政治・経済に関する雑記

なるべく独自の視点で、簡潔・公平に書きたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

混合診療の問題点

2007-11-28 13:10:19 | 税制・補助金
先日、混合診療を解禁すべきだと当然のことのように書いたが、その後インターネット上の意見を見ていると、意外に解禁に反対の意見が多いので驚いた。賛否半々くらいだろうか。混合診療の何が問題なのか、改めて考えてみた。

論点は、保険適用外の医療を行うことの安全性と、貧富による医療格差の2つにほぼ集約されるようだ。

たしかに安全性の問題はあるが、これは「どっちもどっち」だろう。保険機構が認可したからといって安全が保証されるわけではない。日進月歩の医療において政府や保険機構が現場の医師より常に優れた判断を行えるとは思えない。仮に保険機構が時間をかけて認可した医療のほうが安全性が高いとしても、そのような医療しか受けたくない人はそうすればよいのであって、まだ認可されていない医療でも受けたいという人の望みまで断たなくてよいのではないか。

もう1つは格差の問題だ。こちらのほうが圧倒的に多く議論されている。

素直に考えれば、混合診療を解禁するほうが誰にとってもありがたい。解禁によって保険適用の診療が減るわけではないのだから、医療の選択肢は広がりこそすれ、狭まることはない。それなのになぜ反対が多いのか。

混合診療を解禁すると、国民皆保険制度の崩壊につながるとの意見がある。だが保険で受けられる医療の質と量は、基本的に、保険の掛け金と医療の値段によって決まるものだろう。どうして混合診療を関連付けようとするのか。

混合診療が解禁されると、薬などの保険適用の認可が遅れるのではないかとの懸念がある。だが現在でも高額な医療の中には、有効とわかっていても保険が適用されないものがある。ない袖は振れないからだ。結局、保険の適用範囲を広げるには、保険料を上げるか診療報酬を下げるしかない。軽い病気でむやみに医者にかからないとか、薬漬け医療などの無駄を省くなど、いろいろな工夫も考えられるが、いずれにしても混合診療とは関係ない。医薬品の量産効果がどうのといった細かい話もあるが、為にする議論になっていないか。

そこまで考えるならむしろ、保険外診療が増えれば医療機関の経験と収入が増え、保険で受けられる医療の質に好影響を及ぼす可能性も考慮すべきだろう。また保険外診療によって新しい医療や薬の効果が明らかになれば、そうした医療が保険で認可される時期がむしろ早まるかもしれない。

自分が病気になったとき、「ここから先は保険外なので20万円かかります」などと言われたくない、という人がいる。気持ちはわかるが、しかし混合診療が禁止されていれば20万円ではなく50万円必要になるだろう。家を売らないと医療が受けられなくなるなどと恐れる意見もあるが、現在なら家を2軒売らないとその医療は受けられないのである。

病気になっているときにお金と医療をはかりにかけるのは苦痛だという人がいる。これもわかるが、自由の代償というものだ。選択肢が増えることを恐れるのか。何も考えない国民を国家に管理する社会ではなく、個々人が自ら考えて行動する自由な社会を我々は目指していたのではなかったか。

おかしな医療がはびこらないかとの懸念もある。怪しい健康食品がたくさん売られている現状からしてもっともな心配ではある。だがそれを理由に混合診療を禁止するのでは角を矯めて牛を殺すようなものだ。情報の公開と個々人の意識向上、それに極端なケースへの罰則によって対応すべき問題だろう。

医療関係者には混合診療解禁に対する反対意見が多い。医師会は断固反対している。何でそこまで反対なのかよくわからないのだが、業界団体が熱心に反対するときは大概利害が絡んでいるものだ。良心的な医者はたくさんいるが、良心的な業界団体というのは見たことがない。

混合医療の解禁が診療報酬の改訂方向に影響することは考えられる。保険料と診療報酬が変わらなければ、混合診療で保険外の医療費が増えると日本全体の医療費も増えることになる。それなら保険の診療報酬を少し下げても大丈夫でしょう、という話が出る可能性はある。だが当然これは混合医療禁止の理由にはならない。

(ちなみに現在、日本の医療費は他の先進国より安い。それはよいことに思えるが、しかしそのために医療従事者が減ってしまうようであれば考え直さねばならないと私は思う。GDPに対する医療費の比率を一定に保とうという意見があるが、無理がある。国民がお金を(つまり自分達の労働力を)何にかけたいかは、時代とともに変わる。今後、医療に対する要求は対GDP比で見ても増えていくのではないか。それを無理に固定化して、たとえば「物が豊かに溢れているが必要な医療は不足している」ような社会を作っても、誰も嬉しくはないだろう。現在は医師の数が不足してきているという話も聞く。)

保険外診療は各医療機関が自己の責任で行う面があるから、外部からの医療機関の評価につながるだろう。仕事する側はどうしても評価されることを嫌う傾向があるが(その気持ちはよくわかる)、もちろんこれも解禁反対の正当な理由にはならない。

混合診療の解禁を求める理由ははっきりしている。そうした医療を一日も早く望んでいる人達がいるという現実である。自分もいつそういう立場になるかわからない。それに対して反対論は抽象的であるか感情的だ。理屈の立たないところに無理やり理屈をつけているように見えることもある。現実に病に苦しんでいる人々の希望を、第三者の思弁や感情、そして利権によって排除しはならない。

人気ブログランキング。クリックお願いします

コメント (18)   この記事についてブログを書く
« シュレーディンガーの猫はパ... | トップ | エンジェル税制の根拠 »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
直すつもりのない保険診療 (混合診療賛成)
2010-11-09 20:51:08
以前に健康保険の説明会に参加したとき、担当の行政官が曰く「健康保険では、病気を治すつもりはない」と断言していました。そんな健康保険にみんな入らされて、混合診療という選択肢を与えないのはどんなものでしょうか?自分も、病気になったら、自分にあう治療を受けたいので、混合診療には賛成です。もともと直す気のない保険制度の診療なんて、受けたくないですよね。
Unknown (患者本位の混合診療を考える会(仮))
2011-11-13 03:36:11
多数の禁止派が論理的に問題点を指摘しているが、解禁派がこれに明確に反論したことはありません。
未承認医薬品が生じる実情を何も知らず、禁止派の意見に真摯に耳を傾けない者が、フィクションで荒唐無稽な解禁論「国民皆保険は崩壊しない」を唱えています。
http://kongoshinryo.jpn.org/static/05_5.html
Unknown (nnnhhhkkk)
2011-12-05 00:50:08
>2011-11-13 03:36:11

おまえはあちこちに喧嘩売っているのか。
禁止派は全然論理的に説明していないのにしていると思い込んでいるのだから滑稽だ。
もう恥をあちこちに晒す前に喧嘩売るのやめたら?
Unknown (患者本位の混合診療を考える会(仮))
2011-12-10 23:43:49
nnnhhhkkkさんって以前に言い訳して議論から逃げた方ですよね?
http://kongoshinryo.jpn.org/static/999.html
反論もせずに暴言を並べるだけの行為こそ喧嘩を売っているのでしょう。
混合診療の問題点 (患者本位の混合診療を考える会(仮))
2011-12-11 00:08:25
お医者様が分かりやすく解説してくださってます。
ttp://d.hatena.ne.jp/NATROM/20111202
治療とお金 (soejima41)
2012-01-03 15:47:26
コメントでいただいたWebページに、なけなしの貯金を数ヶ月の治療に充てて亡くなった方の話がありますが、これが問題の本質を示しているように思います。命の重さはお金で計れないとよく言いますが、現実に自分が死ぬとき、いくら治療費を使ってでも(すなわち後世にいくら苦労をかけてでも)延命させてほしいと言い切れるでしょうか。

話を単純化すると、本当に十分な医療を保険内で受けられる世の中では、上のようなケースで家族や後世に遺産を残すことは許されません。高額な保険料負担という形で医療費に使うしかないからです。だからといって保険を充実させなければ、もっとお金を使ってでも延命治療してほしい人の望みが絶たれます。混合診療が認められれば、こうしたケースで選択肢がある程度は増えます。(あるいは、一部の保険内医療の自己負担率を上げることでも同種の効果があると思います。)

選択肢が増えると、頭を悩ましたり後悔したり、人と比較して妬んだりすることが多くなり、インチキ商法も増えるでしょう。しかし、だからといって国家にすべて決めてもらうほうがよいのか、ということだと思います。何事も程度の問題ではありますが。
想像と現実の差 (患者本位の混合診療を考える会(仮))
2012-01-11 02:03:50
想像で頓珍漢なことを仰る前に現実の問題を勉強すべきかと思います。
http://kongoshinryo.jpn.org/static/reimbursement.html
http://kongoshinryo.jpn.org/static/collapse_universal.html
http://kongoshinryo.jpn.org/static/healthcare_resources.html
http://kongoshinryo.jpn.org/static/shunsuke_ono.html

>本当に十分な医療を保険内で受けられる世の中では、上のようなケースで家族や後世に遺産を残すことは許されません。
>高額な保険料負担という形で医療費に使うしかないからです。

それはどのような根拠に基づいて言っていますか?
高所得者ほど保険料負担が多く、かつ、保険給付の少ない制度を充実して、
どうして貧乏人が家族や後世に遺産を残すことが許されなくなるのですか。
また、神奈川県保険医協会は保険充実による医療費への影響度は0.01%もないとしていますが。
http://www.hoken-i.co.jp/outline/h/cat225/post_77.html

>混合診療が認められれば、こうしたケースで選択肢がある程度は増えます。

それはどのような根拠に基づいて言っていますか?
保険診療範囲が広がらなければ貧乏人には全く意味がありません。
保険診療が縮小すれば、ある程度お金のある人も治療困難となります。
混合診療で短期的には一部の人が恩恵を受けるでしょう。
しかし、長期的には保険診療を全く必要としない人を除く全ての人の治療機会が減ります。
それでどうして「選択肢がある程度は増えます」と言えるのでしょうか。

>インチキ商法も増えるでしょう。
>しかし、だからといって国家にすべて決めてもらうほうがよいのか、ということだと思います。

薬事法も消費者契約法も特定商取引法も全て廃止すれば良いと仰るのでしょうか?
現世は理想郷ではないので (soejima41)
2012-01-13 10:38:47
コメントをありがとうございます。

「保険の掛け金は金持ちに払わせればよいから貧乏人には保険は制度だ」というだけなら、単に所得再配分の話になってしまいます。本来、健康保険というものは、所得の再配分を目指すものではなく、病気になったときの相互扶助を主眼としているはずです。(所得格差の是正については、相続税やベーシックインカムなど、他にもっとストレートで副作用の少ない方法があると思います。)

現在の強制医療保険では、十分な医療は提供されていません。今の保険掛け金ではこれ以上のことができないからです。もっと掛け金を高くしてもよいから医療を充実させてほしい、という人もいるでしょうし、それは理解できます。ただし、本当に「十分な」医療を提供するレベルを求めたら、いくらお金があっても足りません。今の保険では提供できない高額医療はたくさんあるそうですし、介護にしても人手はいくらでも多いに越したことはありません。

しかし現実には無理なことです。さらに高度な医療技術が開発されていきますから、可能な医療をすべて提供するのは、イタチゴッコのようなもので、おそらく永遠に無理でしょう。だから、本当に十分な医療を強制保険で提供しようと再現なく目指せば、労働者の所得をすべて保険掛け金で徴収しても足りません。これが「遺産を残すことなど許されなくなる」と書いた意味です。保険の範囲は、どこかで止めねばなりません。「全員が十分な医療を受けられる保険制度」という話は、一種のレトリックもしくは幻想にすぎないと私は思っています。

記事にも書きましたが、保険掛け金を変えなければ、混合診療の解禁によって保険診療が縮小するとは考えられません。おっしゃるとおり、混合診療があると将来の保険掛け金アップが抑制される方向に動く可能性は考えられますが、逆に言えば、混合診療があるおかげで掛け金の高額化を抑えられる可能性があるということにもなります。もっともいずれにしても、掛け金の額は混合診療の有無にかかわらず政策的に(すなわち国民の意思で)決定できることですから、掛け金額のレベルと混合診療の有無は、本質的には無関係だと思います。今後、保険財政は厳しくなり続けます。世間には「保険内医療は充実しているほうがよい」という論調が多いですが、それは「保険掛け金をより高くしたい」ということと表裏一体ですから、結局、どこかの水準で折り合いをつけていくしかないでしょう。

> 薬事法も消費者契約法も特定商取引法も全て廃止すれば良いと仰るのでしょうか?

いえ、そうは思いません。一般論としては、自由を与えるなら同時にルールを厳正にして、罰則を強化する必要があると思います。
現世は空想ではないので (患者本位の混合診療を考える会(仮))
2012-01-21 19:16:15
保険財政改善と患者の利益が両立するなんて主張こそ現実離れした「理想郷」でしょう。

>「保険の掛け金は金持ちに払わせればよいから貧乏人には保険は制度だ」というだけなら、単に所得再配分の話になってしまいます。

国民皆保険と所得再配分の関係をどうすべきかなど誰も論じていません。
保険に所得再配分機能を持たせるべきではないと仰りたいなら、好きなだけご自由にどうぞ。
しかし、それは混合診療問題とは無関係です。

>現在の強制医療保険では、十分な医療は提供されていません。
>今の保険掛け金ではこれ以上のことができないからです。

「今の保険掛け金ではこれ以上のことができない」ことを理由に承認を拒否された治療法や医薬品があるのならそれを示してください。
持論に都合の良い空想に基づいて物を言っても、それは貴方にとっての「理想郷」にしかなりません。

>記事にも書きましたが、保険掛け金を変えなければ、混合診療の解禁によって保険診療が縮小するとは考えられません
>逆に言えば、混合診療があるおかげで掛け金の高額化を抑えられる可能性があるということにもなります。

薬価等を引き上げなければ混合診療の解禁によって保険診療が縮小することは簡単な数式で容易に証明できることです。
また、混合診療を解禁すれば、現在は全額自己負担である混合診療分の保険給付も増えます。
リンク先に書いてあることくらいは勉強してから物を言ってください。
http://kongoshinryo.jpn.org/static/collapse_universal.html
http://kongoshinryo.jpn.org/static/shunsuke_ono.html
医療予算削減圧力の強化や保険診療充実圧力の弱体化の問題も無視しているようです。

>一般論としては、自由を与えるなら同時にルールを厳正にして、罰則を強化する必要があると思います。

罰則があっても違反者が後を絶たない現状をどう考えるのですか。
薬事法違反は死刑にしろとでも仰るのでしょうか。
罰則を強化すれば解決するなんて甘い考えこそ「理想郷」でしょう。
補足 (患者本位の混合診療を考える会(仮))
2012-01-21 23:41:27
ここでの最も重要な指摘は「今の保険掛け金ではこれ以上のことができない」とする根拠です。
そこに具体的根拠が無く想像を用いているから頓珍漢な発言になるのでしょう。

>所得格差の是正については、相続税やベーシックインカムなど、他にもっとストレートで副作用の少ない方法があると思います。

国民皆保険の低所得者優遇措置は「単に所得再配分」とは違います。
「単に所得再配分」であるなら国民皆保険を潰して別の所得再配分方法に置き換えれば済みます。
置き換えができないのは、給付額が所得だけで決まるわけではないからです。
所得よりも診療金額の方がウェイトとして大きく、貧乏人でも給付0円の人もいれば、金持ちでも高額な給付を受ける人もいます。
だから、「他にもっとストレートで副作用の少ない方法」などありません。
いずれにしても混合診療問題とは関係のないことです。

コメントを投稿

税制・補助金」カテゴリの最新記事