そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

新そば案内

2019-11-14 | 雑感

何時も注文している(製粉所)からやっと案内が来ました。
むろん新そばの案内です。

「たいへんお待たせしました。
ここで、信州産の全銘柄が新そば粉100%でお出しできるようになりました。

今秋の信州ソバの種まきは、7月の長雨の影響で遅れに遅れ、7月の
下旬から8月になってしまいました。日照時間が短くなっていきますので、
生育が心配されましたが、8~9月の好天で遅れを取り戻し、思いのほか
順調に生育しました。

ここ数年不作続きでしたが、ようやく平年並みの収量を確保できそうで、
品質も良好となっています。

信州産玄ソバは全国市場には出回らない幻のソバだそうです。」(11月7日配信)

日本は広いもので新そばという点では9月の初旬から、ますは北海道産のそば粉が新そばとして出回ります。
播種の時期は、初霜に会うとそばが涸れてしまうことから、そのエリアの初霜から80日ほどさかのぼっての時期となります。
本州内では、大体8~9月に播種しますので、その頃から75日前後に新そばとして収穫してその1~2週間後から出回り始めるのが、一つのパターンです。

今年はご存知のように台風が襲ってきましたので、お蕎麦の生産者さんはエリアによっては、今年も大変な年でありました。

これから新そばを楽しみたいと思います。

 

この記事の最後に下記のコーナーがあります。
応援を宜しくお願いします。

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

 

  • 人気ブログランキング

 

コメント

カラオケサークル例会

2019-11-13 | 陶芸
何時もの集合場所は栄地下のクリスタル広場は、リニューアルしていました。
   
新曲にチャレンジ、毎回前向きで挑んでいます。



いつもユニークなジャンルを探して来て披露してくれます。今回は高齢者むけで「私百まで恋をする」や「百歳音頭」がメインテーマです。今日も新しい譜面が8曲ほど用意してありました。




レパートリーは一番豊かでしょうか、ともかく努力のあとがいつも見えます。

ヤマハがやっている青春ポップスのレッスンの成果が発揮されています。

東京から駆けつけてくれました。えーちゃんがお得意ですが、いろんなレパートリーがあります。


病院から直行です。


吉 幾三はお任せください。
















コメント

四十会

2019-11-12 | 教室・会合
元の勤務先の同期会があり、場所が行ったとこがない大阪の四天王寺ということや、また同期が四天王寺の第112世管長ということもあり、大阪の蕎麦屋訪問も兼ねて参加しました。
会場へ着いた時にはもう皆さん集まっていて遅刻してしまいました。
まず第112世管長さんから、聖徳太子建立の四天王寺の由緒、歴史、和宗のいわれ、憲法第十七條などについてかいつまんで判り易く、講話いただきました。
 
 
 
 
 
   
 
 
 
講話が終わってから、四天王寺内の施設や特別遺跡などを案内していただきました。
 
    
 
   
 
 
この後は、近くの料亭で懇親会を約2時間ほどやって各自の近況報告をして散会しました。    
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

ハイキングサークル 関ヶ原古戦場

2019-11-11 | 教室・会合

今回のOb会のハイキングサークルは、関ヶ原古戦場巡りです。
関ヶ原は福井へ行くときによく通りはするので、所謂古戦場等はわかって身近に感じていることはあるのですが、いままで訪問したことはなく、今回の提案メニューがあったときは、すぐに申し込みました。
名古屋駅桜通口9時集合で関ヶ原へ向かいます。
今日は晴天に恵まれ、15人の参加です。


 事前にどこを廻るかは案内が有りましたが、現地についてまずはパンフレットでのガイダンスから始まりました。
さて今日の訪問先を紹介します。
まずは本多忠勝陣跡でいささか地味で、次いで徳川家康最初の陣地でさすが小高い所です。

東首塚から歴史民俗資料館を見学しました。


最後は石田三成陣跡と決戦地です。
小高い丘で全体が見渡せ、石田三成の戦略の一端なのでしょうか。
    

これより帰路になりました。
晴天に恵まれ心地よい汗をかきましたが、徒歩距離14㎞・2万歩でいささか疲れました。




コメント

毎日書道展東海展、

2019-11-09 | 雑感
OB仲間の方が作品展に出品されており、愛知県美術館ギャラリーへ見学に行きました。


今回はob仲間がお二人出品されていますが、この作品は知り合いの先生の作品です。

書道には何の教養、知識を持ち合わせておらず、正直ちんぷんかんぷんですが、書き上げるまでの気概位しかわかりませんが、筆跡の力強さやこれまでの努力位は想像出来ました。

吉川桃花さんの作品です。


荒木桃花さんの作品です。
威風堂々と読むようですけど、やはり師匠の作品と似ています。


共に普段の人となりからは想像出来ませんでした。すごいものです。



コメント

囲碁講習会

2019-11-08 | 教室・会合
毎月第二金曜日は定例の囲碁講習会です。今日も午後のひとときを楽しみます。
    
講座が始まる前に、黒先白死の詰碁のトレーニングです。
今日は級クラスの方が対象の内容です。
   

3面指導碁が始まりました。
 

左側の方は3子置かれていたが、なかなかの豪腕な面があって参考になる部分があったが、岡目八目というか肝心な部分で手抜かりの面があった。
時間切れだつたが先生の講評があればより良かったが残念です。





コメント

OB会幹事会

2019-11-07 | 教室・会合

 元勤務先のOB会の幹事会があり、行ってきました、
街灯には今月行われるG20外相会議の幟がはためいていました。

 

会場は元勤務先の会議室を借りて行い、来年度の総会日程の確認や今月行われる懇親旅行の内容確認、OB会20周年記念のイベントの検討、各サークルの今までの実績や今後の計画などを確認して完了しました。

 

 

この後は昼食をして完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

今週の陶芸

2019-11-06 | 陶芸

今週は絵付けの終日ですけど、チコちゃんのいままでの笑顔とは違うパターンの怒り顔の絵皿です。

 


釉薬完了






これから焼成に回します。
土産が楽しみです。

コメント

簡易ソバがき

2019-11-06 | そばの食べ方
先般簡易ソバがきの作り方を知って以来、なんとか均一なものにしようと繰り返し作っています。
「50gのそば粉に対して水が125ccというベース」をもとに、本日のくずは105gでしたので、水を200cc追加して、600Wで4分ほどチンしてみました。
当初2.5分でやってみたのですが、表面がまだ柔らかい状態でしたので、1.5分追加してみました。


このソバがきは、もう一手間かけて、フライパンで軽く焼いてから、「返し」を表面に塗って味付けしてたべますが、家のなかではまずまず好評でした。


高山のお団子のようだとの評価で、もう少し固い方がベターとのことでした。
ソバがきとして食べればこの柔らかさでよいのでしょうが、お団子をイメージするともう少し固い方が良いのでしょう。

コメント

重要文化財見学

2019-11-03 | 陶芸
国の重要文化財に指定の県庁本庁舎と名古屋市役所本庁舎が特別公開されており、知事室や貴賓室を見学できます。
買い物ついでに来ていますが、家族連れでにぎわっていました。
   

県庁本庁舎  屋上から隣の市役所の時計台が見えます。
本庁舎内の正庁講堂、貴賓室、知事室なども見学できました。
展示内容は、かなりホットなジブリパークのことや来年のオリンピック聖火リレー、2026年度のアジア競技大会のことも触れていました。
      

県庁の講堂では金管ご重奏

 
 
愛知公文書館や戦争に関する資料館などあまり耳にしない建物や市内の城町トリップや三河地方や県北エリアの案内も充実していました。
これからは鳳来寺山のもみじまつりでしょうか




コメント

新そば会のリハーサル

2019-11-02 | うんちく
いよいよ今月18日に新そば会があり、その準備に入りとりあえず今までの様子が入ったdvdを見ていますが、よりレベルアップすべくメニューの検討に入っています。
とりあえず出し巻きから点検しています。今までは出汁巻きに2番だしを使っていたが、1番出汁と2番出汁の比較をしてみました。
まずは冷凍保存しておいた出汁を溶かし、卵を2分して各々を加えて作ってみました。
 

まず卵を溶き、網ざる籠を通してしっかりと混ぜた後、二つに分けて各々に1番出汁、2番だしを加えて出汁巻きを作ってみました。
当然かもしれませんが、一番出汁が入ったほうが味がはっきりしました。
 
 
   

次いで簡易あげソバがきを作り、単なる「揚げ蕎麦掻」ではなく、「湯葉巻きの
揚げぞばがき」にしてみましたが、ひと手間掛けた手間は味に反映していて、揚げ方はすこし焦げ目がついた方がベターで、まずまずのものでした。
 
   

少し手間がかかりますが、揚げ蕎麦掻は、湯葉巻きに決定。
写真が横向いていてすみません。
コメント