そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

そば食べ歩き

2007-06-15 | 蕎麦屋
 そば百芸おお西で、初夏の宵、クラブ仲間と旧交をあたためる。そば百芸おお西でのメニューは、抜き・なます、鴨肉ミンチとそば粉の団子、鴨、そば味噌、きのこそば 山菜天麩羅、最後に発芽そばきりと四季そばである。
鴨、そば味噌、きのこそば以外は、初めての料理で鴨肉ミンチとそば粉の団子は今後の自分の新メニューの候補としてトライしてみたいものであります。兎も角これらの肴にて日本酒をベースにいただく。同行の士とは3月以来で、ついついお代わりが続いた。最後の2種類のそばのうち発芽そばきりは、大西氏の独自の技術により結実したもので、丸抜き実を発芽させその可能性を最大限に引き出した新商品で「これがそば?」と感じるそば切りで機能性食品としても注目されている。写真の2品はさらしなと発芽そばです。
コメント   この記事についてブログを書く
« そば食べ歩き | トップ | そば食べ歩き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

蕎麦屋」カテゴリの最新記事