そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

今週の陶芸

2011-01-15 |  陶芸

 先週は所用が入っていていけなかったため、今年最初の陶芸。
今年のテーマは、形のよい蕎麦猪口を毎月1~2個は作ること、丼の形を正円に保つこと、新しい形の器へのチャレンジとしている。

取り敢えず、使っていた端切れ粘土を加水して纏めて粘土として、蕎麦猪口とどんぶりを作る。
今日の蕎麦猪口は外の面がすっきりと直線で纏める事が出来たし、丼は何とか正円を保つことが出来た。

  
先回作っていた小皿の素焼きが出来たため早速釉薬の青磁を付ける。家では青磁色の評判がよくもうしばらく
青磁路線で進んでいこうかと思っている。

  
昨年釉薬をつけておいた小鉢が出来上がっていた。この色は、透明をベースに黒マットを付けてみたもの。

 

単に釉薬をつけるだけのことだが、まったく未知の色合いが出来てきて新しくモノを作るという作業であり、
大げさに言うとクリエイティブな作業であり、家でイメージをしながら準備、用意していくとわくわくする気分になる。

 

 

釉薬の付け方にかなり問題はあるが、釉薬の垂れ具合はこれからの勉強課題である。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 陶芸の貫入のこと | トップ | そば粉の独り言 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

 陶芸」カテゴリの最新記事