2017 東北1,500kmツーリング Part(1)

2017.10.7 ~ 10.9 東北1,500kmツーリング                 記) 新井 茂之

参加者:富永夫妻・鈴木(孝)・渡邉・染谷・杉浦・鈴木(昌平)夫妻・松本夫妻・新井・小松原・松江・アラン・鈴木


10/7(土)朝、目が覚めると外は小雨が降り続いていました。今日は盛岡迄ロングツーリングである。
10:00、自宅を出る時は雨も止みましたが、東北方面は雨模様の為、覚悟を決め「合羽にヘルメット」で出発する。
そう、私のクルマは”レーシングスクリーン”である。
東京・横浜組は10:00過ぎに東北自動車道・蓮田SAを出発すると連絡が入り、私も10:00に自宅を出
東北自動車道・羽生ICより合流すると黄色のBDRが追い越し車線を走行、次から次にSEVENに抜かれる。
こんな偶然があるのか?と思いつつ編隊走行に合流した。
予想された渋滞に巻き込まれることも無く、順調に走行する。当初、第2待ち合わせ場所としていた。
安積PAに12:00過ぎに到着。ここで、休憩及び昼食を取り、全員GSを満タンにする。
何とかここまでは雨に降られずに済んだが、やはり仙台から先は雨模様である。
13:00過ぎに安積PAを出発、次の休憩場所は長者ケ原SAである。やはり天気予報通り、仙台を過ぎた頃から、小雨となる。
14:40過ぎに到着。ここで杉浦さんと待ち合わせをする。杉浦さんは前日に仙台に宿泊していた様である。



長者ケ原SAにて、数台がGSを入れる。ここで、私のクルマに変調が出始める。スターターの廻りが重い?
電圧は正常にある。バッテリーは大丈夫か?、スターターに問題を抱えながらも、何とかエンジンは掛かった。
15:00頃、長者ヶ原SAを出発。この先はずっと”雨模様”である。気持ちは憂鬱ながら行くしかない。
次は紫波SAにてGS給油予定である。ここで鈴木昌平夫妻と待ち合わせする事となる。
16:10 紫波SAにて,鈴木(昌平)夫妻と合流する。盛岡在住の富永さんに全員GS満タンにして、盛岡南ICに出発する旨、連絡する。
ここで東京組が全員揃う。セブン8台・インプレッサS202 合計9台
私のクルマのスターターがやはりおかしい!?何とかエンジンが掛かった。
このまま無事盛岡に辿り着けるだろうか?不安である。
16:30 盛岡南ICに到着。ここで松江SEVENにETCが反応せず、バーが開かないトラブルが発生した。
何故か、バーを潜り抜けたようである。端により、係員が声を掛け「ETCカードを確認」し、何処から乗ったのか?
との問に”銀座”と答え、係員が解らず、松江さん”銀座”を知らねえのか?と興奮している。
ETCカードは管理事務所にて無事、「処理」され事なきを得た。
盛岡南ICに「富永・松本」さんが迎えに来てくれていた。なんと松本夫妻は「新幹線」で盛岡に来ていたのである。
盛岡南ICから盛岡市内のホテルまでの細かな地図を、富永さんが参加者全員に配り、気遣いに感服する。
雨も盛岡に到着すると小止みになり、ほっとする。ここまで500KM以上走ってきた。
17:00過ぎに盛岡市内の駐車場に到着する。富永さんの配慮により”立体駐車場”。屋根付きである。
”感謝・感激”する。駐車場の前が、今夜の宿になる"ホテル”である。



皆、それぞれホテルにてチェックインを済ませ、今日の疲れ・汚れを取るため、シャワーを浴びる。
18:20にホテルのロビーにて待ちわせる。今日の夕飯は”きのこ鍋”・秋刀魚の刺身である。
松茸酒・松茸鍋・松茸ごはんと、松茸を堪能する。
21:00に二次会として、”富永家”にお邪魔し、明日のツーリングの打合せを行い、7:30に市内寺町前に集合すると確認した。
22:30頃、二次会を引き上げホテルにて休む事とした。
一部の人は3次会に繰出したようである。



10/8(日)、今日は朝から快晴である。今日1日楽しいツーリングが始まる予感がする。
7:00に駐車場へ行き、出発の準備を行う。
私のクルマ、スターターの廻りが重い!?やっとエンジンが掛かる。この先が心配である。
7:30にホテルの前で皆、集合する。ここで2班に分かれ集合場所の確認を行う。
順次出発し、最初の集合場所へ皆、集合する。
ここで、地元のセブン乗りの鈴木さんが合流する。クルマは「KENTクラシック」である。
とても、綺麗にしていて、大事にしているのが解る。
今日のツーリングは12台、セブン9台・インプレッサS202・アウディTTRS・MINIクラブマンクーパーSである。

 

盛岡の街を抜け、郊外に出る。ここから”パノラマライン”だが、昨日の雨の為、路面が濡れている。
滑りそうで、様子を見ながら疾走る。
やはり”パノラマライン”というだけあり、信号も交通量も少なく、気持ちいい・ダイナミックなワインディングである。
しかし、路面はWET・濡れ落ち葉と言うリスキーな状況であるが、そこは、皆ベテランである。慎重克つ大胆に疾走っていた。
途中、トイレ休憩をする。この時、私のセブンに異変が出る。セルモーターがついに死んだ!?
ボンネットを空け、セルモーターを確認するが”配線に断線”は無いようだ。
どうするか?考えているいると、”押しがけ”すれば、エンジンは掛かるだろう!!との判断により、
皆に押しがけをして頂き、エンジンを掛ける。1度では掛からず、2度めで掛かる。
SOCJの結束・人柄に熱く感動する。
2回めの集合場所2”コンビニ”へ急ぐ。ここでは、ラッキーな事に”坂”がある!
私のクルマだけ”坂の上”に駐車し、”押しがけが楽”な位置に駐車する。
出発の時に”押しがけ”でエンジンを掛ける。皆に感謝!!
ここから八幡平の「紅葉」を見に行く予定である。流石に3連休の中なので、観光客が多い。
空いていれば素晴らしいワインディングであるが、クルマが多くペースは遅い。
残念であるが、その分走りながら紅葉を堪能できた。





11:00頃、八幡平頂上付近で休憩する。秋田県の県境の看板を見た時に随分遠くへ来たとの実感が湧く。
皆で、セブン・紅葉をバックに写真を取る。ここでは、私のセブンは”エンジンを掛けっぱなし”とした。
次は小岩井農場にて昼食の予定である。
松尾八幡平IC ~ 盛岡IC迄高速を走り移動する。
12:20頃、小岩井農場にて昼食の予定である。しかし、ここでも人混みに圧倒される。
レストランの待ち人数が30組である。
これでは、今夜の宿、鳴子温泉に到着するのが遅くなってしまう為、昼食は高速のSAで取る事とした。
しかし、せっかく小岩井農場に来たのだから、”ソフトクリーム”を食べようと、皆で食べ、疲れを癒やした。
13:00過ぎに、3回目の”押し掛け”をして小岩井農場を後にし、平泉・中尊寺に向け出発。
ここで、松本夫妻は盛岡駅に向かい新幹線で帰る為、別れる。
15:00過ぎ、中尊寺に到着するが、やはり混んでいて駐車場に入るのに20分程掛かる。
途中、杉浦さんのセブンが高回転が吹けないとの事で、チェックをしていた様だが症状は変わらないとの事で、
このまま向かうと連絡が入る。先発隊より20分程、遅れた程度で到着する。
時間が押し迫っている為、「金色堂」だけ見学し、世界遺産に感動する。
16:00過ぎ、中尊寺を後にし鳴子温泉・亀屋に向かう。私のクルマは4回めの”押しがけ”である。
心が痛くなってきた。「感謝・感激」である。
途中、平泉郊外で、鈴木(地元)さんと別れる。とても楽しいツーリングであったと思う。
途中、真っ暗の中、ワインディングを前のクルマのテールライトを頼りに走り、17:30頃鳴子温泉に到着する。
駐車場を案内されるが、ビックリである。亀屋(ホテル)の前にある「鳴子警察署」に駐車して下さいとの指示である。
何か落ち着かない気分であるが、ある意味「とても安心」である。イタズラされる心配が無い。
こんな経験は2度とないかもしれない。良い記念である。
19:00 夕食を取るが、今夜もきのこ尽くしのコース料理である。
アランが作成してくれた宝台樹のビデオを皆で鑑賞しながら、セブン談義をして盛り上がりました。
20:30過ぎに松江さんの部屋に集まり2次会を行う。
ここでは、本日のツーリングの「反省会」(私だけ)で盛り上がり、又、松江さんの話題豊富な話に皆、お腹を抱えて笑い転げていました。
23:00過ぎに2次会をお開きにして、皆それぞれ部屋に戻り就寝する。



10/9(月)、楽しいツーリングも最終日となりいよいよ家に帰らなくては!?
6:00過ぎに、染谷さんと駐車場(鳴子警察署)へ行くと、昨晩雨が降ったようでボディカバーが濡れている。
カバーを空け、昨日の汚れを取るため、洗車ををしていると、皆それぞれ自分のクルマを洗車している。
警察官が出てきて、それぞれのセブンを良く見ていて、1台だけスクリーンが違うのがあるんですね、
(レーシングスクリーン)と質問を受け、「そうですね~」と曖昧な返答をした。
鳴子警察署の前でセブンを並べ、記念撮影をする。しかも警察官に撮って頂く。
8:30 今回のツーリングで5回目となる”押しがけ”を鳴子警察署内で行った。警察官も不思議な顔をしていた。
警察官が見送りをして頂く中、鳴子温泉を後にする。



古川ICに入る前にGSで満タンにする。GSスタンドが小さく、全員入れるには時間が掛かる為、先のGSを探す。
私はGSで給油時も”エンジンは切らず”、満タンにする。
安積PAにて待ち合わをする事にして、それぞれのペースせ行くこととする。
鈴木孝さんはGSを給油せず、先に帰るとの事でここで別れる。
今日も晴天であり、気温が上がる予報で暑くなりそうである。
11:30 安積PAに全員集まり、ここで昼食を取る。その前にGSで”満タン”にする。



12:30 6回目の押しがけをして(今回が最後?)、次の休憩場所である佐野SAに向かう。
途中矢板ICにて鈴木昌平夫妻と分かれる。
14:00 佐野SAに到着する。この先、館林~羽生の間で事故渋滞発生との情報がある。
先に到着していた染谷さんはGSで給油して、そのまま帰る事になる。
松江さんは佐野SAを通過して直接帰る事になった。
渡邉・アラン・小松原・新井は「アイスクリーム」を食べ、小休止をして帰る事とする。
杉浦さんも休憩して帰る事になり、ここで流れ解散となった。
14:30頃、私も佐野SAを出発、佐野ICを過ぎたところで「事故渋滞」が始まる。
15:10頃 漸く館林ICを降りる事が出来た。ここで小松原さんより電話が入り、館林ICで降りるから待っていて!
との事で館林ICより一緒に帰る事になる。
館林の郊外でR122に入るが、ここでも渋滞が激しい。途中、裏道を使い帰ることになる。
16:00 行田市郊外のコンビニにて休憩を取る。気温も26℃位あり暑い中飲んだ、アイスカフェラテの何と美味しいことか?
17:00過ぎ 漸くダートフォード(大宮)に到着する。
”やっとエンジンが切れる”との安心感により、是迄の疲れが一挙に出た。

今回東北1,500KMツーリングは長かった様でも、クラブ員の温かい心使いに感謝する充実したツーリングとなった。
改めて、私が帰って来れたのは、今回一緒にツーリングに行かれたクラブ員のお陰であり、心より御礼申し上げます。

 

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 



コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 2018 JCCA Cla... 2017 東北1,50... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。