そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

そば屋 手打ちそば蕎麦遊

2014-09-22 | 蕎麦屋

 広島へ行ったついでに、「デフレの正体」のあと読んでいる藻谷浩介氏の「里山資本主義」の中で紹介されている周防大島の「瀬戸内Jams Garden&Farm」へ足を延ばし、お店と地域見学と特産品のジャムを購入。
    

 その途中、田園地帯の中に手打ちそばの立て看板があり昼食に寄ってみた。兎も角周囲は文字通りの田園地帯です。
    

お店には11時30分に入りましたが、先客が2組。広い敷地の中に駐車場スペースも広くゆったりとしています。
メニューの冷たい蕎麦4種、暖かい蕎麦3種の中から「もりそば」を注文。

     

薬味はネギ、わさび、おろし大根。蕎麦の太さはごく普通のものです。香りは少し薄かったのですが、しっかりと打ち込んであって角も立ちそばの風味もいっぱい。
お昼時とはいえ、次から次とお客様が来店されるのもわかる気がしました。いつものお蕎麦と似通った味がしましたので、聞いてみますと使っているのは長野県のそば粉でした。

   

残念な点は、締めが少し甘く締めに使っている冷水が冷水ではなく、麺が生ぬるい感じでした。 

手打ちそば 蕎麦遊 山口県岩国市周東町祖生6357-1 0827-85-0043

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 埼玉県の今 | トップ | そば屋 達磨 雪花山房 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

蕎麦屋」カテゴリの最新記事