そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

いざ釣行

2018-05-31 | 雑感

4時起床して5時出港に備えます。懸念した雨は出航の事案には降っていませんでした。
高鷲へは何度か来ていますけど、初めて利用する港です。
  

いざ出発

 

入念に山立ちをとっていかりを投入し、仕掛けを投入しましたが、第一投入からブリが掛かり、やり取りに15分ほどかかりました。クーラーからはみ出してしまい、収納できません。
次にかかったのは、70cmクラスの大きい鯛でかなり引きが強く、取り込みには15分ほどかかりました。
今日は潮の効きが良かったのか、第2投、第3投も空振りすることなくかかってきましたが、こんなことは初めてです。
時折、継続的な雨と土砂降りもある中での釣行でしたが、これだけ仕掛けを投ずるたびに反応があると気にしません。

      

絶対的な数は別にして、みな大柄なものばかりですぐにクーラー満タンとなり、2時間ほど早上がりでとなりましたが、こんなことも初体験です。船宿もこんなにぶりが上がったのは初めてとのこと。

   

クーラーに入りきれずに、トロ箱を購入して入れました。

コメント (2)

釣りのため福井市へと移動

2018-05-30 | 雑感
年に2-3 回ですか福井へと釣りに出かけています。5月から解禁☝で当初の予定は第二週にいく予定にしていたが、予定していた船の都合が悪くなり、次善の策にて明日となり、これから移動して泊まって明日にそなえます。ただ生憎雨でどうなることかな?午後1時に出発します。   福井市高鷲沖での釣り方は完全ふかせ釣りという針と餌を錘代りにして潮の流れに乗せて🐟を釣る釣り方で、それまでは天秤仕掛けでやってきましたので、この釣り方にやっとなれてきましたところです。。福井市につきました。夕焼け少し前ですが。さて明日の天気はいかがでしょうか? 
コメント

そば粉のひとりごと

2018-05-29 |  出前サロン

今日の出前サロン会場は初めての会場で、最近はリピーターが大部分ですので、初心にかえって基本に立ち返って蕎麦打ちをやらせていただくいいチヤンスです。

館内には事前にポスターが貼ってあり、事前PRは万全です。

 

何せ初めての会場ですので、自己紹介から始めて2-8そばの意味を皆さんに伺いますとすぐに正解の返事があり、大変やりやすくなりました。
そば打ちの経験は皆さん無いようでしたので、加水によるそば粉の変化を皆さんにじっくりと見ていただき、そば打ちの難しさの表現ということで、「切り3日、延し3月、鉢3年」のことをご紹介して鉢の作業を皆さんに判っていただくように進めました。

     

 そば打ち進行の傍ら、国内の郷土蕎麦や外国のお蕎麦のメニューが書いてあるポスターに従って説明させていただきましたが、海外のそばメニューは珍しかったようです。

     

今日のそば打ちも順調に各作業ごとに推移して、最終の本延しでは予定通りの厚さになると拍手をいただきました。

     

今日の切りの体験では、最初こそ皆さん躊躇しておられましたが、スタッフの方の好リードもあり、11人の方の参加があり、最後は会長さんなどの参加も見て大変盛り上がり、喜んでいただきました。多分にそば打ちや切り体験の楽しさも判っていただけたのではと思っています。
最終、辞するときには、皆さんから笑顔をいただき、大変充実した蕎麦打ち出前サロンとなりました。

 

コメント

第一回カラオケサークル

2018-05-28 | 教室・会合

今日は第一回目のカラオケサークルで栄に10時45分に集合、参加者は11名で、近くのジャンカラへと向かいます。忘れずに無事に全員集まるかな?

栄のジャンカラの大きな部屋へ全員が入って、まずは基本要素の発声練習からスタートしました。
キーボードで伴奏しながら発声のドリルや、おなかを使う歌など譜面を見ながらの発声練習そのものが初めてですので、大変フレッシュさを感じましたし、鼻腔や口腔、胸腔共鳴など発声しながらそれらの部位の使い方、個々の音域を知ること、マイクの持ち方など即実践的に役立つことを教えてもらいました。

    

レッスンが終わってからはいよいよオンステージです。カラオケというとひとしきり飲んでから、2次会ということでしか歌ったことのない庵主としては、どんな展開になるか興味津々でしたが、それらはすべて杞憂におわり、皆さんな慣れたもので、各人4~5曲手慣れて歌っていました。

   

終わってからは近くの喫茶室で反省会と次回の内容の希望を話してもらって終わりとしました。

コメント

山崎川かいわい

2018-05-27 | 雑感

瑞穂地区の消防団による水防訓練が陸上競技場で行われていました。
水防面での災害に備えての訓練のようですが、消防団といってもプロ、アマ混合のチームのようでした。
災害は何時、どんな形で来るかも知れず、備えあれば憂いなしといったところで、その節は宜しくお願いします。
      

山崎川の桜を伐採する作業が行われると、近隣住民に作業予告がされていました。
勝手にやっているのではないと言う、なかなかきめ細かい気配り作業が行われていました。  
政治の世界の動向を見ますと、最初に高慢による小さな嘘からスタートして、今は収拾がつかずに右往左往しているのを見ますと、このようにごく普通のことが当たり前にされているとほっとします。

 

 

コメント

散歩にて

2018-05-26 | 雑感

散歩の途中、パロマスタジアムから歓声がありました。
早速覗いてみますと、グランド全面で陸上競技が行われていました。市内の中学校の競技会のようで、学校の仲間への応援の声でした。

  

何度も歩いていましたけど、気が付かなかったのですが、歩いていたエリアというか場所は都市景観賞を受賞していました。 

山崎川の親水広場もありました。

 

コメント

第一回ウオーキングサークル

2018-05-25 | 教室・会合

今日のウオーキングサークルは長久手市の愛地球博記念公園の散策で、終わってからは近くのレストランでフランス料理を楽しみます。幹事さんから皆の年齢を考えての会場と距離設定です。22 名が参加しました。

   

みどりというと最近見たのは山崎川の桜並木くらいですが、久し振りに木漏れ日のみどりを楽しみました。

        

今日のお昼は古戦場跡の家庭料理の店トマシユで、庵主は4度目の訪問です。

 

春菊のスープ,中華料理 ご飯とお味噌汁が後から出てきました。

    

おなかいっぱいです。最後のコーヒータイムは2 時で、ゆっくりとデザートが出てきました。

あとは、アナログの音楽談義や健康談義で盛り上がりました。

 

コメント

今週の陶芸

2018-05-24 |  陶芸

昨日はバウンドテニスの例会に参加させていただいて一汗[?] かきました。
今日は昨日のピンチヒッターの陶芸に来ています。
たたらの小皿の素焼きが沢山たまったので絵付けの終日です。
絵を描くことは小さい時から好きな方で、こんなときに役立つとは思いもよりません。

まずは土筆から始め 次は鳥獣戯画です。

 

次はあやめと朝顔のつもりです。

  

最後は🍆です。

 

外縁は釉薬を塗って縁取りをして、今日は5個の小皿を作って焼成に回しました。さて出来上がりは?

コメント

バウンドテニス例会

2018-05-23 | 教室・会合

先月初めてのバウンドテニスをやって2回目の参加で、昭和スポーツセンターに来ています。
前回はボールを打つことやどの程度動くことができるかでしたが、やはりバタバタでした。さて今日はどんなに動くことが出来るかどうかです。

   

準備体操を入念にやってから、まずは基本動作をして実践です。
いろいろ教えていただき、分かったつもりですが、体が分かっていなくて言うことを聞いてくれません。
   

本日のコーチは7 7 歳  ボレーの指導もいただきました。
     

今日は6人の参加で、ご指導いただく場面がすぐに回ってきてばたばたでした。
大変熱心にご指導いただき、有難いのですが、打ち返すボールの行方は片道切符でとんでもない方向へ飛んで行ってしまいました。

 

コメント

そば粉のひとりごと

2018-05-22 |  出前サロン

今日の会場は、年に3~4回お伺いしている会場です。
スタートの頃は入浴時で皆さんが揃うのは30分ほどかかります。
そんななか今日は蕎麦打ちがあるということで、入浴はお昼が終わってからお風呂にしようという方もあり、そんな方を中心に、蕎麦打ちをスタートしました。

  

会場のお一人から水のことについて質問が出てからは新城市の山まで汲みに行っているとの水のこだわりについて説明を進行して、こちらのペースで話を盛り上げ 国内のそばどころの説明をさせていただきました。
岩手県のわんこそばのお話をしますと、やはりお一人わんこそばの経験者があり、150杯食べたとのことです。
今日の切りの体験は5人の方に参加していただいて盛り上がりました。
調理の方のご協力もあり、大変スムーズにかけそばをご提供できました。
ほぼ皆さん完食でした。感謝です。

 


 

コメント

PC サークル会合

2018-05-21 | 教室・会合

OB 会のパソコンサークルに来ています。昨年度は折角の案内も既に予定が入っていてなかなか参加できなかったので、イロイロ教えて貰おうと思っています。
11 時30 分久屋大通で落ち合って昼食をとってから講習会です。
参加は12 名。会場は栄のYWCA です。

 

まずはパソコンの環境設定がどうなつているかについての参加者の意識確認から始まり、osのバージョンの確認、os の自動更新、無線LANとWIFI との差異、等についてご教示いただきました。
講師さんは元会社の仲間で個人で勉強されたとのことで敬服しました。
終わってから喫茶室で携帯用のメールについて細かくご指導いただきました。
元同僚ということで、気さくに細かいことも聞くことができ、また教えて貰いました。
次回のサークル開催が待たれます。

コメント

そば粉のひとりごと

2018-05-20 |  出前サロン

今日の出前サロンの会場は、3から4カ月に1回のペースでお伺いしている会場です。
お伺いしててみますと、既に机、椅子が並んでいて、利用者さんが着席していて蕎麦打ちを今や遅しと待って頂いています。
今日が初めての方はおられませんでしたので、ご挨拶もそこそこにすぐにお蕎麦を打ち始めました。
今日はスタッフのかたにカメラをお願いして進行しましたので、久し振りに作業ごとに写していただきました。

作業動作ごとにどんな点を注意しているかを、出来るだけわかりやすくを基本に、纏めてからは、ゲージを使ってその厚さと比較しながら打ち進めました。

昨日と同様加水量は44%を切って用意しました。
いささかきびしい加水でしたがなんとかしのいで捏ねから丸出し~角だしへと移行しました。

なんとか今日のテーマであった両方の端の延しや直線化も、昨日に続いてうまく出来ました。
こんなことは久しぶりといった感じで、ついつい嬉しくもなり、少しですが、自信もつきました。

今日の切りの体験は始めこそ遠慮がちでしたが、12 人の方に参加していただいて盛り上がりました。

湯掻くときにはっきりと判るように、切ったそばに付箋をつけて管理します。
今日は湯掻く作業に専念できて、洗いの作業もスタッフの方がしっかりやってもらって、自身でいうのは何ですが、皆さん完食していただき、まずまずのお蕎麦を提供することができたかと思います。

 

コメント

蕎麦打ち初心者に役立つこと⑨?

2018-05-19 | そばの打ち方・保管・湯掻き方

今日は自宅で自宅用のそば打ちです。
最近のそば打ちでの意識ポイントは、本延しの最終段階で、両上端での延しの均一化と端部分を直線にする点です。
今日のそば打ちでは、写真のように何とかほぼ直線近くに延すことができました。
いつもこの両端部分に凸凹ができてしまします。
その要因は最終の端の部分の延しの作業に加力のムラができて、その結果凸凹を生じていました。
今日は巻き棒に巻いた麺体の中心部からの延しの作業から、加力に注意して少なめにして延しの薄さを追求しました。

結果的には、両角部分は直角とは言えませんでしたが、何とかバランスをとって最終的には直角まで延すことができました。
また、ほぼ直線近くに延すことができましたので、写真に撮ってみました。 
毎回この状態ができるように目標とします。

    

今日のポイントは、加力のバランスが良かったことが主ですが、その前の水回しの作業において4回に分けて加水して水回ししましたが、その時のそば粉の変化の様子が、加水毎にバランスよく攪拌する作業が良かったかと思います。つまり、そば粉一粒一粒が全体に順序良く大きくなっていったことが良かったように思います。表現的には、そば粉→米粒→小豆→大豆→小梅と表現していますが、その大きさがそば粉全体を均一に大きくしていくようにすることが大切と感じています。
つまり例えば小豆くらいの大きさが部分的にできるのではなく、全体が小豆粒の大きさに水回ししておくことが大切かと思います。

本延しの作業をしているときに、水回しの作業をきめ細かくしたことから、延しの作業がいつになく大変スムーズに延したことに気が付きました。つまり水回しから捏ね、丸出し、延しの作業は関連付けられながら、継続しているのです。

 

 

 

 

コメント

そば粉の独り言

2018-05-18 |  出前サロン

今日の会場は、毎月、曜日を変えてお伺いしている会場です。
利用者さんとは大部分顔見知り状態で、「待ってました」とか、「おいしいそばが待ち遠しかった」とか冗句が活発に出ます。
最初こそ多くの方に耳を傾けていただいていましたが、最近はしゃべる内容が同じということと、そば打ちと同じ時間帯には入浴時間や器具体操の時間帯とぶつかってそちらのほうに皆さん参加しておられることもあり、聞いていただく方も少なく、当方もおしゃべりそのものが少なくなって、静かにそば打ちをやっていると「お通夜みたい」と意見が出ました。
そこで昨日行ってきた平谷スキー場の別荘のお話をして「新そば会」で今まで使っていた山梨の別荘などのことも説明しながらそば打ちを進めました。
利用者さんから山梨の上九一色村エリアの別荘のことなどが話題で出てきました。
今日のそば切り体験では、3人の方が参加されましたが、皆さんは最初のころと比べると大変うまく切れるようになり、細さも均一になってきました。
今日のお蕎麦はかけそばで、具には山菜とおネギが用意されていました。
今日の汁については一部の方から、「お蕎麦はおいしいのだが、いつもよりおいしくなかった」と厳しいご意見が出ました。
ほんの少し薄めで用意したことが、ご指摘された要因かと思います

ここらの塩梅は大変むつかしいです。

 

 

コメント

会場下見です

2018-05-17 | 雑感

今まで、富士山麓の友の別荘でやっていた新そば会場を今年から少し近場に変更しようということで、会場の下見に来ています。
今回の会場は、平谷高原コテージにある貸別荘のようで、庵主は無論初めての会場です。
今までは個人の別荘でしたので、忘れ物があっても、そこの別荘にある家事道具を拝借すればなんとか凌げましたが、今回は貸別荘ですので、使える道具の有無を確認する必要があります。
今日は友に一緒に同行してもらいました。ついでに先日案内がきたお酒も購入予定です。
お昼は囲炉裏焼の名店で五平餅と山女魚の焼き立てと唐揚げの大柳定食を戴きました。

   

五平もちのタレは、えごま、さんしょ、くるみの三種類です。本命の山女魚の登場です。
やはりと言ったら怒られるかもしれませんが、「五平餅のごはん」からとか「〆たての山女魚」はやはり大変おいしいです。
五平餅には少し変化してくると、好きなたれを塗って再度火に載せます。香ばしい香りが上ります。
むろん山女魚は頭まで食べました。五平餅にしろ山女魚にしろ焼き方が丁寧に書かれており、所々で指導が入りました。
本当に五平餅と山女魚にお店の方の愛情を感じます。

      

お腹を満腹にした後、今日の本命の新そば会会場の下見です、平谷高原スキー場にあります。

   

部屋の全景とコンロ、チンク、食卓、食器、鍋など

     

 

        

各材料というか器具は6人前あります。2部屋借りますので何とかめどが立ちました。
ともかく充実な終日を過ごしました。
新そば会の準備はOKです。  

 

コメント