そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

そば粉の独り言

2011-01-24 |  出前サロン

昨年2回やらせていただいたデイサービスで、今日は3回目の出前サロン(蕎麦打ちボランティア)。
前回に引き続いて、約30人の方がそば打ち台を囲んでいただいた。ともかく、皆さんがじっと見ていただいており、こんな環境になるとがぜんやる気が出てきます。
   

あらかじめ、蕎麦の風習や由来などを書いたポスターを張っていただきましたが、スタッフの方が説明していただき、すぐに追加に年越し蕎麦の由来のポスターを張りだしてコメントをしました。
例によって、玄蕎麦や抜き、そば殻などの現物を皆さんに見ていただき、そば殻枕のことを説明して昔のことを思い出してもらい、回想法のことを説明しました。
その後は1円玉の厚さに向けて延し、切っていきます。35人前での湯掻きでいささか大変でしたが、会場の方のチームワークと十分なお湯の準備がしっかりとしており、おいしい蕎麦を提供できたかと思っている。

  

 また、今日うれしかったのは、蕎麦のお代りをしていただいた方があったことと
前回の出前サロンに参加していただいた方から、写真のような匂い袋のプレゼントがあったことです。
趣味を持っておられるかと思いますが、無論手作りで感激です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
«  蕎麦春秋 | トップ | 素庵での汁そばメニュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

 出前サロン」カテゴリの最新記事