そば実践 素庵覚え書き

庵主のホビーライフをそば打ち・そば屋さん・出前サロン・陶芸・釣りなどを通してご紹介します。

ソバがき新手法

2019-10-19 | 雑感

 先日ご紹介した太野祺郎さんの「蕎麦無限」の中に、電子レンジを使った蕎麦掻きの作り方がありましたので、早速やってみました。
その時には「そば粉50g、水125㏄を茶碗に入れ玉がなくなるまでかき混ぜ、ラップしてレンジで2分30秒加熱する」とありましたが、自宅用の蕎麦を打った時に出た切れ端やくずを使ってやってみました。 

打ちくずは90gでしたので含水量は約40gとして、上記の比率から追加加水量は125-40=85㏄を追加して攪拌し、だまがないようにやりました。
まだ残っていましたので
金属のざるを通してだまをなくし、皿に移してラップして加熱しました。

   
この加熱部分の時間は適当でしたが、出来上がりの状態です。
 
金ざるで漉しておいたせいか出来上がりは、だまはなくきめは細かかったが、そばがきにしては少し固めでした。
次回はレンジの使用時間をもう少し短めにしてチャレンジ。
 
今までは蕎麦打ちの時にできたくずは廃棄していましたので、再活用です。
コメント