そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

蕎麦屋 あやめ(六目堂)

2019-11-15 | 蕎麦屋
四天王寺訪問の際に訪問した蕎麦屋文目堂です。開店まもないですが、4組の客が入ってました。
なかなか有名の人気店のようです。
お店は古さが漂う構えですが。店内はリニューアルされていました。
 


粗びきのザルの注文しました。
お蕎麦はこんもりと盛ってありました。
 

そばは文字通りの細切りで、粗びきの粉ですが上手く打ってあり、打ち手はかなりの手練れさを感じました。
香りはさほどではなかったですが、味はしっかりとしていて、口中に広がりました。
自信のほどがうかがえます。
薬味のネギも細い切り口にそろえてありました。
開店間もないですが、かなりのお客様が入るのがわかりました。
文目堂(あやめどう) 大阪市中央区安堂寺町2-2-26 06-7504-5260



コメント

歴史探訪サークル

2019-11-15 | 陶芸
元の勤務先のob会の歴史探訪サークルのイベントで郡上八幡へ行きます。郡上八幡もその脇はよく通りますが、わざわざ行くということは今までなく、関ヶ原古戦場のハイキングと同じように、2つ返事で参加申し込みしました。列車で行くには中央線経由多治見駅で乗り換え、美濃太田駅へ行き、長良川鉄道乗り換えて行く形のようで、集合場所はJR美濃太田駅です。


まずは郡上八幡へいき、紅葉が盛りの郡上八幡城へいき、景観を楽しみました。



郡上八幡城





城下町の風景です。市内は交通信号が一基もないとのことです。






お昼です。お城の近くのホテル積翆園です。




この周囲も紅葉真っ盛りでした。




郡上踊り会館を訪問し、郡上踊りのいろはをご指導頂きました。


郡上踊りの始まりです。郡上踊りのメドレーの(古調かわさき)、(春駒)、(ヤッチク)、(猫の子)などの踊りの基本を軽妙なおしゃべりを交えて解説。下駄は桧のくりぬきのようで、よく響きました。
7月13日から9月17日までの3ヶ月間展開されているようです。




このあとは(宗祇水)や市内の旧道を散策して帰路につきました。




お城への坂道は少しきつい所も有りましたが、今日もいい汗をかきました。



















コメント