大変恐縮です、2014年4月1日より長期休業中とさせて頂いております。

再開の折はHPでご案内させていただきます。

7月30日(月)営業でとてもとても懐かしいS800が

2012年07月30日 | Weblog
今から41年も前に乗っていたホンダS800Mタイプと類似のオープン・スポーツ車でご来店、思わず懐かしくてお客様に声を掛けてしまった。 当時昭和43年の4年落ち位のS8をカーグラフィックの中古車売買コーナーで見つけて、東京から大阪まで買いに行った、法華クラブのどこかのホテルに宿泊して翌日に求め、名神道路を走り、東名高速に乗って関ヶ原SAまでで運転感覚のシャープさも有ってスッカリ疲れてしまいSAで休憩していたキャリアカーのドライバーに声を掛けて御殿場まで車ごと載せていただいた、その後無事に東京へ戻った次第。求めた車は濃いグリーンに白いストライプが入っていたが、和光の本田本社で元色の黄色に全塗装して貰ったほど当時は惚れ込んでいた。 高校生時代にフェアレディ1500やホンダS500などモータリゼーションの台頭とともに魅力的な車が産声を上げ、青春に成らんとする気持ちを揺さぶったのである。
コメント

テーブル化 夏季繁忙期前に

2012年07月28日 | Weblog
12帖の山桜フローリングを座卓タイプからテーブルタイプへ変更、6人用のテーブルは栃材の脚を楔で止めるタイプで仕上げ、お二人用は3×3の安価なSPF材で作っている。フロアーメンバーも座卓でのお食事提供は上下動が毎回なのできついらしい、テーブルであれば水平方向の動きで軽減されるとの希望。
コメント

駒止湿原にて[金光花(キンコウカ)」を

2012年07月24日 | Weblog
初めて金光花を見る、7月24日に会津の「駒止湿原」へウオーキングを兼ねて出掛けた、薄曇りで気温23-24℃ 爽やかな高原の中での木道散策 ワタスゲや日光キスゲもそろそろ終盤の時期、初めて見た「キンコウカ」の大群落で素晴らしい!!小粒ながらもよく見ると神々しい感じの花だった。映像にはワタスゲも散在している。

以下、ネットからの引用

本州近畿東北部以北・北海道の山地で湿気の多い草原に生える。
根茎は細かく横にはう。葉は2列に根生、長さ10~20cm。
花は葉の集まりに並ぶ。高さ20~35cmの花茎を1本立て、鮮黄色の花を多数つける。
花柄と同長の包葉があり花被片は平開し、星形、長さ3mm位。
コメント

「花ズッキーニ」の天麩羅 美味い!!

2012年07月22日 | Weblog
今日、今年初めての「花ズッキーニ」を産直で見つけた、早速買い求める。

花ズッキーニの載った「ピッツア」は好きな料理であるが、イタリアンやフレンチの世界では普通であっても、日本食の天麩羅に使う料理人は少ないはず、とても見栄えがするしロマンチックなイメージも兼ね備えて美味いものである。
使用している天ぷら油は綿実と竹本油脂の一番搾りの胡麻油の効果もあって、とてもカラット揚がり諄さを感じさせない良質のものである、当地では綿実すら問屋から購入している店が当方だけというレベルであり、いかに味が食材に影響を受けるかは歴然、しかし都心の高級料亭などの営業ベースでないと使いこなせない価格であることも事実である。

花がすぐに身から外れるし、収穫から時間勝負の面もあり、慎重な取り扱いが必要である。
その様な訳で出回る時期もホンの一瞬、花だけに儚い寿命。

以下、ネットからの抜粋
「花ズッキーニ」は花芯を取ったものを食用とする。雄花の方が味が優れるとして、イタリア料理では雄花のみを用いるが、雄花・雌花の区別をしない地域もある。花は生でも食べられるが、通常は花の中に具材を詰め揚げるか炒めて調理される。

通常のズッキーニよりさらに未熟で花のついた状態で収穫し、花をつけたまま販売されるズッキーニも「花ズッキーニ」と呼ばれている。
コメント