行雲流水的蕎麦人生と…

高松の手打ち蕎麦「お乃」の店主が日々感じたことや蕎麦以外の趣味、他愛もない事等々を書き綴ります。

農家の蕎麦屋さん!

2010年12月15日 | Weblog

急に寒くなってきました。讃岐山脈の方にはにわかに時雨雲…山間部はもしかしたらになりそう~

先日「毎日が土曜日」のdelmoさんよりお聞きしていた三豊市財田町の「農家のそば屋 財匠(ざいしょう)」営業日は木・金・土と3日間だし、この日はうちも営業してるから食べには行けないな~

でも香川では珍しく玄蕎麦からの自家製粉、おまけに農家だから蕎麦も自家栽培 これぞ自己完結の蕎麦?

食べれないのは承知で遊びに行こう~(知らない人なのに…)な感じで行ってきました。

道の駅たからだの里の産直でちょいと買物をしてそこから西へ!旧財田町役場を過ぎてすぐ左折すると

  

前方に黄色い看板?を右折、また行くと今度は左折!で

農家の敷地にの看板!

  

自宅横に納屋風の建物、中を覗くとご主人が明日からの蕎麦粉の製粉中~

名刺を渡し、店内で始まったのは蕎麦談義 店主も感じのいい方で楽しいひと時でした。店内では写真はちょっと撮り忘れましたが


自家栽培の貴重な「祖谷在来種」を見せて頂き (ちっちゃいな~)

昨今、品種改良された「常陸秋そば」や「キタワセソバ」が主流になってます。もちろんうちもよく使ってます。品種改良されただけあって大粒で収穫量も多く、粘りもあって打ちやすい そのせいで色んな所でこの品種を植えてるから古くから地方にある純粋な在来種は無くなりつつあります。(蕎麦は自花受粉でなく他花受粉の為)

試しにちょっと使ってみる?と挽きたての蕎麦を分けて頂きました これがすごく香りが良い

これは刈り取り用のビーンハーベスターです。

この後畑で作っている大根や蕪なんかも頂きほんと初対面なのに色々ありがとうございました。

今度は食べれる日に行きたいと思います。 高松近辺の蕎麦好きの方、ちょっと財田で蕎麦を食べて温泉に入ってなんてドライブもいいと思いますよ~

ちなみに明日はこの祖谷在来、量的にブレンドになりますがうちでも食べれます 打つのもちょっと楽しみです

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 一石二鳥…! | トップ | 「祖谷在来種」ブレンド…! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事