そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

今週の陶芸教室

2011-01-28 |  陶芸

 今週の陶芸教室中級コースは、2回目で先回作った鉢の削りと新規に鉢を作る2時間です。

例によって、講師が先回の作品をもとにどのようにして削るのかの模範をやってくれます。まず、木の円盤を回転ろくろにくっつけてその上に粘土をくっつけ、本体を載せて固定します。
しっかりと固定した後、高台を作るべく円を切ってから高台の周りの粘土を削ります。この粘土の表面を削るのは、その厚さを均等に削ることが趣旨ですが、どうすれば全体が均等になるかを質問しましたが、初心者には判らない回答でした。ここが大切なのになと思いつつ見本作業は続行します。他の皆さんは判ったように作業を続けていますが、どの程度削るのかご存じであろうか・・・・・

      
何かと課題はありましたが、何とか作ったのが下の写真です。さてどんな作品が出来、次の作業がお楽しみ。

 

 

 

 

 

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« そば粉の独り言 | トップ | 今週の陶芸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

 陶芸」カテゴリの最新記事

トラックバック

あなたの自宅が陶芸教室になる! (初心者のための本格陶芸講座(DVD付))
陶芸教室のレッスンプログラムをまるごとあなたの自宅にお届けします。