そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

素庵の酒の肴

2011-02-24 | 雑感

最近は体内時計に狂いが生じ、寝る時間と言うか目が覚める時間が大変不定期で 、とんでもない時に目が覚めそんな時には仕方なく、一杯やっている。
そんな時の酒の肴は、無論自家製が中心で、昆布と椎茸の煮物やそば味噌を旨としてチビリ、チビリとやっている。
昆布と椎茸は、出汁を取る時に使ったものであるが、作る時には水は一切使わず、作った出汁をベースに砂糖を加えて作っている。時には山椒を加えたりしているが、今回は見合わせた。

もう一つは、ソバ味噌で酒の肴になると同時にこれがあると時には辛み大根で汁が多い時にこのソバ味噌を溶かせて、何時もとは少し変わった汁を作り食している。、

 

椎茸の煮物は、酒の肴だけではなく汁そばの具としても使えるが、昆布は、かなり甘辛くしていて お茶漬けなどで使っている。
もう一つの写真は、本当の魚でメバルの釣果の一部。春はもうすぐでスケジュールに釣行が入ってくる。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« そば汁・真田汁もどき | トップ | 今週の陶芸教室 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事