大変恐縮です、2014年4月1日より長期休業中とさせて頂いております。

再開の折はHPでご案内させていただきます。

ダイニングチェアー リ・メイク (Ⅲ)

2017年08月29日 | Weblog
秋頃の仕上げ予定としていたが、十分な余暇時間であり、やる気持ちも持続しているのでこの二日で三脚まで完成した。
マルニ木工で30年以上も定番販売されているシリーズなので、品格を感じる秀逸デザイン&機能か!
ただ現行品には「ボタン」が無い、省力化?なのだろうか、、、、

現行:地中海 シリーズ レティーロ チェア(肘付き) No.2196-11-4651
        
        ¥70,000 (税抜価格)/一脚
寸  法: W580×D590×H890×SH440mm  肘高前574・肘高後590mm
主  材: ビーチ・籐
塗  色: OF-1A エレガントオーク アンティック仕上
塗  装: ウレタン樹脂塗装
張地素材: #4651 MB ドミテックス(合成皮革)ダークグリーン光触媒機能付
重  量: 8.0 kg 耐 荷 重:
機  能: セットウェーブスプリングウエーブスプリング(S字型スプリング)を
        一枚のシート状に組み合わせたものです。
商品説明: ●背前:細四っ目編み籐張り
        ●座:ボタン無し仕様

コメント

リ・メイク 30年ほど使用マルニ・ダイニングチェアー地中海シリーズ(Ⅱ)

2017年08月27日 | Weblog
マルニ・ダイニングチェアー地中海シリーズ

リ・フォーム続き
座面に「包みボタン」を取付ける方法を考案、60mmウレタンを貫通させる方法。
太めの竹串にドリルで穴開けし、糸の太さ分の竹串を削いでの道具とした。
コメント

リ・メイク 30年ほど使用マルニ・ダイニングチェアー地中海シリーズ(Ⅰ)

2017年08月27日 | Weblog
マルニ・ダイニングチェアー地中海シリーズ
リ・フォームにチャレンジ、以前5-6年前に背もたれの籐部分を張り替えたのだが、いよいよ座面のクッション性の抜けなどからリ・メイクを計画
ウレタンの弾力性や入手、椅子生地の選択購入、包みボタンの製造など各プロセスを進めてきたが、いよいよ座面縫製に取り掛かる。

朝食後、一脚分のトライアル・ソーイング
座面周囲にパイプングがあるので、どう攻めるかがポイント
縫いは一回で済ませるべく、設計構想を決めた上でイメージした状態に出来上がった!(ウヒョ~) 為せば成るのじゃ!
細部の修正を施した後に、包みボタンをセットして座面を脚に固定して完成させる。全部で5脚=今秋には終わらせたい。Before After
コメント

女将=家内の誕生日

2017年08月25日 | Weblog
久々の平日鎌倉を企画し「ARASHIDA」スペイン料理なるランチへ出掛ける、小一時間の距離。
コメント

国は違っていても

2017年08月04日 | Weblog
イタリアンに有った、蕎麦粉のパスタ
イタリアのロンバルディア州、ヴァルテッリーナ地方という場所にはその蕎麦粉を使ったパスタがあるそうです。
一見、きしめん的太さのパスタ。pizzoccheri ピッツォッケリ

"ピッツォッケリは、日本の二八蕎麦と同様の蕎麦粉8:小麦粉2から、蕎麦粉2:小麦粉1ぐらいで任意の比率の混合蕎麦粉をこね、のし棒などで伸ばして成形することで作られる。幅10ミリメートル、厚さ1.5ミリメートル、長さ70ミリメートルという短冊状をしているショートパスタと呼ぶには長く、ロングパスタにしては短いサイズが特徴。これは、材料に蕎麦粉を用いているため、長く伸ばせないことに由来する。
世界は楽しい。
コメント