そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

「そばの里」「そばの街」飛騨市の今

2014-09-25 | 教室・会合

13日に開かれた「北緯36度線そばサミットin長野」で発表された「6県の蕎麦の今」をピックアップしてご紹介しています。

飛騨市からの報告

飛騨市の各地の蕎麦愛好者が集い、そば組合が発足し、その際そば憲章を作って「そばの里」「そばの街」をスタート。四か所の常設店と六ケ所のそばの会で構成し、そば文化を育て、地域に貢献することを目指している。

  

飛騨市そば振興組合としての年間の行事は、飛騨市新そば祭り、新保高ロープウエイでのそば店の出店、メニュー開発研究発表会、飛騨市農業祭りへの出店、そば打ち技術研修会、信州松本そばあ祭りへの出店等の実施。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 群馬県の現状 | トップ | 常陸秋そばの今 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

教室・会合」カテゴリの最新記事