蕎麦屋帳

蕎麦屋帳更新記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

唐沢そば集落

2013-06-08 03:44:59 | 蕎麦ノート

全国のそば通の間で知られる松本平の山形村の「唐沢そば集落」

そのなりたちなどを「山形村役場オフィシャルサイト」の”唐沢そば集落”からみてみます。

信州・山形村。そば屋が立ち並ぶ、ここは「唐沢そば集落」。
 その歴史は江戸時代にまでさかのぼります。当時ここは2~3戸の家をひとつ屋根にした「水車屋」が数軒ありました。集落を流れる唐沢川の水を利用して水車を回し、精米・精穀や製粉を営んでいたのです。
 そしてその頃、この集落には「鳥焼き」という、収穫祭のような行事がありました。
これは、秋から冬にかけて行われました。人々は、そば粉を挽いて自家製のそばを打ち、山で捕った小鳥を焼いてふるまっていたのです。ちょうど、この11月なかばから冬にかけての季節が、新そばの時期にあたります。
 唐沢でとれた挽きたてのそば粉で打ったそばは「格別にうまい」と評判が立つようになり、明治23年(1890年)に最初のそば店が誕生してからは、次々と「手打ちそば屋」として営業を始める家が出てきました。
 こうして誕生した唐沢のそば。現在は、それぞれのそば屋が、地元産の材料にこだわり、お客様に喜んでいただけるよう、工夫を重ね合ってそばづくりに励んでいます。
 昔も今も変わらず、冷たくおいしい唐沢川の水。清流に育まれた唐沢そばをぜひご賞味ください。

とあります。

この集落をふくめ山形村の蕎麦屋さんは

*からさわ亭 長野県東筑摩郡山形村7218-3
*からさわ屋 長野県東筑摩郡山形村唐沢上7251
 美佐和    長野県東筑摩郡山形村下竹田7254
 そば幸    長野県東筑摩郡山形村下竹田7259
*根橋屋   長野県東筑摩郡山形村下竹田唐沢7259
*山法師   長野県東筑摩郡山形村7550-97
*水舎     長野県東筑摩郡山形村下竹田7466-10
 弁天荘    長野県東筑摩郡山形村7466-10

 唐松      長野県東筑摩郡山形村小坂2926
*きさく     長野県東筑摩郡山形村3886-17
 かみじょう  長野県東筑摩郡山形村3908-1
*川上屋   長野県東筑摩郡山形村上竹田5035

*は、がいどのとら 信州そば H24/4掲載店

そのうちの一軒「山法師」さんのサイトに地理的な要素なども記載されています

唐沢蕎麦集落は上高地、乗鞍及び、安房トンネルを経て飛騨方面への玄関口゛ 波田町 ゛の隣村山形村の一角に位置し、蕎麦屋さんが11軒も集合した蕎麦集落です。歴史的にも古く、江戸時代から水車小屋を生計の糧としていたことから、集落内で産出した良質な蕎麦を水車で製粉し、良質な沢川 ゛ 唐沢川 ゛の水で打ち上げた手打ち蕎麦を、親戚知人に座敷で供して、何時しか松本平では有名になり、唐沢蕎麦として名をはせ、今日に至っております。蕎麦屋さんの形態は昔からの゛ お座敷 ゛スタイルのお店が多く ゛親戚の家に来た見たい!゛ ゛おばあちゃんの家に来た見たい!゛と言われることも多いそんな蕎麦集落です。蕎麦打ちも各々の蕎麦屋さんの特徴のある蕎麦打ちで、統一したものは無いことから、お店による味の違いを楽しむことが出来、蕎麦食い行脚するお客様も見られます。また在所が松本を経過しない塩尻・上高地の近道にある事から観光客の皆さん、安曇野へのお客様が立ち寄われます。
山 法 師サイト
http://www.geocities.jp/yamaboushisoba/#2 唐沢蕎麦集落より

+++「信州のそばには色んな顔がある。」+++
南北に長い信州では、そばの文化ひとつをみても、
地域によって製法も食べ方も様々である。
・・・がいどのとら 信州そば H24/4より・・・

この記事についてブログを書く
« 新行そば | トップ | 信州 蕎麦屋帳追加 »
最近の画像もっと見る

蕎麦ノート」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事