そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

コロッケ蕎麦

2017-08-26 | そばの食べ方

お蕎麦は基本的にはざるそばとしているが、前日のコロッケが残っていたので急きょコロッケ蕎麦にしました。
基本的には1番と2番出汁を加えて甘汁を作って出汁とします。
そばは天ぷら物などの油を使ったものとと一緒に食べると大体合います。

 

コロッケそばというとニッポン蕎麦行脚 そばもん第14号に「コロッケそば」についてその発祥について記載されており、それによりますと昭和40年代後半「箱根そば」が立ち食いコロッケそばの元祖的存在とされており、そこのコロッケが最初は春雨を細かく切ったものをベースに、他のグザイを合わせて揚げた春雨コロッケだったらしいとのこと。実はコロッケそばはもう一つあり、歴史はずっと古く明治時代で、明治18年創業で現在は銀座にある「そば処・よし田」という老舗が考案したものとのこと。「よし田」の初代の女将さんが洋食が好きだったらしく、クロケットからヒントを得て考案したものとのことだそうです。昔この「よし田」には時折昼食で行っていたことがありますが、その頃はこうした知識は全然なく懐かしく感じます。

ニッポン蕎麦行脚 そばもん 第14巻 小学館 

コメント   この記事についてブログを書く
« 今週の陶芸 | トップ | そば粉の独り言 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

そばの食べ方」カテゴリの最新記事