そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

みらいかい

2018-03-31 | 教室・会合

今日は小中学校の同級生との食事会です。
みらい会は愛知県エリアの同級生が集まって食事会をということで、3 ~4ヵ月に1回会場を紹介しあって開催しています。
今日の会場は、ホテルオークラレストランの桃花林です。

  

 本日のランチです。同級生の会話では60 年~65年位前の話で盛り上がります。
やはり話の種は学校の先生が主役で、ひいきをしたとか、スケベだったとか、いろんな評価が出ました。

    

今日の日は誕生日の友があり、突然のことでしたがそのことを会場へお話ししましたところ、気持ちよく記念のお菓子のプレゼントをしていただきました。

    

最新の名古屋城近辺の金シャチ横丁等を見て解散しました。

   

「みらいかい」とは「未来」と「味蕾」のダジャレというか「かけことば」で、「美味探求」を「これから未来も」と楽しんでいます。

 

コメント

山崎川さくら

2018-03-30 | 雑感

本日からライトアップがありますが、お昼から多くの方が見物に来ています。
桜の古木の中には、もう緑の葉が見える木もありました。

    

ここからライトアップの場所です。
時折強めの風が吹いて、さくら吹雪を体験出来ました。写真の中の白い斑点模様がそうで、もう散り初めました。

    

   

咲いたと思ったら、もう新緑が芽吹いていましたし、こんなさくらもありました。なかなか忙しいです。

   
散り始めの今日は、山崎川川面に、はないかだが出来て流れていました。

   

夜桜会場から一つ上流の橋からの遠景と会場直近の橋からの風景です。
橋の上には鈴なりの人、人、人でした。
        

庵主が名古屋へ来た今から20年位前ですが、夜桜見物に出掛けたときは、大変寒く感じていましたが、こんばんは違いまして、大変暖かい夜です。これは桜にとっていいことでしようか?

 

コメント (1)

今週の陶芸

2018-03-29 |  陶芸

春休みになって、ちびっこ陶芸家がたくさんがんばっています。

 

今日は蕎麦チョコを削って仕上げ、素焼きに回しました。

  

残りの時間でもう一個そばちょこを作りました。
次回削ります。

 

コメント

その後の山崎川

2018-03-27 | 雑感

    今日も山崎川のほとりを散歩してきました。

この山崎川には石川橋から可和名橋迄8本ほど橋が架かっており、その真ん中ほどに照明設備が設置されています。そのライトアップはお役所仕事通り29日からです。
その頃には散り始めです。
それらの橋の中心部から上流~下流に向けて写してきましたので桜を満喫してください。
はなかいどうも満開でした。

               

可和名橋から上流~下流ラグビー場方面

  

 

陸上競技場前から上流方面

   

テニスコート横から上流~石川橋方面

  

白雲橋から上流と下流

   

石川橋より下流と上流と下流

  

ちょうど文字通り満開です‼。
コメント

そば粉のひとりごと

2018-03-27 |  出前サロン

毎月お伺いしている会場です。

   

特別養護老人ホームで、爆睡の方もおられます。
今日は大変熱心な方があり、麺体の厚さが、少しずつ薄くなっていくのに関心を持って興味深く見ていただきました。
今日も丸出し作業の円周部分に一番神経を配り、特に麺厚を均等にすることに神経を配りました。
それが効を通したか、最終の本のし作業は、計画通りに気分よく達成しました。
大変手前味噌ですが、まずまずの出来かと思います。
切りの体験には5人の方に参加していただきました。

出前サロンが終わってからのティータイムです。

 

最近は、本延しの作業の中でも一番最後の作業で、上下両端部分の均一性の作業に問題があり、壁を感じていたこととその原因を求めていました。
具体的な症状は、中央部分は何とか目標通りにのし上がっていますが、上下の端の部分に延しムラというか厚みが残っていて、それが原因で出てくる症状は、他の部分と比べて切り幅が厚くなってくる症状です。
延しむらの原因を探していましたが、最近はその要因の一つということで、丸出しの円周部分をともかく全体の厚みや形としての真円を追求していて、その結果、最近はうまくいくようになりました。
実は今までその作業部分にさほど神経を使っていませんでしたので、そこに原因があるのではと捉えており、今後も一番神経を配っていこうと思っています。

 

コメント

そば粉のひとりごと

2018-03-26 |  出前サロン

今日の出前サロンは4回目の会場で、大部分の方が以前の蕎麦打ちを見ていただいていたようですので、そば粉の色や加水による変化を見て頂きながら、蕎麦打ちを進めました。

 

そのうちに使っている水の質問や、昔そばがきを両親が作ってくれて食べていたことなどのお話が出て来ましたので、それらに答えながら蕎麦打ちを進めました。
今日の利用者の集中力が凄く、皆さんの眼が蕎麦打ちの動きに釘付けになっていました。
切りの体験には4人の方の参加がありました。皆さん力むことなくまずまずの細さで、切り上げていただきました。
ここの会場は、湯がき用の鍋も十分にな大きさのがあり、火力には業務用が
入っていましたので、順調に体験参加の方から湯がいてお蕎麦を提供することが出来ました。
今日は残念ながら全員の方の完食は、難しかったのですが、
大半の方から次回のご希望が出ました。

 

 

コメント

本日のお昼

2018-03-25 | 雑感

今日のお昼は遠出した関係でラーメン屋さんに入りました。まずは自動券売機で欲しいチケットを選択しますが、そこにもスタッフが説明についてくれます。2種類をオーダーしました。

  

横浜系とのことで、あちらで修行されたのでしよう。
「流した汗は裏切らない。」
麺の堅さ、柔らかさ、汁の味の濃さ等、所謂かゆい所に手が届く気配りが行き届いています。  
ラーメン業界の方は大変な努力をしておられるようです。
その点、お蕎麦の業界を比較してみると、なかなか反省する点が多々あるかと思います。
蕎麦屋以外滅多に利用しないため、情報不足は否めませんが、大変工夫しておられました。

 

コメント

そば粉のひとりごと

2018-03-24 |  出前サロン

年に数回お伺いしている会場です。施設長が他の会場に居た頃、顔見知りで、この会場に移動してからのお付き合いです。 

「蕎麦打ち」イベントがありと言うことで、当初予定したよりも利用者人数が増えたとのことで、蕎麦打ち冥利につきます。
蕎麦打ち見学は初めてかどうかを聞きますと、4 ~ 5人の方の手が上がりましたので、蕎麦打ち20年で、出前サロン暦9年と自己紹介から始めました。
今日は、今まで食べたお蕎麦の色のことから質問しますと、皆さんから「薄い茶色」とか「鼠色」などご自分の体験話がいろいろ出て皆さんかなりおそばには関心が高いようです。
その中から「今日使っているお水」の質問が出てきました。
こうした質問が出てきますと舌の動きもたいへん滑らかになり、それにつれてそば打ちもたいへんやり易くスムーズにいきました。
今日のそば打ちでのミスは丸出し部分での厚さの不均一化に起因していたのか、最終の本延しの段階で少し麺体の厚さに齟齬が出て十分な均一性のある延しが実現できなかった点でした。

それにもかかわらず、皆さん全員が熱心に最終部分まで、ざわつかずに集中してじっと見ていただきました。

今日の成果は、そば切り体験は4人の方が参加していただきましたが、そのうちのお一人からは、「今日のデイサービスに参加してよかった」としみじみと言っていただきましたし、最後に道具をしまっていますとお一方が、「今まで年に一度は長野県のお蕎麦屋「車や」さんへ必ず行っていた」と今日のそば打ちを見てしみじみと思い出されたようでした。

人数が多くて湯掻き作業では途中に差し湯を加えるなど大変でしたが、スタッフの方のご協力のもと何とかスムーズに完了。
皆さんから、「今日の日にデイサービスへ来るのを変えてよかった」と一様に言っていただきましたし、ほぼ皆さん完食にて完了しました。

コメント

今日の山崎川

2018-03-23 | 雑感

 先週山崎川の桜を写して紹介して、来週つまり今日くらいに咲くでしょうかと予想しましたが、来てみますと木によっていろいろで、確かにたわわに、しっかりと咲いている木もありますが、まだいささか気が早いのではと、もうしばらく先の木もあります。
これらの写真は、すべて違う桜の木です。

    

同じ古木でもいろいろで、すっかり咲き揃っていたり、まだつぼみが多かったりと木によっていろいろです。

       

いささか気が早い桜もあって、もう散り始めていた桜もありましたが、夜桜の準備も整いました。

  

閑話休題
囲碁の趣味講座に申し込んでいましたが、無事に当選しました。
これで西條プロの、名古屋弁による洒脱な囲碁講座が1年間楽しめます。

   

この「違法駐車はやめましょう」のPR看板はすでに10年ほど使用されていますが、最後の文章の「は似合いません」部分については、「は」の位置に違和感を感じていますがいかがでしょうか?原稿が悪かったのか、看板業者がミスったのかな?
今年の車両規制は29日からのようですが、大丈夫かな 以上の花があったりでまだ咲いている木があるのか?
急遽、日程を変えるとか、などの気が利いたことは出来ないのか、お役所仕事優先か?

   

汐路学区内 中学校・高等学校4校共演しおじ 桜 音楽祭:のチラシが貼ってありました。
丁度、明日のイベントのようです。
お近くの方はどうぞ。

 

コメント

そば粉のひとりごと

2018-03-22 |  出前サロン

出前サロンを初めてやりだした会場で、ここ8年間毎月1回お伺いしています。
そんな関係で利用者さんとは大半の方とは顔馴染で、最近は毎回常に何を喋って進行していくかを予め考えて伺っています。
そんな中、今日は初めての方がお二人おられましたので、初心に戻ってそば打ちの経歴や出前サロンの経験などをお話ししながらそば打ちを進めました。
お二人ともそば打ちを目の前で見るのは初めてのようで、丸出しから角出し、幅出し、本延しでの麺体の厚さの変化にはじっと見ていただきました。
今日のそば打ちの作業は、特に本延しでは会心の出来と言っていいくらいの出来で、いつもうまくいかずにミスがある両上端の均等な延しがうまくできました。
その要因は、丸出しの作業で麺体の円周部分の厚さに神経を使って同じ厚さに延すことを注力したことではと思います。

それがあってかどうかわかりませんが、切りの体験参加ではいつも常連のご利用者さんが満を持して参加していただき、大変細く、且つ均等に切っていただき、それが他の方にも好影響を呼んで、皆さんがかなりうまく切っていただきました。下の写真は、ご利用者さんの蕎麦きりで、均等に且つ細めに切れているかと思います。こんな切り方をやっていただくと、毎回やってきた甲斐があるというものです

  

この会場では業務用の火力が入っており、火力に応じて70秒~80秒に湯掻き時間を設定して湯掻いて、順調に推移しました。
今日のお昼の写真です。

  

今日の切りの体験では、お一人の方が最初からやる気むんむんで、その結果が細く均等に切れて、他の方にも大変好結果を生むようになりました。このことが切り体験のポイントかと思い知らされました。 

コメント (2)

今週の陶芸

2018-03-21 |  陶芸

先週は他用にてこれませんでしたが、おみやげにはどんぶりが出来ていました。

 

前週仕掛で作ってあった小皿と湯樋に手を加えて素焼きに回しましたが、いささか乾きすぎていました。

  

先週、人数の多い出前があって持っている蕎麦チョコをすべて使いましたが、陶芸を始めた時に作った蕎麦チョコが厚かったり、高さもまちまちであったりしましたので、何とか同じ大きさのものに統一しようと思い立ち、少しずつ蕎麦チョコを作り直そうと思っています。

 

コメント

さかな釣り

2018-03-20 | 雑感

待ちに待った今年初めての釣行です。
以前はさほどではなく少々寒くても平気でしたが、最近は寒さに弱くなって寝床の温かさから離れにくくなっています。
今日は晴天とは言えませんが、釣り日和と言っていいでしようか。

  

今回の狙いは、イサキが本命でしたが、第1投より外道ではあるが、カンパチとホウボウがかかった。 

その後があたりなし。

 

釣りたいという気持ちはだれにも負けなかったが、技術がまずかったこともあり、本日はきびしい釣果でした。

もっとも絶対数は別として、全員が型をみることが出来ましたし、年越しイサキが甘く、大変美味なことを実感しました。

 

 

コメント

釣り前夜

2018-03-19 | 雑感

OB 会の釣り同好会で明日の英気を養っています。
実は、明日、釣りが出来るかどうかわかりませんでしたが、お昼に船頭さんと細かく打ち合わせて志摩市の旅館に来ています。

   

明日の英気を養いました。鯛とイサキの船盛り、カマスの塩焼きなどで、食べきれませんでした。

    

今日がクラブ活動の最終日です。今までの釣り自慢の話が色々と出て来ました。

 

 やはり最後の話題は健康の話で終始しました。はたして明日は誰に栄冠があるのでしようか。

 

コメント

そば粉のひとりごと

2018-03-18 |  出前サロン

今日の会場は2回目の出前サロンということで、早めに会場に着いて機材のセットをしました。
参加されるご利用者さんは元気な方が多いとのことで、より元気になってもらおうと使うポスターは「そばの健康効果」と「そばの語源」を用意し、今まで以上におそばに関心を持っていただこうと思っています
今日は、人数が多いようで蕎麦チョコやざるも持っているものをすべて準備して持ち込みましたが、会場の方でも机の準備も大変です。

10時半ころから三々五々集まってこられ11時からスタート。
そば打ちを始めて20年、出前サロンは今年で9年目のことの自己紹介から始め、そばの食べ歩きをしてブログには東海地方のお蕎麦屋さんの紹介が400店ほどあること、そばそのものの勉強をしてきたことから「そばの語源」を説明し、博多や京都、山梨など全国各地にある「蕎麦発祥の地」の石碑のこと、そばの記述があるのは722年の「続日本紀」の天皇の詔の中によるもののこと、「そば切り」の表現がある古文書は長野県大桑村の定勝寺にある事などをお話ししました。
その頃水回しが終わって括りから捏ねに入り、その後は丸出しからゲージを使って厚さを比較しながら、角出し~幅出し~本延しへと進めました。

最終の切りの段階では、体験の切りの作業は5人の方に参加していただき、皆さん初めての方ばかりでしたが、すぐに要領を覚えてかなり細めに切っていただきました。

  

ここの会場の加力はIHと携帯コンロ2台用意して、都合4個の鍋でお湯を作って作っていただき、対処しました。
お鍋が大き過ぎて火力不足が発生してしまい、いささか大変でしたが、スタッフの方のご協力により何とか切り抜けて対処できました。

今日は参加人数が多く大変でしたが、それなりにやりがいがありました

 

コメント

山崎川さくら情報

2018-03-17 | 雑感

 高知城で今年の桜が咲いたとのニュースが出て、各地で啓蟄の気候なりの温かさによって桜の話が出ていますが、
地元名古屋での、花の名所の一つの山崎川の様子を見てきましたので、ご紹介します。
古木を中心に探しましたが、ほんの少しピンクの色合いのつぼみを見つけました。
他のつぼみもかなり大きく成ってきていますので、来週あたりには一斉に咲くでしょうか?

       

 ついでにこの山崎川には花街道ということで10種類ほどの花が、時節毎に賑わいを見せていますが、つぼみが中心ですが、その一部をついでにご紹介します。

 

さんしゅゆ

  

はなかいどう

  

かわずさくら

 

ライラック まだつぼみが主体ですが・・・

 

はなかいどう

 

ごく一部ですが、ご紹介しました。

 

 

コメント