)は、西国の天台宗寺院では代表的な存在であった[2]。また、宝満山には英彦山(ひこさん)とともに修験道の有数の道場が形成されたが、明治期にこれらの仏教施設は廃された。しかしながら、今なお福岡県下には当社から勧請された約40社の神社があり[3]、現在も宝満山に対する信仰・縁むすび信仰により崇拝されている神社である。

文化財としては、当社社地を含む宝満山一体が国の史跡に指定されている。また、木造狛犬や宝満山山岳信仰関係資料307点が福岡県の文化財に指定されている。


スポーツ、

1. 菊池雄星はなぜ英語が話せた? 昨季西武担当記者が知る左腕の不断の努力1/5(土) 7:02配信 、スポーツ報
菊池雄星はなぜ英語が話せた? 昨季西武担当記者が知る左腕の不断の努力

菊池雄星

 雄星が早くもマリナーズ・ファンの心をつかんだ―。西武からポスティングシステムでマリナーズ入りした菊池雄星投手(27)の入団会見が3日(日本時間4日)午前11時から、マ軍の本拠地「Tモバイル・パーク」で行われた。米記者団との質疑応答を、ほとんど英語で答えるという異例の対応で関係者を驚かせた。最大1億900万ドル(約120億円)の大型契約を結んだ投手にふさわしい、強烈な印象を与えた。

【写真】会見で背番号18を披露する菊池

 菊池が入団会見で披露した滑らかな英語。現地の人はもちろん、画面越しに見た日本のファンも驚いた人は多いだろう。だが、私は決して驚くことはなかった。むしろ、この時を待ち受けていたかのように、笑顔で自分の持っている“英語力”を発揮していたように見えた。

 昨年1年間、左腕を追い続けてきた。グラウンド内外問わず、外国人選手とコミュニケーションを取っている姿を頻繁に目撃。近寄って耳を澄ませてみると、2人は英語で会話をしていた。ある外国人選手は「ユウセイとは日常会話は英語で話せるよ」とうれしそうにしていた。雄星は外国人選手と積極的に会話し実践経験を積むことで少しずつ語学を習得していった。

 さらにこんな逸話もある。「ロッカーにいる時に、ウルフが外国人選手以外で英語を使って話しかけているのは、雄星しか見たことがないよ。雄星が英語での日常会話がある程度、理解できているというのがあるから、ウルフもそういう対応をしているんだろうね」と、ある球団関係者は明かした。勤勉な性格。近年は英会話教室にも通っていたという。夢を切り開くために、自分なりに考えて準備を進めていたのだろう。(18年西武担当・小林 圭太)
.
【関連記事】
菊池雄星、英語で受け答えの入団会見 積極的姿勢に米記者団も好意的な笑顔
早くも通訳いらず? マリナーズ移籍の菊池雄星、入団会見で背番号「18」&質問には英語で回答
マリナーズ入りの菊池雄星の年俸、今季は800万ドル
菊池雄星の父・雄治さんが高卒時のNPB表明に言及「葛藤あったと思う」
菊池雄星 、 ポスティングシステム 、 マリナーズ を調べる

2. 広島・松田オーナー 巨人・丸の人的補償「10日前後には」回答へ
1/5(土) 6:30配信 、スポニチアネックス


広島・松田オーナー 巨人・丸の人的補償「10日前後には」回答へ

巨人に移籍した丸(右)と原監督

 広島は広島市内の球団事務所で仕事始めを迎え、松田元(はじめ)オーナーは「当然、日本一を目標にしながらやっていく」を決意を新たにした。

 丸のFA移籍による巨人への人的補償の回答期限が19日に迫る中、「10日前後には(巨人に)知らせたい」と決断のメドを明かし、今後は首脳陣らと意見交換した上で最終決定する予定だ。
.
【関連記事】
広島・中崎 “新技”習得じゃ「昇龍拳みたいな必殺技を覚えられれば」
丸加入で“カープイズム”との融合 巨人ナインに好影響
DeNA・山崎&広島・鈴木 荒川区の星2人が地元でバッタリ「そんなことあるーっ!?」
闘将の死から1年…中日・与田監督「星野さんにはなれないが」闘将イズム継承誓う
松田元 を調べる

3.

4.

5.

二ユース、

1. TOKIOも来た3・3億円マグロは“カオス”状態
1/5(土) 14:46配信 、日刊スポーツ


TOKIOも来た3・3億円マグロは“カオス”状態

3億3360万円で落札された1番マグロ(撮影・鈴木正人)

豊洲市場の「初競り」で一番マグロを3億3360万円で競り落とした、喜代村(東京)が運営するすしチェーン「すしざんまい」の築地の本店前は5日午後、3億マグロを一目見ようとする観光客や報道陣で、路地がまっすぐ進めないほどの大盛況となった。テレビ番組ロケで訪れたTOKIO城島茂(48)や松岡昌宏(41)の姿も見られるなど、「豊洲初」「平成最後」の初競り後らしいお祭り騒ぎとなった。

【写真】3億3360万円の最高値を付けたクロマグロを釣った藤枝亮一さん

午後2時すぎにまぐろ解体ショーが始まると、周辺は人が入り乱れ“カオス”状態に。入店待ちの列はみるみる伸びて1時間以上の待ち時間となった。

マグロは青森・大間産の生の本マグロで、278キログラム、キロ単価120万円。これまでの最高額で、13年に同じく喜代村が落札した222キロの大間産クロマグロ1億5540万円(1キロ当たり70万円)を2倍以上更新。解体後は全国のすしざんまいで提供される。
.
【関連記事】
マグロ釣った大間の漁師、最高値に「桁間違いでは」
すしざんまい3・3億円「やりすぎた」、小池氏驚き
最高値マグロは奇跡の1匹 禁漁90分前に釣れた
小池知事「立ち食いステーキ」姿にネット上騒然
富士そばの「煮干しラーメン」ははっきり言って美味

2.韓国側が反論動画公開 大部分は日本側の映像
1/5(土) 1:12配信、Fuji News Network

フジテレビ

[ 前の映像 | 次の映像 ]

韓国海軍による海上自衛隊哨戒機への射撃管制用レーダー照射問題で、韓国国防省は、反論の動画を公開し、あらためて謝罪を求めた。

韓国国防省は、公開した動画の中で、「哨戒機がなぜ低空飛行したのか、答えなければならない」との字幕をつけ、日本側に回答を求めている。

また、日本側が無線で「レーダー照射の意図の確認を試みた」と指摘していることに対して、「雑音が多く明確に聞こえなかった」などと反論している。

韓国国防省の報道官は、「もう一度明らかにするが、日本はこれ以上事実を歪曲(わいきょく)する行為を中断して、人道的救助活動中であったわが艦艇に、威嚇的な低空飛行をした行為に対して謝らなければならない」と述べた。

今回、公開されたおよそ4分半の動画のうち、韓国側が撮影した映像は、わずか11秒ほどで、大部分は防衛省が公開した映像を利用したもので、レーダー照射の否定を裏付ける証拠はなかった。

【関連記事】
【速報】レーダー照射 韓国が“反論動画” 日韓主張真っ向対立
レーダー照射 韓国が“反論動画” 駆逐艦からの映像なし
日韓外相「早期解決が重要」 レーダー照射問題
レーダー照射 韓国が謝罪要求 「日本が威嚇的な低空飛行」
韓国“強制労働”訴訟 原告側が差し押さえ手続き着手

3. 囲碁の天才少女、10歳で最年少プロに 名人も手腕評価
1/5(土) 14:38配信 、朝日新聞デジタル


囲碁の天才少女、10歳で最年少プロに 名人も手腕評価

プロ入りが決まり、記者会見に臨む仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(中央)。右は父の信也九段、左は母の幸さん=2019年1月5日午後2時46分、東京都千代田区の日本棋院、飯塚晋一撮影


 今春、日本囲碁界で史上最年少の10歳のプロ棋士が誕生する。大阪市此花区の小学4年生、仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)で、囲碁先進国の韓国で修業を積み、「世界一になる逸材」として、日本棋院が新設した小学生までの採用制度「英才特別推薦棋士」の第1号として迎えられる。

【写真】プロ入りが決まり、記者会見に臨む仲邑菫(なかむら・すみれ)さん=2019年1月5日午後2時44分、東京都千代田区の日本棋院、飯塚晋一撮影

 日本棋院が5日に発表した。菫さんは、4月1日付、10歳0カ月で日本棋院関西総本部(大阪市)の所属棋士になる。9年前、11歳6カ月でプロ入りした藤沢里菜女流本因坊(20)を抜く最年少記録となる。

 プロ棋士の仲邑信也九段(45)と、囲碁の元インストラクターの幸(みゆき)さん(38)のひとりっ子。幸さんの手ほどきで3歳で碁を覚え、7歳から一家3人で韓国・ソウルに渡って修業。日本での義務教育履修のため日韓の往復生活を続けた。幸さんによると、菫さんはすぐに韓国語を覚え、両親の通訳にもなっているという。昨年、現地の小学生低学年のチャンピオンに。今年、韓国棋院のプロ候補生である研究生になった。

 韓国で“囲碁漬け”の日々を送ってきた。平日は名門「韓鐘振(ハンジョンジン)囲碁道場」で、週末は韓国棋院で対局を重ねてきた。現地のプロ志望の子どもたちは朝、学校に顔を出すとすぐに道場に向かい、夕方まで囲碁の勉強をする子が多い。

 「子どもたちの囲碁環境が日本と全く違う。あれを見て、菫が世界を狙うには韓国で勉強させなければと思った」と、父の信也九段が言う。根っからの負けず嫌いで、負けると大泣きする。その勝負魂が道場で高く評価されている。

 道場を主宰する韓鐘振九段は「菫の才能は、現在の女流世界一である韓国の崔精(チェジョン)九段(22)に劣らない。むしろ上達のスピードは崔より速い。このままいけば女流の世界チャンピオンになるのはもちろん、男性のトップ棋士とも対等に戦えると思う」と話す。

 先月、一家は日本に帰国。日本棋院は採用にあたって菫さんに張栩(ちょうう)名人(38)と対局させた。あらかじめ下手が盤上に石を置き、圧倒的に有利な状態で打ち始める「置碁(おきご)」ではなく、より互角に近い「黒番逆コミ」の手合で打ち、引き分けに持ち込んだ。「衝撃的でした。うわさには聞いていたが、想像以上にすごい子。小学生時代の井山(裕太五冠)さんと打ったことがあるが、当時の彼より上をいっている」と張名人は言う。
.
朝日新聞社

【関連記事】
「AIが壊れた」観戦陣騒然 井山名人の「神の一手」
努力の藤沢、ついに女流囲碁トップ あこがれの謝とタイトル争い3年
囲碁界がスマホ規制 超人AIの設計図公開で反対論一転
観光用スマホまで撤去 トップ棋士が過ごす通信遮断の夜
井山五冠、待つ側から挑む側に 「一発入れる」のは誰か
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2019年1月4日。. イチローは... | トップ | 2019年1月5日。TOKIOも... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事