そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

蕎麦春秋

2011-04-23 | 蕎麦の書籍

蕎麦春秋が送られてきた。今回の表紙は手書きの風景画で、ここしばらくは写真であったためすごく新鮮に感じます。今日の表紙は千葉県柏のあの「やぶ」のエントランスです。

今月の特集は、「鄙び湯とそばの旅」と題し、草津・四万・沢渡・法師などの温泉とその近在のお蕎麦屋さんの紹介記事ですが、今回の特集は、お蕎麦と言うより、確かに鄙びた温泉の方に魅力がいってしまうほどです。
そば仲間でたまには食べ歩きの話題が出ており、そのプランを練っているところですが、方角は京都あたりを考えていたので、丁度「匠の流儀」に「京乃四季」」というお店が紹介されており、この店と「じん六」での「利き蕎麦」を手繰りに行ってみるのも悪くはないと思ったりしている。他の候補は、北陸 今庄あたりの在来種を扱っているお蕎麦屋さんも一興かと思う。明日の会合で決めたい。

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 生粉打ちと2-8そば=そば粉と... | トップ | 佃煮作り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

蕎麦の書籍」カテゴリの最新記事