ぐうじののほほん

山形県長井市の總宮神社ぐうじの個人的日々を綴った日誌です

天元台へ(エピローグ)

2018年09月28日 17時10分26秒 | 観光

こんばんは

お天気に恵まれた長井市でした

皆様の地域では如何ですか?

        

先日の天元台観光

湯本駅から下って定番コースの小野川温泉

温泉街

片葉の葦寄ります

足湯も定番コース

積載のないバートですが、タオルだけは何とか押し込めています

野良猫が多いのも小野川のいいところ

おこぼれを狙ってウロウロ

目が野良っすものねぇ

それぞれのみしぇによって違うラジウムたまご

ここ、つたやさん

このパッケージが小野川のラジウムの顔ですね

小野川温泉はファストフードがいっぱいあります

煮卵に、玉こんにゃく

サービスのお茶はいいのですが・・・・

 

   ここは・・・

 

           

  ラジウム温泉卵ソフトがあります

     

すごいものを考えるものだ・・・

  とか言いながら、ぐうじは2度食べています

足湯につかって・・・

ふつーのソフトを頂きました

御馳走さまでした

そんな足湯まったりな夕刻なのでした

皆様にはステキな午後をお過ごしくださいませ

コメント

天元台へ(本編)

2018年09月28日 15時30分44秒 | 観光

こんにちは

お天気に恵まれた長井市です

皆様の地域では如何ですか?

先日、米沢市赤芝「鷹山堂」さんから・・・

白布街道を走って天元台ロープウェイ湯本駅まで

ふふふふ・・・

 

     フフフ・・・

 

     

懐かしい~~

定位置に停めることが出ました

湯本駅構内

様々にPRPOP

アルブ天元台は食事も充実していますね

これはお宮でも使えるなぁ

なかなかおもしゃい、試みです

意外に地元の方が多いのがわかります

長井市シールを貼って・・・

ロープウェイで移動です

4分で1530mの天元台高原駅

10℃台前半です

秋ですね~

この建物がアルブ天元台

ぐうじが学生時代泊まり込んでグラススキーに明け暮れた思い出の場所です

こっちがペンション街

第1リフト

冬はスクールを時々手伝うぐうじです

ここがグラスバーン

グラススキーができるんですよ

天元台へ2018

で、乗り継いで第2リフト

これは最終第3リフト乗り場

下に見えるのが第1リフトで、手前が第2リフト

ここからでさえこの絶景です

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

          (ノ´▽`)ノオオオオッ♪

第2リフトのすり鉢

第3リフトで頂上を目指します

        

景色がごちそうですね

天元台へ2018:1

ここが第3リフト頂上

ここにも鐘がありますよ

愛の鐘を鳴らして少し歩きます

日本百名山だもんねぇ

ここからも絶景(ここは第2リフト)

かすかに滝が見えます

頂上からの景色

夏も冬も登山者やスキーヤー、ボーダーの絶えない天元台高原

こんな道を上っていくんだもんなぁ

ここで引き返すヘタレです 

さ、下りましょう

1~3のリフトはすべてペアリフト

左の建物はホワイト

冬のレッスンの避難所ですね

3つのリフトを乗り継いで往復40分だったかな

少しアルブ天元台を見てみましょう

この奥の厨房でバイトしていました

調理、皿洗い、何でもしましたね~

スキースクール受付

OPEN当初は薪ストーブのあった場所

今は表彰式なんかに使われているのかな

バートを待たせていました

カギは無くならないようにつけっぱなし

皆様にはステキな午後をお過ごしくださいませ

コメント (4)

天元台へ

2018年09月27日 21時35分33秒 | 観光

こんばんは

雨模様の長井市です

皆様の地域では如何でしたか?

先日るぅさんと米沢市、天元台に行って来ました

バートを停めている場所は、バイト時代にいつもカタナを停めていた場所

30年ぶりに同じ行為を同じ人間がしています

そして、リフトを3本乗り継いで天空の大地へ

すげ~~~

日本百名山西吾妻

そんな水曜午後の昼下がりなのでした

皆様にはステキな夜をお過ごし下さいませ

 

コメント

古代アンデス文明展

2018年09月27日 14時40分21秒 | 観光

こんにちは

雨の長井市です

    

皆様の地域では如何ですか?

山形市千歳山

きんな、るうさんと山形自動車道~東北自動車道へ

        

とにかくうっしょに気を付けながら走りました

 撮影はいつもるうさん

ありがとね

仙台宮城ICで降ります

降りてほどなくすると青葉山

広瀬川~♪

  流れる岸部~♪

   思い出は~かえらず~♪

広瀬川を渡ります

仙台博物館到着

何年ぶりだろ?

仙台博物館古代アンデス文明展

前から来たかった古代アンデス文明展

念願かないました

平日ですがめちゃ混んでました

これ・・・

今週末で終わりですが、週末の混雑具合を考えると・・・ 

ゾッとします

るうさんも、来れてよかったね

ずっと連れてきたかったんですよぉ

インカ帝国のイメージはマチュピチュ

こんな高山に、こんな文明が・・・・

最盛期のころにタイムスリップしてみたくなります

雨季のチリ

すげ~~~

天と地の境がないですね

塩田の風景もすごかった

で、この展覧会のすごかったところは、一部を除き撮影OK

カメラ片手に多くの方がシャッターを切っていました

だけど、とにかく人が多く、展示スペースの前が空くのを狙ってシャッターを切ります

レプリカもありましたが、実物展示のほうが圧倒的に多かったですよ

紀元前800年前にこんな文明が栄えていたなんて・・・

単純に3000年前ということですからねぇ

これは土器ですね

るうさんは、実はこんな学芸員の仕事がしたかったらしいですよ

修復ということを考えれば、半分以上願いはかなった現在かもしれませんけどね

独特な文明ですが、来てみると様々な気づきがあります

撮影禁止区域のミイラのスペースがすごかった

アンデス自体が乾燥しているので、人々は亡くなると自然にミイラになっちゃったんだそうです

死してもなお、進行形の現在と共に生きるというのがインカの考えのようでした

これほど高度な文明なのに貨幣はなかったそうです

物々交換か、自給自足

不思議な文化は・・・

文字も持たないのだけど、これで物事を記録していたんだそうです

5進法っていったかな?

これも記録媒体

るうさんを見るとわかりますがとても大きいです

現代のディスクですね

 

      

よくもまあ、インカからこんなにたくさん持ってきたなぁ

もう、生涯見ることはないでしょうから、いい鑑賞になりました

インカ人の顔

頭蓋骨を幼少期から矯正して後頭部が尖がるようにしたようです

この仮面をかぶせて埋葬されていた遺体

金属加工の技術がこの時代からあったなんて・・・

銀細工

質感が高いです

      

司祭が身にまとった金細工

レプリカじゃないです

 本物です

以前から知っていましたが、これでさえ、副葬品や金細工が少ないのだそうです

古代インカはスペインの侵略を受けて、その金のほとんどをスペインに差し出したそうです

差し出した見返りに文明やインカ人の身の安全を約束したのですが、反故にされインカ文明はそこで途絶えます

司祭の式典用飾り

そしてスペイン人は・・・

ありとあらゆる装飾品を、現地で金の延べ棒に加工してスペインまで運んだそうです

だから、インカ文明は余計謎な分が多くなっているんですね

ってか、なんてことをするんじゃスペイン人

たくさんのことを学んだインカの文明展でした

         

インカ人の衣装

あったかいですよ~

今日みたいな日には最高です

さてと・・・

移動すっか?

皆様には寒暖の差に気を付けてお過ごしくださいませ

コメント

銀山温泉へ2018(エピローグ)

2018年09月09日 20時00分28秒 | 観光

 こんばんは

 雨模様の長井市です

 皆様の地域では如何ですか?

 先日の秋雨前線の晴れ間

わらわらお宮に 

お宮って・・・

お祭りやご祈祷や参拝者様の対応だけじゃなく・・・

歴史的に地域文化の核になっている場合が多いので・・

お宮で学習会に対応することが多いのです

幼稚園

小学校

中学校

最近は高校生

卒論などの取材の大学生

 1年でかなりの時間を割いて対応しなければならず、これもたいへんな社務の一つなのです

今週も地元中学校100名ほどが総合学習でお宮に来ます

対応・・・

  なんとかなっぺ 

先日の銀山温泉銀山採掘抗跡

あらら・・・

何がしったどご撮らっちぇだした 

るうさんの隠し撮りっすね

足湯

あったかくて気持ちいがったぁ

 帰り道で大正ろまん館に初めて立ち寄りました

 大正ロマンを感じさせる洋館風の建物

 メニューもたくさんありそうです

 ここでららランチもいいなぁ

中に入るとエビチリパン

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

          (ノ´▽`)ノオオオオッ♪

斎戒期間中で肉が食べれないぐうじにぴったり・・・

だけど一応「これってお肉?ひき肉みたいの入ってます?」

 

   と聞くと、店員さんはわからないとのこと・・

 

店員さん「アレルギーかなんかですか?」

 

   ぐ「お宮のお祭りに奉仕しなきゃいけなくてそれまでお肉、ダメなんです」

 

  店員さんは驚いた感じでしたが、じゃ、わからないからやめましょうってことになりました

で、ソフト

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

          (ノ´▽`)ノオオオオッ♪

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

          (ノ´▽`)ノオオオオッ♪

ワンツーワンソフト

 帰りの徳良湖はとってもきれいでしたよ

皆様にはステキな夜をお過ごし下さいませ

コメント (2)